ブログblog

季節の変わり目

スタッフ ブログ 健康 カラダの仕組み

季節の変わり目

 

秋の気配が深まり朝夕肌寒くなって参りましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

昔から「季節の変わり目は体調を崩しやすい」とよく言いますよね。
具体的には、昼と夜の気温差や月平均の気温の寒暖差が大きくなる9~11月、3~4月、6~7月頃は注意が必要です。

これらの時期によく見られる症状として、頭痛、肩こり、不眠、倦怠感、目の疲労、肌荒れなどがあります。
体だけでなく、心にも不調が現れることも。

情緒不安定になり、気分が落ち込む方もいらっしゃいます。
寒暖差が激しいと自律神経のバランスが崩れやすく、体調不良の原因となります。

これらの原因の1つとして、ストレスによる精神的な負担や寒暖差などによって自律神経のバランスが崩れることが考えられます。
寒暖差が大きくなると、発汗や体温をひんぱんに調整しなければならなくなるため、神経のバランスが崩れてしまいます。

季節の変わり目を健康で過ごすには、自律神経のバランスを崩さないように心掛けることが大切です。
できるだけ決まった時間に寝起きして、食事もきちんと取るなど規則正しい生活を送るようにしましょう。

ストレスを多く感じているときは、心身をリラックスさせる副交感神経が優位に働くように対策を取りましょう。
暗めの照明の部屋で静かな音楽を聞くことや、ラベンダーなど鎮静作用のあるアロマの香りでのんびりと寛ぐのがおすすめです。

トップ