ブログblog
  • HOME
  • ブログ
  • 光化学スモッグとは、発生時の対応方法と注意点

光化学スモッグとは、発生時の対応方法と注意点

スタッフ ブログ 健康 豆知識

光化学スモックの様子

光化学スモッグとは、発生時の対応方法と注意点

最近ニュースやネットで「光化学スモッグ注意報」を目にする機会があります👀

皆さん「光化学スモッグ」をご存じですか❓

毎日暑い日が続き、紫外線も本格的に強くなって来ていますね。
このように気温が高く、風🍃も弱い状態が続くと「光化学スモッグ」が発生しやすくなります。

光化学スモッグとは…❓
簡単に言うと大気汚染の事を言うそうです。
自動車🚗の排気ガスや工場🏭の排煙には大気汚染物質が含まれており、ここに紫外線が当たると反応が起き光化学スモッグの原因物質が発生します。

この原因物質の濃度が上昇すると空気にモヤがかかったような状態になり、これを「光化学スモッグ」と言います。光化学スモッグが発生すると目がチカチカしたり、喉の痛み、頭痛を引き起こすなど人体に悪い影響を与えるため注意が必要です🙅‍♀️

🌸発生時の対応方法🌸
①屋外にいる時や運動を行っている場合には、可能な限り運動を中止して屋内へ入るようにして下さい。
②屋内にいる場合、風の向きを考慮し、必要時窓やカーテンを閉めるようにして下さい。
③目や喉の痛み、咳などの症状が出た場合、目を洗ったりうがいをするなどして下さい。

⚠️注意報発令⚠️の情報は各自治体のHPや、環境省の「大気汚染物質広域監視システム」のページでご覧になる事が出来ますので、是非ご参考にしてみて下さい💁‍♀

イメージ画像トップ