坂本院長のブログVoice

頸椎椎間板ヘルニアや腰椎椎間板ヘルニアにも幹細胞は効く!

頸椎椎間板ヘルニアや腰椎椎間板ヘルニアにも幹細胞は効く!

当院では国内では珍しい、脊髄内への幹細胞投与を行っております。このことにより、ヘルニアに圧迫されて傷ついた神経を修復・再生させることで痺れの改善、筋力の回復が期待できます。実際、当院で行われたほとんどの方に治療効果が現れています。

頸椎ヘルニア、腰椎ヘルニア、頚椎症性脊髄症、腰部脊柱管狭窄症などによって、手足のしびれや痛み、筋力の低下が見られます。それによって日常生活が困難になるといよいよ手術を考えなければならなくなります。神経症状が現れて、数年ぐらいであれば手術により痺れや痛みが改善され、筋力も正常に戻ることも多いですが、それ以上放置していた場合は後遺症が残る可能性が高くなります。

症状が出て長期間経過が立った場合は、手術担当の主治医からは『手術をしても、痺れや麻痺が残る可能性はあります』と説明されるケースがよくあります。神経は一度傷つくと完全に回復しないことがあるのです。せっかく手術しても症状が変わらない、それどころか症状が強くなったという話もよく聞きます。

私も再生医療に携わる前までは、神経の後遺症は治りづらいという認識でした。ただ脊髄内の幹細胞投与によって、ヘルニアなどの術後の後遺症がかなり改善される方が多くおられました。手術をしても、長距離歩くのが困難であったり、手の痺れがキツくて悩んでおられた方なども幹細胞投与によってほぼ改善されました。私自身も脊髄内の幹細胞投与の効果にかなり驚いております。この治療はヘルニアなどによって、痺れや痛み、筋力低下されたいる方々に新たな希望の治療だと自負しております。

 

▼こちらもあわせてご覧ください。
椎間板ヘルニアでやってはいけないこと

 

あわせて読みたい記事
変形性膝関節症と半月板損傷の関係性
元サッカー日本代表の橋本選手のその後
関節内ピンポイント注射
肩腱板損傷の再生医療は手術よりも多くのメリットがある
イメージ画像トップ