ガンにならないための免疫細胞療法 IMMUNOTHERAPY

あなたはこんな症状ありませんか?免疫力が低下していないか一緒にチェックしてみましょう!

知らず知らずに
『免疫力』が下がっていませんか?

  • 風邪インフルエンザなど、感染症になりやすい
  • 目元のクマや肌荒れになりやすい
  • 疲労が溜まると、帯状疱疹口唇ヘルペスができる
  • 久しぶりに運動をすると、よく風邪を引く
  • こまめに歯を磨いているが、歯周病になった
  • 仕事でストレスが溜まる、勤務時間が長い
  • 普段、あまり運動をしない
  • ぐっすり眠れない、睡眠が不規則
  • ビールやワインなどアルコールをよく飲む
  • 習慣的にタバコを吸う
  • 呼吸をする時、口が開いている
  • 抗生物質や解熱鎮痛剤を飲む機会が多い
  • いつも体が重たく、疲れが取れない
  • 肌荒れ、ニキビ、花粉症がひどくなった
  • 食事のバランスが悪いため、栄養が偏っている
  • 便秘になりやすい
  • 便がゆるい、下痢症
  • 尿道炎膀胱炎になることが多い
  • 同じシーズンに2回、インフルエンザになった
  • アトピーや花粉などのアレルギー症状が出やすい

上記のチェック項目に当てはまるものがあり、それを何度も繰り返している、あるいは継続した状態が続いている場合は、免疫力が低下していると言えるでしょう。免疫力が低下した状態では、いつもならすぐに治るような風邪が重篤な症状まで進行することがあり、非常に危険な状態だと認識していただく方がよいです。

また、体内で発生するガンを抑制する力が弱くなり、ガンを増殖させる要因へとつながります。

坂本くん「免疫力が低下するとガンの発生を抑える力も弱くなってしまうんだね…」ガンにならないための免疫細胞療法

風邪を引いている女性

ところが、逆に免疫力を高めることができれば、風邪も引きにくくなり、高い確率でガンの発生を防ぐことが可能です。当院の免疫療法は免疫細胞の能力を高め、病気になりにくい身体作りを目的としています。

細胞くん「免疫力を高めれば風邪や感染症になりにくいだけじゃなく、ガンの予防効果も期待できるんだ!」ガンにならないための免疫細胞療法

ストレッチをする女性
考える坂本くん

免疫って体の中で
どんな働きをしているの?

免疫の仕組み

人間の身体には、体内に侵入した異物を取り除く仕組みが備わっています。例えば、食中毒を引き起こす大腸菌やインフルエンザウイルスが侵入すると、「免疫」の仕組みによりこれらを撃退します。この「免疫」は身体の外から侵入したものだけでなく、体内から発生したものでも、自身にとって害となる細胞は撃退し、あらゆる病気を防いでくれる自己防衛システムです。

そして、体内から発生する最大の敵はガン細胞です。

坂本くん「体の中のウイルスや細菌、ガン細胞をやっつけてくれるのが免疫なんだね!」ガンにならないための免疫細胞療法

細胞くん「免疫には「自然免疫」と「獲得免疫」の2種類があるんだ。免疫の仲間達を詳しく見てみよう!」ガンにならないための免疫細胞療法

免疫による自己防衛システムガンにならないための免疫細胞療法

自然免疫と獲得免疫の
メンバー紹介

免疫の仕組みは『自然免疫』『獲得免疫』の2つがあります。
『自然免疫』は生まれつき備わっている防衛システムです。病原体や害となる細胞に対して、いち早く認識して攻撃をします。

自然免疫

  • 樹状細胞くん

    イラスト:樹状細胞くん

    病原体の情報をリンパ球に
    伝える役目

  • マクロファージくん

    イラスト:マクロファージくん

    死んだ病原体を
    処理する役目

  • 顆粒球くん

    イラスト:顆粒球くん

    (好中球・好酸球・好塩基球)
    病原体を攻撃する

  • NK細胞くん

    イラスト:NK細胞くん

    体内のパトロール役で
    病原体に対して
    高い攻撃力を持つ

『獲得免疫』は病原体やウイルスなど異物に感染した時に、その異物に対する抗体を獲得した免疫のことです。
この『獲得免疫』『自然免疫』のように先天的に備わっているものではありません。
これは、麻疹(はしか)や風疹などが当てはまります。

