症例紹介case introduction

40代男性 脊髄損傷に対する幹細胞投与

バイクで事故を起こしその後脊髄損傷

この方は、10年前に原付バイクで事故を起こし手足の麻痺で動かすことができなかったが、その2ヶ月後から歩行器歩行ができるようになりその半年後には一人で歩くことができ仕事に復帰しています。ただ、歩行の機能が低下していてよくつまずくとのことです。そのほか事務仕事は何とかこなせますが、手の指がまだ完全に思うように動かせないとのことです。

脊髄損傷にも色々な症状があります。完全麻痺になると下肢が全く動かなくなったり感じなくなったりもします。高齢者が増えたことで、非骨傷性脊髄損傷という病気が注目されています。この病気はまず加齢によって頸椎症や頸部脊柱管狭窄症が起こり手の痺れや歩行のしにくさが出ます。そこにちょっとした外力が加わり脊髄損傷が起こるのです。この病態は徐々に進行していきます。転倒しただけで寝たきりになることもあります。

一般的な治療法として頸椎脊柱管狭窄症となり、手の痺れや手の筋力の低下、歩行障害が出ると頸椎の手術となります。手術をしても取れない痺れや筋力低下はどうしても後遺症として残ってしまうのです。これに対して脊髄損傷にたいする幹細胞治療が最近注目を集めています。頸椎ヘルニアや腰椎ヘルニアの術後の後遺症にも良い適応となるでしょう。

MRI所見
脊髄損傷に対する脊髄内幹細胞投与
脊髄損傷に対する脊髄内幹細胞投与
脊髄内に直接幹細胞を3回投与

国内で最近認可されほとんど行われていない脊髄内への幹細胞の投与を3回予定しています。今までは脊髄の幹細胞投与というのは点滴による静脈内投与がメインでした。しかし、脊髄内に幹細胞を直接投与することで脊髄の損傷した部位を再生させるという画期的な治療が当院でできることとなりました

今現在は幹細胞の培養中で今後幹細胞投与後の治療の経過を診ていきたいと思います。

 

その他の動画はこちらへ

<治療費>  
165万円〜(税込)
<起こりうる副作用>
・細胞採取部の内出血や創部感染、傷跡などが起こることがあります。
・症状のよりMRIやCTなどの検査を受けて頂く事があります。

 

ID000440

監修:院長 坂本貞範

トップ