肩の痛みに対する再生医療・幹細胞治療 Shoulder cuff injury / rupture
考える坂本くん

What will happen?

肩の腱板損傷・断裂と診断されたら
必ず手術しないといけないの?

腱板損傷の原因として、加齢や転倒、スポーツでの受傷、仕事での反復作業などによって引き起こされます。肩の周囲の骨と腱板が擦れることで損傷することもあります。

肩が痛くなったり、腕が上げにくくなってMRIの検査をして腱板損傷と診断された場合、多くの医師は関節鏡による腱板損傷の手術を勧めます。腱板損傷を放置しておくと徐々に損傷が広がり最後には完全に断裂してしまうためです。完全に断裂するとやや手術が困難となり術後の再断裂のリスクも高くなるためです。

肩を痛める女性

しかし、現実はどうでしょう。肩が痛くても日常生活が可能であれば、多くの患者さんは手術をためらいます。手術となると入院しなければならないし、その後のリハビリも長期間必要だからです。

さらに、腱板の手術をしても術前よりも痛みが強くなったり、腕が上がりにくくなる事もあるため、手術する医師にとっても日常生活が可能で患者さん本人が手術を望まなければ、あえてリスクの高い手術を避けたいと思うものです。

正常な肩関節
図:正常な肩関節
腱板断裂
図:腱板断裂

坂本くん「一般的な治療は関節鏡の手術だけどリスクはできるだけ避けたいね…」肩の痛みに対する再生医療・幹細胞治療

では、どうなれば
手術するの?

いよいよ痛みで日常生活が困難になったり、腕が上がりにくくなると手術をしなくてはいけません。私も再生医療という治療法を経験する以前は、このような症状であれば関節鏡の手術を行なっていました。

しかし、、腱板の幹細胞による再生医療により多くの症例で手術をせずとも痛みが軽快し、腱板の再生が可能となりました。

細胞くん「幹細胞を使った再生医療なら手術をしなくても腱板を再生できるんだ!」肩の痛みに対する再生医療・幹細胞治療

坂本くん「最新の幹細胞治療だと手術や入院、術後のリハビリ通院が必要なく、仕事を継続しながら治療ができるんだ!」肩の痛みに対する再生医療・幹細胞治療

手術イメージ

手術をしない新たな選択肢としての
幹細胞治療

腱板損傷に対する幹細胞による再生医療は、国内外で注目されている最先端医療です。肩の腱板損傷の多くの方はなんとか日常生活は可能であるため、どうしても手術や入院に対して前向きになれません。しかし、放置しておけば損傷は拡大していきます。

そのような患者さんのほとんどは、腱板損傷の再生医療により手術せずに症状を改善することができます。もちろん治療効果に個人差はありますが、高い確率で痛みが軽減します。

写真:坂本先生

当院ではリスクのある手術を避け、幹細胞を腱板の損傷部位に直接投与する最先端の再生医療を用いることで、腱板の再生と症状の改善を目指しています。

腱板損傷の手術のリスク

1.術後の再断裂

関節鏡を使って腱板損傷の手術が行われます。腱の断裂部のほとんどは骨との付着部で起きます。

手術方法として、アンカーというネジを骨に埋め込んで、その先についている糸で断裂した腱を縫合します。断裂部が離れていて寄せにくい時には、太腿の筋膜をとってきて不足分を補います。

腱板断裂→腱板修復イメージ
【再断裂のリスク】腱板損傷が小から中:10~30%、鍵盤損傷部が大:40~60%

腱はどうしても柔らかい組織であるので、縫合しても裂けてしまうことがよくあります。せっかく手術をしてその後のリハビリを行なったとしても、再断裂というリスクがあります。手術後の腱板の再断裂する確率は、縫合の仕方や損傷部の大きさによって違いがあります。

細胞くん「再断裂するかもしれないと思うと手術を迷う気持ちになっちゃうよ…」肩の痛みに対する再生医療・幹細胞治療

坂本くん「少し不安になるよね。その点幹細胞治療は腱板を再生するように働きかける治療だから、再断裂のリスクが手術と比べても少ないんだよ。それに肩に注射をするだけだから、術後の関節拘縮もほとんど起こらないんだよ。」肩の痛みに対する再生医療・幹細胞治療

