Dr.サカモトの再生医療チャンネルdr.sakamoto's channel

【幹細胞治療とPRP療法とは】膝の痛み(変形性膝関節症)の最新治療!

 

みなさんこんにちは、Dr.サカモトです。

今日は変形性膝関節症についてお話をしたいと思います。

変形性膝関節症は全国でも実は3千万人くらいいます。

その方についての症状や治療の仕方、再生医療について詳しくお話していきたいと思います。

 

変形性膝関節症は男女比でいうと1:4と男性よりも女性のほうがかなり多いです。

先ほども言いましたが、全国には3千万人ほどいらっしゃいます。

メカニズム、原因は関節には軟骨があり、その軟骨が歳をだんだんと取るにつれて摩耗したり、体重が増えてしまって負荷がかかると、軟骨がどんどん擦り減っていきます。

それ以外に例えばO脚変形、少し膝がO脚になっている方だったり、遺伝性ということも言われていまして、遺伝性というのはもともと生まれつき軟骨が柔らかかったり、もともと生まれつき硬い方もいらっしゃいます。

もちろん軟骨が柔らかい方は徐々に軟骨が擦り減ってだんだんなくなってくるという現象が起こりますよね。

それが進むといよいよ関節が変形してしまって炎症を起こして、歩くときに膝が痛かったり、関節に水が溜まったりして関節が動きにくくなるという病態をいいます。

これがいわゆる、変形性膝関節症といいます。

 

変形性膝関節症の症状についてお話をしていきたいと思います。

変形性膝関節症になると立ち上がり時に膝が痛かったり、階段を降りる時に膝が痛かったり、水が溜まって膝が腫れてしまっていよいよ正座ができなくなったり、曲がりにくかったりと色んな症状があります。

そういう方が病院やクリニックへ行って治療されると思います。

わたしが診ている患者さんの中でもそういった患者さんがたくさん来られますが、膝の中に水が溜まって抜いても抜いてもやはり水が溜まる方がいらっしゃいます。

あと、代表的なヒアルロン酸を打っても1日や2日しか持たなかったり、ほとんどヒアルロン酸を打っても効かない方も大勢いらっしゃいます。

従来ならばそういう方はいよいよ注射が効かないので手術をしましょうという話になるんですが、いきなり手術するとなると抵抗があり、どうしたらいいものなのかと困られる方がたくさんいらっしゃいます。

「注射が効かない」「手術もできない」その間の治療として最近注目されている「再生医療」という治療があります。

 

次に再生医療についてお話をしていきたいと思います。

再生医療には大きく分けて2つの治療方法があります。

まず1つは「自己脂肪由来の幹細胞治療」、そしてもう1つは「PRP治療」、この2つがあります。

まず自己脂肪由来幹細胞の治療方法ですが、これは今最先端の治療方法です。

わたしはこの治療方法を聞いた時に今までの治療概念を覆されました。それくらい驚いたのです。

どういうものかと言いますと、自分の細胞を少しだけ取り出します。

その取り出した脂肪の中に幹細胞という細胞がありまして、この幹細胞は身体の色んな組織に変化するのです。

その変化する幹細胞を取り出して約1ヶ月間くらいでたくさんの幹細胞へ培養します。

そのたくさんの幹細胞を膝に入れることによって、失われた軟骨ができあがったり、壊れて組織が修復されたりするのです。これがいわゆる幹細胞治療です。

そして、もう1つのPRP治療。これは自分の血液から血小板成分を取り出します。

その血小板成分というものは自分の壊れた組織を修復する能力があります。

この血小板成分を凝縮して高濃度の血小板成分を取り出し、そして身体に戻すことによって壊れた組織を修復する能力を促します。これがPRP治療です。

 

今日お話しした2つの再生医療の方法、また別の動画で詳しくお話しますのでお楽しみに!

それでは次回お会いしましょう!Dr.サカモトでした。

トップ