ブログblog

日常生活動作でみられる問題点

スタッフ ブログ

ADL

皆さん、こんにちは。
最近、日中は過ごしやすい気温になってきましたね。

朝はまだ寒い日もあり、身体が冷えて、身体を動かしにくい日や痛みを強く感じて、日常の動作に困ったり、辛い思いをされている方もいるかと思います。

普段できていた事が、肩腱板損傷・腰痛・変形性股関節症・変形性膝関節症などの疾患と痛みによってできなくなり、精神的な影響にも及んでしまえば、ADLの低下と仕事にも支障がでてくる可能性も高まってしまいます。

ADLとは: Activities of Daily Livingのことで、日常生活動作のことを意味します。
ADLのAはアクティビティー(動作)、DLはデイリーリビング(日常生活)を指します。
最低限必要な日常生活動作で「更衣・移乗・食事・移動・排泄・入浴・起居動作・整容」動作のことをADL【日常生活動作】と言います。

痛みの箇所にもよりますが、
①手すりがないと、1人で起き上がるのは厳しい
②手すり又は軽く支えがないと、立ち上がり・車椅子への乗り移りが難しい
③車椅子・杖・歩行器・誰かの支えがないと、移動は難しい
④上衣の着脱・下衣の上げ下げが難しいため、入浴・トイレ時の動作が辛い・1人では厳しい
⑤靴下を履くのに時間がかかる
など、個々のADLに問題がでてくる可能性も高いと考えられます。

お客様のできるADLの維持と向上に向けて、少しでも回復・改善ができるように痛みの原因である問題点を明確にして、痛みを取り除くことが重要となってきます。

安心して治療が受けられるようにできる限りの看護とサービス提供に努めて参りますので、お気軽にお問い合わせくださいませ。

カテゴリ

トップ