PRP皮膚再生療法 prp-skin
考える坂本くん

PRP療法って
どんな再生医療なの?

当院独自の美肌再生医療
「高濃度PRP」

採取した血液の中から血小板がより多く含まれる血漿成分 Platelet Rich Plasma(PRP)-多血小板血漿- を注入することで自己治癒力を高め、新しい肌へと生まれ変わる美肌再生医療です。

血小板には止血をする効果だけでなく、組織を修復させる役割もあり、様々な成長因子が皮膚細胞に働きかけることで、たるみやシワを改善し美しい肌へと導きます。

細胞くん「血小板の組織を修復させるチカラを使って美肌に導くんだ!」PRP皮膚再生療法

坂本くん「血小板を注入すると細胞が活性化してコラーゲンなどが増えてシワやたるみの改善につながるんだね!」PRP皮膚再生療法

高濃度PRPによる肌再生

高濃度PRPによる肌再生

成長因子がお肌の弱った所に作用し、キレイなお肌にしようと働きかけます。

また当院では抗凝固剤を含まない非常に優れたPRPを国内初として使用しており、美容効果を最大限に引き出すことが可能となりました。

※お顔の形や皮膚状態が劇的に変化する治療ではなく、2週間から2ヶ月ほどゆっくりと時間をかけて皮膚を根本から修復する治療ですので、効果に個人差はあります。
※当院では人工的な成長因子の添加は行わず、ご自身の持っている血液(細胞)を使用していますので、安心してお受けいただけます。

坂本くん「当院では国内初の抗凝固剤を含まない、より優れた効果のある高濃度ACTi-PRPを使用しているよ!」PRP皮膚再生療法

国内初高濃度PRP

PRP成分に含まれる
成長因子の効能

FGF 組織を修復、コラーゲン産生、ヒアルロン酸産生
PDGF 細胞増殖・血管の新生修復、コラーゲン産生
EGF 上皮細胞の成長促進、血管新生、創傷治療を促進
VEGF 血管内皮細胞の増殖・新生
TDF-β 上皮細胞・血管内皮膚細胞の増殖、新生創傷治療を促進

実際にPRPとヒアルロン酸を注入したら肌がどうなるのか比べてみましょう。

PRP注入による肌再生

  • 高濃度PRPの注入

    コラーゲンやエラスチンなどの美肌成分が現象しシワができるPRP皮膚再生療法

    血小板を注入すると成長因子が作用し、コラーゲンや毛細血管の新生が促進され徐々にシワ等が改善されます。

  • シワ等の改善されたお肌

    シワなどの改善がされたお肌

    肌そのものが再生されたため、シワ等が改善された状態が続きます。

ヒアルロン酸注入の場合

  • ヒアルロン酸の注入

    ヒアルロン酸の注入PRP皮膚再生療法

    ヒアルロン酸を注入すると、シワとなっていた溝が押し上げられることによってシワが即効的に改善されます。

  • 再びシワが出現したお肌

    再びシワが出現したお肌PRP皮膚再生療法

    半年~1年で注入したヒアルロン酸が吸収され、またシワが出現します。

細胞くん「高濃度PRPは肌そのものが再生できるから、持続力が高いんだね!」PRP皮膚再生療法

坂本くん「次は、安全性や効果の違いを比較図で見てみましょう。」PRP皮膚再生療法

PRPとヒアルロン酸との
比較図

療法 その他人工物による治療 ヒアルロン酸による治療 PRP皮膚再生療法
材料 ヒアルロン酸 血小板+成長因子
効果
(個人差があります)
△3~10ヶ月 ○半年~1年

粒子が大きい為、皮膚の浅い部分や、浅いシワには不自然な膨らみが出る可能性があり、半年~1年で吸収されてしまう。

◎2年以上

広範囲に浸透し自己治癒力によってハリを持たせる為、内側から自然に改善。1~2年以上の効果が期待できる。

安全性 アレルギー反応の可能性あり 高い安全性が認められているが、国外の品質保障されていない製剤が使用されることもある。 自身の細胞を使うので高い安全性

細胞くん「PRPは自己治癒力でハリが取り戻せるから、効果が長持ちするんだ!」PRP皮膚再生療法

坂本くん「患者さんご自身の血液から作るからPRPは安全性も高くて安心だね!」PRP皮膚再生療法

より効果の高いPRPを用いた当院の肌再生医療の特徴を見てみましょう。

当院の
PRP皮膚再生医療の特徴

研究

当院では、国内初の抗凝固剤を含まない格段に優れたPRPを使用することにより、最大限の美容効果を引き出すことが可能となりました。

水光注射

水光注射とマイクロカニューレを使用し、お客様のご希望に合った施術を即日短時間で受診いただける美容再生医療です。

研究

ご自身の血液成分を使うため副作用の心配はほとんどありません

頬に手を添える女性

麻酔クリームを使用しますのでほとんど痛みも感じません。
※ダウンタイムは1日~数日続くことがあります。

簡単な日帰り治療でお肌の若返りを実感できる再生医療なんだ!!

