ブログblog
  • HOME
  • ブログ
  • 油のお話 〜オメガ3・6・9系ってなーに?〜

油のお話 〜オメガ3・6・9系ってなーに?〜

スタッフ ブログ

オイル

油(脂肪)は生きていくためにかかせない3大栄養素の1つです。
油の摂り過ぎは肥満を招き、生活習慣病につながる恐れがありますが、控え過ぎても免疫力を下げたり皮膚を乾燥させたりします。

油の主な成分は脂肪酸です。脂肪酸は「飽和脂肪酸」と「不飽和脂肪酸」に分類することができます。

【飽和脂肪酸】
バター、牛脂、ラード、ココナッツオイルなど
・一般的に乳製品や肉に含まれる
・摂り過ぎるとLDL(悪玉)コレステロールが増え、動脈硬化や心疾患などのリスクが上がる
・酸化しにくい
・溶ける温度が高く、室温では固形
・体内で合成できる

【不飽和脂肪酸】
・大きく一価(オメガ9系)多価(オメガ3系、6系)に分けられる
・比較的酸化しやすい
・低い温度でも溶け、室温では液体
・多価は体内で合成できない

《オメガ9系》オレイン酸
オリーブオイル、アルガンオイル、アボカドオイル、カメリアオイルなど
体内で合成でき、HDL(善玉)コレステロールを下げずに、LDL(悪玉)コレステロールだけを下げる働きがあり、動脈硬化や高血圧の予防に効果があります。腸の働きを活性化し、便秘予防にも効果があります。

《オメガ6系》リノール酸
べに花油、ゴマ油、コーン油、グレープシードオイルなど
体内で合成できない為、食物からの摂取が必要(必須脂肪酸)です。
コレステロール値を下げ、LDL(悪玉)コレステロールだけでなく、HDL(善玉)コレステロールも減少させてしまうため摂りすぎには注意が必要です。また摂りすぎによって、アトピーなどのアレルギー疾患の悪化や動脈硬化のリスクもあると言われています。

《オメガ3系》
αリノレン酸・・・エゴマ油、アマニ油など
EPA・DHA・・・青魚など
体内で合成できない為、食物からの摂取が必要(必須脂肪酸)
中性脂肪(血中)を減らし、血栓予防や不整脈を防止など生活習慣病予防に効果があります。不足すると集中力低下や皮膚炎などが起こりやすくなります。

このように1つに油といっても特徴は様々で、コレステロールを上げるものもあれば下げるものもあります。最近ではスーパーでもたくさんの種類の油をみかけるようになりました。メリット・デメリットを知り、からだにいい油を効果的に取り入れてみましょう。

カテゴリ

トップ