再生医療とは Regenerative medicine

再生医療の概要

擦り傷や切り傷ができるといつの間にかかさぶたができ、自然に傷が治ります。骨折しても固定すればいつの間にか骨がつながります。再生医療とは、このように自ら再生しようとする力、つまり自然治癒力を活かした最先端の医療になります。

人間の身体は1つの細胞から始まっている

人間は、精子と卵子が結びつき、受精卵になったところから始まります。受精卵は細胞分裂を繰り返すことで筋肉や神経、皮膚、骨などを形成し、約280日間でヒトの形を作りあげます。
このように、人間は最初1つの細胞から始まっています。
ヒトの身体は全部で約60兆個の細胞でできていると言われており、生命活動を維持するために常に新しい細胞と入れ替わっています。
人間に限らず、すべての生物は1つの細胞が集まることでできているのです。

まるでカメレオン?!
様々な姿に形を変えられる細胞がある!

人間の身体には受精卵のようにいろいろな姿に形を変えられる細胞が存在します。これを幹細胞と言います。幹細胞は平常時は活動しませんが、細胞が損傷したり、細胞の数が減少したことを感知すると、自ら細胞分裂を行い、傷ついた細胞や不足した細胞の代わりとなり、身体機能を修復する働きがあります。

幹細胞の特長を生かした再生医療

幹細胞の機能の一つに分化能というものがあります。分化能とは、赤血球や皮膚、軟骨など様々な組織の細胞に変化する能力のことです。

幹細胞には、元々傷ついたり、弱った細胞を修復する働きがあります。この幹細胞の自己修復力を高め、擦り減った軟骨や本来の働きができなくなった臓器に働きかけ、機能を修復することで、本来備わっている身体機能を正常に戻すというのが幹細胞を利用した再生医療の概要です。つまり、休息や食事など自分の力だけでは機能の修復や回復ができない部分を自分の細胞を使って修復するということです。

当クリニックで行う再生医療は「自己脂肪由来幹細胞治療」になります。自己脂肪由来幹細胞治療は、まず患者の身体から取り出した幹細胞を生体外で培養し、規定量まで増殖させてから元の身体に戻します。戻す細胞は自分自身の細胞ですので拒絶反応やアレルギーも起きにくく、安全性も高い技術です。

自己脂肪由来幹細胞治療は世界中で研究が行われており、今最も注目の最先端医療技術になります。

POINT

幹細胞はさい帯血や骨髄、内臓のほか、脂肪など様々な臓器に存在しています。当クリニックでは、身体への負担を抑えるため、腹部の脂肪を採取して行います。

これまでの研究で
幹細胞治療による効果が示されている疾患

血管の病気
脳梗塞、心筋梗塞、腎不全初期、腎不全初期、認知症初期、糖尿病など下肢の虚血、その他血管が損傷することで発症する病気全般
神経の病気
小児麻痺、脳梗塞、認知症、パーキンソン病など
軟骨・骨の病気
変形性関節炎、リウマチなど
その他の疾患
糖尿病、免疫疾患(難治性の膠原病)、肝臓病、ぜんそくなど
予防的効果
身体全体の若返り、疾病予防など

CPCによる培養技術

自己脂肪由来幹細胞治療で重要なのは培養技術です。
幹細胞はCPC(細胞加工施設)で培養を行います。
身体に戻す幹細胞は生きているものでなければ意味がないため、培養技術が非常に重要となります。

PRP(多血小板血漿)療法とは

再生医療はリスクに応じて「第1種再生医療等」「第2種再生医療等」「第3種再生医療等」に分類されています。
このうち、「第2種再生医療等」「第3種再生医療等」はリスクが低く、安全性が高い技術になります。
上記でご紹介した幹細胞による再生医療は「第2種再生医療等」に該当します。

現在プロスポーツ選手の治療や多くの医療機関で扱われているPRP(多血小板血漿)療法は「第3種再生医療等」に該当します。
PRP(多血小板血漿)療法は患者自身の血液成分を抽出して利用するもので、培養は行いません。

治療は3ステップ!
日帰りで帰れます

STEP01

採血します

STEP02

採血した血液を遠心分離し、血漿成分を抽出します

STEP03

高濃度の血漿成分を患部へ注射します

安心・安全

  • 患部の炎症を抑え、痛みを軽減させる効果が期待できます。
  • 幹細胞治療より費用を抑えることができます。
  • 日帰りで治療ができます。

当クリニックで取り扱いができる部位

  • 局所注射
  • 関節内注射
  • AGA(女性も可)

リペアセルクリニックがご提供できる再生医療

当クリニックは、第2種および第3種再生医療等提供計画を提出し、厚生労働省から認可を受けています。
現在、認可を受けた疾患でしか再生医療による治療を行うことはできません。

リペアセルクリニックが認可を受けている医療行為と疾患名

医療行為 対応疾患名
【第二種】 静脈注射
  • 計画番号 PB5180002
    (自己脂肪由来幹細胞治療)
肝臓疾患糖尿病
【第二種】 関節内への注射
  • 計画番号 PB5180003
    (自己脂肪由来幹細胞治療)
  • 計画番号 PB5180004
    (PRP)
半月板損傷変形性膝関節症変形性股関節症肩関節周囲炎靭帯損傷その他の関節症
【第二種】 顔面への注射
  • 計画番号 PB5180016
    (自己脂肪由来幹細胞治療)
肌の再生医療
【第三種】 局所注射
  • 計画番号 PC5170073
    (PRP)
  • 計画番号 PC5180023
    (AGA)
靭帯や腱の損傷肉離れ毛髪再生医療(AGA)足底筋膜炎など
トップ