PRP皮膚再生医療の
治療の流れ

  1. STEP01

    カウンセリング

    患者様との診察・カウンセリングにてご希望・お悩みを伺い、理想のお肌へと導くための最適なプランをご提案させていただきます。当院では患者様がご納得いただいた上で、治療を受けていただくことを⼤切にしております。どうぞごゆっくりご検討ください。

    PRP皮膚再生療法
  2. STEP02

    血液採取・血漿分離

    ご自身から採取した血液を専用の遠心分離機にかけ、PRP(多血小板血漿)を抽出します。

    PRP皮膚再生療法
  3. STEP03

    PRP注入

    お顔に麻酔クリームを塗布した上でPRPを注入します。麻酔の効果により殆ど痛みを感じることはありません。当院ではお顔にまんべんなくPRPを注入することができる水光注射と、注入後の腫れや内出血が現れにくいマイクロカニューレを使用しています。

    PRP皮膚再生療法
  4. STEP04

    アフターフォロー

    数日間のダウンタイム中は針の跡などが残ることがありますが、当日から軽いお化粧や洗顔をしていただいても大丈夫です。治療後の経過で気になる点がございましたら、お気軽にご相談ください。

    PRP皮膚再生療法

より痛みを抑え、
より美肌にするための
当院のこだわり

1. マイクロカニューレ

マイクロカニューレの
4つの特徴

  1. 1

    針の先端が丸くなっておりPRPを注入する際に内出血が殆ど起こらない、ということ。

  2. 2

    針が長いため何度も刺し直さなくても広範囲に注入できる、ということ。

  3. 3

    安定した深さにPRPを注入することができる、ということ。

  4. 4

    通常の針と比べ痛みを感じにくい、ということです。

坂本くん「先端が丸くなっているから、痛みもお肌への負担も少ないんだよ!」PRP皮膚再生療法

細胞くん「気になるシワなどを部分的に狙って注射液を入れられるね!」PRP皮膚再生療法

従来の注射針との違い

マイクロカニューレ:針の先端が丸いPRP皮膚再生療法

針の先端が丸く何度も針を刺さなくて済むのでお肌への負担が少ない。

2. 水光注射

従来の手打ち注射だと、針が入る深さや力の入れ加減にバラつきがみられます。また、狭い間隔で注入するにはとても時間がかかり、実質的にはほぼ不可能です。

水光注射のメリットは、1cm角のエリアに多数の細い針を均一な深さで刺すことが可能な点です。これにより狙った深さに顔全体へまんべんなくPRPの成長因子を浸透させることができますので、肌一面がふっくらとみずみずしい状態になります。所要時間は30分以内であり、短い時間で注入することができます。

さらにご希望をされた方には水光注射に加え、手打ち注射によるマリオネットライン、ほうれい線、シワなどの治療を併用しております。ほうれい線やシワ、目の下のクマには手打ちによるピンポイント注射が効果的です。

写真:坂本先生

当院ではマシンの精密さと手打ちの繊細さの「良いとこ取り」が体験できます。

水光注射のイメージ

約1センチ角のエリアに無数の細い針が入っており…細い針からPRPがまんべんなく注入されますPRP皮膚再生療法

高濃度PRPの肌再生医療が使える部分がどこなのか具体的に見てみましょう!

PRP皮膚再生療法が
適応となる箇所

イラスト:幹細胞による肌再生医療が適応となる箇所
  • 副作用、リスク

    まれに腫脹、発赤、乾燥、内出血、痒み、色素沈着が起こることがありますが、一過性のものであり数日で消失します。

  • 治療を受けられない方

    • 抗生物質に対して過敏症である方
    • 妊娠中、妊娠している可能性がある方、小児
    • そのほか、担当医が不適当と判断した場合

※本資料に記載されている表現は日本国の医薬品医療機器等法(旧薬事法・化粧品表示公正競争既約等に基づく化粧品・医薬部外品として認められた効能・効果を示すものではありません。

再生医療には今までの治療にはない可能性を秘めています。
幹細胞治療により今までできなかったことができるようになり、喜ばれる方をたくさん見てきました。この治療が少しでも多くの方に広がり、新たな希望になればと願っております。

トップ