2.術後の関節拘縮

関節の動きが悪くなることを関節の拘縮と言います。手術をして、関節にメスを入れることによって関節の拘縮は必ず起きます。一度メスを入れた組織同士が癒着といってくっついてしまうために生じます。もちろん、術後に関節を動かすリハビリは行いますが、それでも後遺症として関節拘縮が残ることがよく見られます。

『手術したらよくなると思ったのに、余計に悪くなった』という話はよく聞かれます。

手術で必ず起きる後遺症…どうすればいいの?肩の痛みに対する再生医療・幹細胞治療

肩を痛めた女性
肩の痛みの施術中

このようなリハビリでも改善できない強い関節拘縮にはマニプレーションという治療を行います。この治療は一般的には入院して全身麻酔が必要です。全身麻酔をして、肩関節を動かして関節の癒着を剥がします。

当院では、エコーで肩や腕につながる神経だけを局所麻酔して日帰りで治療ができます。四十肩や五十肩でリハビリが思うようにいかない関節の拘縮に対してもとても有効な治療法となります。

細胞くん「リペアセルクリニックなら、マニプレーションも入院せずに日帰りで治療できるんだ!」肩の痛みに対する再生医療・幹細胞治療

Dr.サカモトが解説します!(理事長)

肩腱板損傷・断裂に対する
当院の再生医療とは

こんな方が再生医療の適応に

  • 腕が思うように動かない、動かす時に痛みがあるなど肩の痛みに対する再生医療・幹細胞治療
  • 関節鏡などの手術を勧められているがどうしても避けたい肩の痛みに対する再生医療・幹細胞治療
  • 痛みはないが腱板損傷と診断されていて、今後悪化するのが怖い肩の痛みに対する再生医療・幹細胞治療
  • 仕事のため長期の入院やリハビリができない肩の痛みに対する再生医療・幹細胞治療

手術しなくても
幹細胞治療で腱板の再生が可能

腕が上りにくくなったり、肩や腕の痛みにて日常生活が困難になると一般的に関節鏡の手術が必要となります。関節鏡の手術となると入院が必要となりその後のリハビリも長期間行わないといけません。

腱板の幹細胞治療では入院の必要もなく簡単な注射で治療ができます。手術後の関節拘縮の心配はありません。また、ご自身の幹細胞を利用するため、アレルギーや副作用などの心配もありません。

細胞くん「一般的な関節鏡手術で起こる後遺症が幹細胞ならほとんど起きないんだね!」肩の痛みに対する再生医療・幹細胞治療

坂本くん「自身の細胞と血液を使うのでアレルギーや副作用はほとんど心配しなくていいんだよ!」肩の痛みに対する再生医療・幹細胞治療

そしてもう一つの
再生医療のメリット

腱板損傷と診断されたとしても、それほど痛みがなく日常生活が可能であれば手術をせずに放って置く人が多いのが現状です。しかし、腱板損傷は初めは小さくても放って置けば徐々に損傷部は拡大していき腱板が完全断裂する可能性が高くなります。

できるだけ損傷部の小さい早期に体の負担のかからない幹細胞治療で損傷部を再生させることが理想となります。注射だけで腱板損傷を治療ができ、その後の完全断裂のリスクも低くすることができるのです。

手術をしないと…
肩の痛みに対する再生医療・幹細胞治療

徐々に損傷部が拡大し
完全断裂する可能性も

幹細胞治療なら…
肩の痛みに対する再生医療・幹細胞治療

注射だけの負担の無い治療で
完全断裂のリスクも低減

肩の腱板損傷に対する幹細胞治療

肩の腱板損傷に対する幹細胞治療

身体から幹細胞を取り出し腱板に注入

幹細胞から腱板がつくられる

坂本くん「このように、肩の腱板損傷に対する幹細胞治療は、最先端の治療として国内外でとても期待されています。」肩の痛みに対する再生医療・幹細胞治療

細胞くん「手術では腱板が再生できないけれど幹細胞からは腱板がつくれるんだね!」肩の痛みに対する再生医療・幹細胞治療

当院の再生医療の特徴

独自の細胞培養技術による効果と安全性の高さ

冷凍保存しないので
幹細胞の高い生存率が実現

CPC(細胞加工室)の比較
  • 当院のCPC
    図:当院のCPC
  • 他院のCPC
    図:他院のCPC

国内トップクラスの細胞加工室の高い技術によって冷凍保存しなくてもよくなったんだよ。
だから、多くの生き生きした幹細胞を投与できるんだ。

坂本くん
細胞くん

幹細胞が生き生きしているほうがよく治りそうだね。
解凍マグロよりも、冷凍保存していない生マグロのほうが美味しいのとなんか似ているね!