獲得免疫

  • ヘルパーT細胞くん

    イラスト:ヘルパーT細胞くん

    病原体の情報をリンパ球に
    伝える役目

  • マクロファージくん

    イラスト:キラーT細胞くん

    病原体を攻撃する
    キラーT

  • サプレッサーT細胞くん

    イラスト:サプレッサーT細胞くん

    病原体への攻撃をストップ
    させる指令を出す

  • B細胞くん

    イラスト:B細胞くん

    病原体に対して
    抗体といわれる
    ミサイルで攻撃する

他にも様々な種類があります。

自然免疫と獲得免疫の連携ガンにならないための免疫細胞療法

獲得免疫は自然免疫から得た情報を元に病原体を記憶します。自然免疫では対処しきれない病原体に対して、獲得免疫たちが攻撃をし撃退します。一度侵入した病原体の情報を記憶することで、再び同じ病原体が侵入したときに、素早く感知して攻撃することができます。

これにより病気にかかりにくい身体になり、いわゆる「免疫がつく」ということになります。

細胞くん「「自然免疫」と「獲得免疫」が協力して病原体を撃退しているんだね!」ガンにならないための免疫細胞療法

坂本くん「次にガン細胞に対してはどうなのか一緒に見てみましょう。」ガンにならないための免疫細胞療法

ひとのからだの中では
1日に数千個のガン細胞が
自然発生していると
言われています

健康な状態であれば自然に発生するガン細胞を免疫力が撃退し、「ガン」の発症を抑生します。ところが高血圧・高脂血症・糖尿病などの生活習慣病、加齢、ストレスといった要因により免疫力が弱くなると、風邪などの感染症にかかりやすくなり、さらには「ガン」を患いやすい身体になる可能性が高くなります。

坂本くん「でも、免疫力が落ちるとどうしてガンにかかりやすくなるの?」ガンにならないための免疫細胞療法

健康な状態、免疫力が低下した状態ガンにならないための免疫細胞療法

なぜガンになるの?

正常な免疫システムが働いている状況では、体内で作られたガン細胞は次々と撃退されていきます。ところが免疫機能が低下すると、生き残ったガン細胞がだんだんと増殖を繰り返します。

そして免疫力を無力化する「免疫抑制細胞」が、ガン細胞を取り囲むことでバリアのような働きをして、免疫による攻撃からガン細胞を守ってしまいます。免疫抑制細胞に守られたガン細胞が増殖し続けると、病気としての「ガン」を発症することとなります。

坂本くん「免疫力が下がると、隠れていたガン細胞が増殖してガンになってしまうんだね…」ガンにならないための免疫細胞療法

ガンが増殖するしくみガンにならないための免疫細胞療法

免疫力の差

冬になると風邪やインフルエンザにかかる人が増えます。しかし同じ環境にいても、滅多に病気にかからない人もいれば、病気により頻繁に体調を崩す人がいます。

この違いが『免疫力の差』です。例え寒い環境に身を置いて、感染力が強い病気の人がそばにいたとしても、免疫力の高い人は外敵から身を守ることができます

免疫力の上がる食物

実は、アスリートは免疫力が落ちやすい

厳しいトレーニングによって鍛えられた身体を持つアスリートは、免疫力も高くて風邪など引きにくいはず。そう思われている方も多いのではないでしょうか?

確かに、適度な運動は免疫力を向上させますが、激しい運動はむしろ免疫力を低下させてしまいます。マラソンなど強度の強いスポーツをしている人は、運動をしない人と比べて風邪(上気道感染症)にかかる割合が2~6倍になるという調査結果があります。

ランニング

坂本くん「スポーツをしている人もそうでない人も免疫力を高く保つ意識が大事だね!」ガンにならないための免疫細胞療法

細胞くん「ウイルスやガン細胞を撃退できるよう日頃から免疫力を高めておこう!」ガンにならないための免疫細胞療法

免疫力を高めるための、当院の免疫細胞療法を詳しく見てみましょう。

免疫力を高める
免疫細胞療法

当院では、免疫力アップによる健康推進、がん予防、
及びがんの再発予防を行っております。

点滴中

健康推進 ガン予防

自分は病気とは無縁だと思っている人でも、知らぬ間に免疫力が低下していることがあります。

免疫細胞療法により免疫機能を高めることができれば、ウイルスや細菌などの感染症、アレルギー、ガンなどを予防することができます。

研究中

ガン 再発予防

免疫療法は『ガン免疫細胞療法』とも呼ばれており、ガンの三大治療と言われる「薬物療法(抗ガン剤など)」、「放射線療法」、「手術療法」に次いで、第四の治療法として注目を浴びています。これまでの治療法と比較すると、副作用がほとんどないことから安全性が高く、また身体への負担が極めて少なく、患者さんのことを第一に想った優しい治療法です。

この免疫療法は、これまで十数年に渡って大学病院などで治験や研究がされており、臨床医学応用も行われています。このような大学病院は十数ヶ所あり、大変期待をされている新たな治療法です。

再生医療には今までの治療にはない可能性を秘めています。
幹細胞治療により今までできなかったことができるようになり、喜ばれる方をたくさん見てきました。この治療が少しでも多くの方に広がり、新たな希望になればと願っております。

トップ