トピックスtopics

頚椎椎間板ヘルニアの人がやってはいけないこと

はじめに/頚椎椎間板ヘルニアでやってはいけないこと

頚椎椎間板ヘルニアを始めとする頚椎疾患は日常診療のなかで経験する事が多い病気のひとつとされています。

頚椎椎間板ヘルニアの人がやってはいけないこと

頚椎疾患自体は、30~50歳代前後の中年層に患者数が多く、時に訳もなく発症するケースもありますが、その多くは普段の生活の中で悪い姿勢で作業をする、あるいは首に負担のかかりやすいスポーツや運動などが主たる原因になることもあります。

今回の頚椎椎間板ヘルニアは、一体どのような病気なのか、そして頚椎椎間板ヘルニアを患った人が日常生活において「やってはいけない事項」などについて解説していきます。

頚椎椎間板ヘルニアについて

首の骨は「頚椎」と呼ばれ、7つの骨で構成されています。

脊椎領域において、骨と骨の間に「椎間板」と呼ばれるクッションの役割を担っている軟骨が存在しています。いわゆる頚椎椎間板ヘルニアという疾患はその椎間板の一部が本来の正常な位置からずれて後方、背中側に向けて突出してしまう病気をいいます。

特に、頭側に位置する上位頚椎椎間板ヘルニアが発生する原因としては、加齢に伴って、下位頚椎の変形などによって上位頚椎に重く負荷がかかることで引き起こされると言われています。

頸椎の椎間板

本疾患は、若年者から中年層にかけて幅広く発症し、多くは悪い姿勢でデスクワークをする、あるいは頚部に重い負担や、大きな衝撃がかかる可能性があるラグビーや、アメフト、柔道、レスリング、その他格闘技のほか、スキーなどのウインタースポーツでも原因となることがあります。

頚椎椎間板ヘルニアの症状としては、首や肩、そして腕にかけて比較的広範囲に痛みや、しびれが現われたり、食事中に箸が持ちにくくなったり、着衣時にボタンがかけづらくなる、そして歩行時に足がもつれるなどのサインが表れたりもします。

実際に、医療機関などで頚椎椎間板ヘルニアの患者さんを診療する際には、手足の感覚や筋力が通常より低下していること、あるいは四肢の腱反射異常などを観察したうえで、MRI(核磁気共鳴装置)で画像を確認して脊髄の圧迫状態を確認します。

頚部の痛みや、神経領域のしびれ症状が強い例では、頚部の安静保持を心掛けると同時に、鎮痛消炎剤の服用、外用薬貼付、そしてひどい場合には、神経ブロックなどを行うことで疼痛を緩和させる治療を実践します。

また、これらの保存的な治療策で顕著な症状改善を認めず、手や足の筋力低下が持続して悪化するケース、或いは十分スムーズに歩けないなどの歩行障害や尿失禁を始めとする排尿障害を合併する場合には根治的な手術治療を検討されることも往々にしてあります。

頚椎椎間板ヘルニアの人がやってはいけないこと

前項で触れた通り、頚椎椎間板ヘルニアという病気は、スポーツなどが契機となって発症しやすいと考えられているため、頚部のしびれや痛みなどの症状がみられる場合には、これらスポーツや、運動を一旦中止することを検討しなければなりません。

例えば、アメリカンフットボールやラグビー、格闘技系など激しいコンタクトを要求されるスポーツ選手、体に急激な外力が頻繁に加わる動作を特徴とする体操選手など長時間同じような動作を反復することも頚椎椎間板ヘルニアの発症リスクになります。

軽度な症状のまま、この程度ならとの自己判断でこれらのスポーツを続けることは、当然ながら症状を悪化させることに繋がります。首に痛みを感じたら早めに診察を受け、適切な指導を受けるべきです。

また、頚椎椎間板ヘルニアを引き起こしやすい例としては、日常的な姿勢の悪さが挙げられます。代表例としては、反り腰や腹部に体幹を支える力が入っていない状態の猫背が挙げられますので、頚椎椎間板ヘルニアによる症状を悪化させないように日常生活においては、姿勢を正し、このような姿勢をしないように心がけ正しい姿勢を心がけるようにしましょう

また、平均的な体重の成人の方は、上半身全体の重さが全体重の概ね6割程度といわれており、体重が重い肥満傾向の場合は、そのぶん健常者よりも頚椎椎間板にかかる負荷が大きくなるので身長に対して過剰な体重にならないようにも注意が必要です。

重い荷物を持ち上げるなど首に討たんが掛かることも避けてください。また通常の自転車走行であっても、転倒時には急激な首に力がはいってしまうことを考えて無理のない走行を心がけましょう。同様にバイクや自動車などでの急発進も避けてください。

日常、普段意識することはなくても首には大きな力が掛かっています。姿勢をただし、何らかの動作が必要な折には、首を意識してください。無理のない、負担のかからないように考えることが大切です。

そして、注意すべきは喫煙です。

喫煙は、全身の毛細血管の血流を悪化させて椎間板の劣化が起こりやすくすると考えられているため、頚椎椎間板ヘルニアを患っている人でありながら喫煙しているなら、タバコを吸わないよう、意識して禁煙に努めるべきです

  • ・頸椎椎間板ヘルニアになったら激しい、激しくないにかかわらずスポーツを避け、医師の指導を守りましょう
  • ・腹部で体幹を支える意識をもって姿勢を正しましょう
  • ・猫背、そり腰を避けるように意識しましょう
  • ・体重管理に気を付け、極端な肥満を避けましょう
  • ・首に負担が掛かるような重い荷物を持ち上げるような動作も注意が必要です。
  • ・自転車での転倒、バイク、自動車での急発信なども注意してください
  • ・日常の動きであっても、首に負担が掛けないような意識が大切です
  • ・喫煙は、血流を阻害します。できるなら禁煙、節煙をお勧めします。

頚椎椎間板ヘルニアでやってはいけないこと/まとめ

人間は、誰しも年月とともに年を取るにつれて身体にさまざまな劣化が起こるとされており、そのひとつとして加齢ともに椎間板も劣えてくるものです。

頚椎椎間板ヘルニアは、頚部の背骨を構成している骨と骨との間にある椎間板組織が慢性的な負荷を受けて劣化することで正常位置からずれて突出し脊髄の神経を圧迫することで症状が出ます。

椎間板が劣化する原因は多種多様であり、いわゆる加齢や肥満、喫煙習慣、悪い姿勢や激しいスポーツ活動など普段の生活における環境要因が主因であるとも考えられているため、頚椎椎間板ヘルニアの人はこれらのリスクフ要因をル介して、少しでも回避する努力が必要です。

頚椎椎間板ヘルニアを予防するためには、例えば上半身を大きく振りながら散歩する、あるいは泳ぐのが好きな方はスイミングを取り入れるなど持続的に無理のない範囲で運動やリハビリを実践することが重要な観点となりますので念頭に置いておきましょう。

今回の記事の情報が少しでも参考になれば幸いです。

 

No.S027

監修:医師 加藤 秀一

スポーツ外傷・障害の痛みは
手術しないで
再生医療で治す時代です。

  • スポーツへ早期に復帰したい
  • ステロイドを使いたくない
  • 慢性化した痛みや、捻挫などの外傷や腱鞘炎を早く治したい

こんなお悩みの方はお問い合わせください。

トップ