そうだね、生き生きしたフレッシュな幹細胞が多ければ多いほど治療成績は良いんだよ。
これは、海外の文献でも証明されていること。

そして当院ではその生き生きした幹細胞を、さらに1億個以上にまで増やすことができるんだよ。

坂本くん

独自の細胞培養技術の
もう一つの特長

  • 自身の細胞と血液を使って幹細胞を作るので安全安心
  • 採取する脂肪は米粒2~3粒程度とごくわずかなので、身体に負担が少ない
  • 薬品、添加物、不純物は一切入っておらず副作用がないので安心

複数回投与の場合のポイント

冷凍作り置き保存の方式より、当院は毎回手間ひまかけて培養しているから、より数も多く、フレッシュな幹細胞が投与できます!
なので高い治療効果が得られます。

肩の痛みに対する再生医療・幹細胞治療

腱板とは

腱板とは肩甲骨と上腕骨をつなぐ4つの筋肉のことで棘上筋・棘下筋・肩甲下筋・小円筋があります。アウターマッスルである三角筋と一緒になって関節を安定させて腕を上げる動作に作用します。

原因

転倒 強い外力 繰り返し肩を動かす仕事 老化による摩耗 など

転倒や強い外力が加わったり、繰り返し肩を動かす仕事などで、腱板が断裂します。 老化で磨耗することで腱板が断裂することもあります。心当たりがなくてもMRI検査で腱板が損傷していると診断されることもあります。

症状

  • 肩から腕にかけての痛み
  • 痛みで腕が上がらなくなる
  • 腕を動かす時にゴリゴリ音がなる
  • 腕を反対の手で持たないと上がらない
  • 四十肩や五十肩との合併症状
  • 腕にかけての痺れや痛み

肩から腕にかけて痛みが出たり、痛みで腕が上がらなくなったりします。中には腕を動かす時にゴリゴリと音がなることもあります。また、ドロップアームサイン(Drop arm sign)といって、腕を反対の手で持たないと上がらないという症状も認めることがあります。四十肩や五十肩の方にも腱板損傷の合併を見られることがあります。また、四十肩や五十肩と誤って診断されることもあります。
腕にかけて痺れや痛みを伴うこともあります。

検査

レントゲンでは腱板損傷は写らないため判断ができません。
インピンジメント症候群により骨の変形で腱板が切れる時がありますが、レントゲンで骨の変形を見つけることができます。
MRIやエコーで腱板損傷の大きさや状態を確認します。

治療

考える坂本くん

自然治癒しない上、放置すれば
腱板が断裂してしまうんだね。

保存療法

痛みが軽く、腕の動きに問題がなければ保存療法を行うことがあります。高齢者や手術ができない方が適応となります。リハビリや筋力トレーニングや薬などで様子を見ます。
腱板損傷部は自然と治癒することはありません。放って置けば損傷部が拡大して完全断裂してしまいます。

手術方法

腱板損傷は自然に治癒はしません。骨との付着部でよく切断されます。そのまま放置すると、断端部は奥に入ってしまい、切れた筋肉は痩せてしまって手術ができなくなることもあります。
患者さんの年齢や職業や状態に合わせて手術方法を決定します。

関節鏡視下手術

肩の周りに小さな切開を4箇所ほどあけて、カメラや器具を入れて腱板の縫合を行います。
アンカーと言われるネジを骨に埋め込み、そのネジの先についている糸で腱板を縫合します。アンカーには金属や樹脂素材のものがあります。

- ①内側列と外側列の2列固定(Dual-row法)

腱板損傷のほとんどは水平断裂しておりした、この2層をそれそれ固定することで強い縫合が可能です。この手技にて再断裂のリスクが減ります。

- ②ブリッジ固定法

腱板の広範囲を骨につけるため、アンカーの糸を上からクロスにかけて腱を押さえ込みます。縫い目が少ないのも特徴です。

- ③自家大腿筋膜移植法

複数の腱が損傷したり、断裂部が大きい時、断端部が中に入っている場合には大腿部の筋肉をとってきて、損傷部を充填する方法で再建します。

再生医療には今までの治療にはない可能性を秘めています。
幹細胞治療により今までできなかったことができるようになり、喜ばれる方をたくさん見てきました。この治療が少しでも多くの方に広がり、新たな希望になればと願っております。

トップ