症例紹介case introduction
  • HOME
  • 症例紹介
  • 70代女性 変形性股関節症に対する幹細胞治療

70代女性 変形性股関節症に対する幹細胞治療

2年前から痛みが出る

この方は、2年前から股関節から大腿部にかけて痛みが出現し、近くの整形外科で坐骨神経痛と言われ治療しましたが痛みは治らず。その後1年ほどしてもう一度他の整形外科に行くと変形性股関節症と診断されたそうです。変形性股関節症の症状は坐骨神経痛の症状とよく似ていて医師としても判断に苦渋する事はよくあります。さらに、この方の場合、2年前の時点では股関節の変形はレントゲンではあまり現れていないとのことでした。おそらくここ2年で急激に変形が進んだものと思われます。

レントゲン上で股関節の変形が初期であれば分かりにくい場合があります。症状も坐骨神経痛と似ているので医師としてはまず、坐骨神経痛に対する治療をするという選択はよくあることです。ただ、変形性股関節症と坐骨神経痛の痛みの場所は似ていますが、痛みの出方に違いがあることが多くみられます。変形性股関節症の痛みは歩行時や負担がかかる時に痛みが増強することが多いですが、坐骨神経痛では安静時にも同じような痛みが継続することが多くみられます。そして変形性股関節症の場合、大腿部の前面が痛くなることが多いです。坐骨神経痛は大腿部の後面や側面に多くみられますしかし、ずべてがそうとは限りません。そこに診断の難しさがあります。もう一つ見分けるポイントとして、変形性股関節症の場合関節の動きが悪くなると言うことです。変形の初期でも関節の動きに左右差がよくみられます。そしてもう一つは筋力の低下です。知らず知らず痛い方の関節に力をかけなくなり、太ももが少し細くなっていることがあります。

レントゲンでは右股関節の変形がみられます

 

変形性股関節症に対する幹細胞治療

 

<治療効果>右股関節に2500万個の幹細胞を1回投与+PRP

右股関節に冷凍ぜず作成した幹細胞を投与して1ヶ月で痛みは10分の6、2ヶ月目には10分の4まで痛みがなくなりました。その後も徐々に痛みは軽快し半年後には10分の2となり長距離歩行でも痛みはそれほどなく遠出もできるようになりました。

レントゲン上では末期で骨頭も強く変形していることから、今までの保険治療では必ず人工関節の手術しか選択肢はありませんでした。この方の場合、2500万個の幹細胞を1回投与し痛みが10分の2となりました。おそらくあと1回幹細胞の追加投与をすればさらに痛みは軽快しているでしょう。再生医療には個人差があります。この方の場合、2500万個の幹細胞を1回投与して、これほどの変形があっても痛みが激減しているので上手く再生されたと思われます。さらに右股関節周囲の筋力低下に対してトレーニングを指導し、股関節の可動域を上げるストレッチも行いました。

<治療費>
関節1部位 幹細胞数(2500万個~1億個) 
投与回数(1回~3回) PRP治療含む 
132~418万円(税込)
<起こりうる副作用>
・細胞採取部の内出血や創部感染、傷跡などが起こることがあります。
・症状のよりMRIやCTなどの検査を受けて頂く事があります。

 

ID000222

監修:院長 坂本貞範

トップ