症例紹介case introduction
  • HOME
  • 症例紹介
  • 30代男性|長年苦しんだ肩の痛みがハイブリッドマニプレーションで1日で完治

30代男性|長年苦しんだ肩の痛みがハイブリッドマニプレーションで1日で完治

長年の右肩の痛みに苦しんでいた

今回の症例紹介は、30歳の男性です。

この男性は、数年前にパーソナルトレーニングをしてから右肩が痛くなるも、そのまま我慢して筋力トレーニングを続けた為に、さらに痛みが増強するという悪い循環に陥って苦しんでいました。

「いつか治るだろう・・・」と放置していたようですが、数年経っても右肩に同じ痛みがあり、その右肩が痛いせいで肩こりも強くなってしまい、日々が辛い、ということで来院されました。

この方のように、肩という関節はなかなか厄介で、一度痛めるとその後、拘縮と言って関節が固まる症状になり、それにより痛みが継続してしまうということが多々見られます。

しかし、この症状で普通の病院に行っても注射とリハビリで約半年から1~2年は治療期間としてかかることが多いです。しかも、それだけの期間をかけてリハビリをしたとしても、拘縮が残り、結果として痛みも残るということが多いのが事実です。

そのまま一生、肩の痛みと付き合わなければいけないのか、、、と悩まれている方はきっと沢山おられるのではないでしょうか。

ハイブリッド・マニプレーションなら日帰りで可能

ハイブリッド・マニプレーションをご存知でしょうか?

これは当院独自の治療方法で、この男性がお悩みであった長年の肩の痛みを再生医療の面から治療する最新療法です。マニプレーションとは、痛みのある関節に対して、麻酔等の痛みを排除した状態で徒手を用い、他動的に伸張運動を行う治療行為です。

今回の場合は、痛みにより拘縮、固まってしまった状態の肩回から腕の神経に対して部分麻酔を用いて痛みを消した状態でエコーを見ながら他動的に固まっていた腕、肩を動かすことで固まっていた筋肉をはがしました。

その上で、損傷した肩回りの筋肉組織に対して高濃度PRPを注射します。

このように当院独自のハイブリッドマニプレーションとは、マニプレーションとPRP注射という再生医療を組み合わせた治療を言います。一般的なマニプレーションは入院が必要ですが当院では日帰りで可能で、再生医療を加えたことで治療効果をグンと高めます。

肩の拘縮があると、従来では病院に入院して全身麻酔して関節を動かしたり、酷い場合には関節鏡という手術を行うこともあります。

当院では部分麻酔で肩関節を動かし、その後損傷した部位を幹細胞やPRPで再生医療で治療する、この方法を行なっています。麻酔するので痛みはない為ご安心ください。

現時点ではおそらく国内では当院が唯一の日帰り治療のできる施設だと思われます。

次の日には、痛みが消えて肩も正常に動くようになる

この患者さんは、治療を受けた翌日にはすっかり痛みが取れて、動きも以前のように正常に動かせると喜ばれておられました。長年苦しんだ肩の痛みが、1日でほぼ完治し、数ヶ月後にも診察しましたが、すっかり痛みがとれて動きの制限もない状態で当方も本当にうれしく思いました。

 

エコーを見ながら、腕の神経だけを麻酔する
エコーを見ながら、腕の神経だけを麻酔する

<治療費>
PRP治療 16万5千円(税込)

<起こりうる副作用>
・細胞採取部の内出血や創部感染、傷跡などが起こることがあります。

・症状のよりMRIやCTなどの検査を受けて頂く事があります。

 

ID000108

監修:院長 坂本貞範

イメージ画像トップ