症例紹介case introduction
  • HOME
  • 症例紹介
  • ☆元サッカー日本代表 橋本 英郎☆ 半月板損傷の再生医療を受ける

☆元サッカー日本代表 橋本 英郎☆ 半月板損傷の再生医療を受ける

現役プロスポーツ選手の膝の症例

元日本代表の選手が来られました。三浦カズ、ラモス、武田選手たちが日本代表の中心メンバーであった時代にミッドフィルダーとして活躍されていました。サッカーといえば膝の怪我はつきもので、橋本も今までも何度も膝を痛めてきた経緯があります。

橋本選手としては、できるだけ長く現役で活躍したいという思いが強く、当院に来られる2年ほど前まではレギュラーでピッチに立っていました。しかしここ2年間は膝の痛みでほとんどフル出場はできない状態でいました。来院し診察したところMRIの画像でもはっきりと軟骨の減少と半月板の損傷を認めておりました。さらに、膝周りの筋肉もすこし萎縮していました。膝の痛みのある方はみなさん必ず筋肉は萎縮しています。簡単にいうと筋肉の力が低下しているのです。さらに、痛みが長引くと拘縮といって関節が固まる症状が見られます。この拘縮を放置すると2度と元に戻らなくなりますので注意が必要です。当院では、再生医療に加えて、膝の現状を診察した上で最適な治療方針を決めていきます。

MRI上で軟骨再生認める

幹細胞は3回投与としました。1回目は1000万個とprpを投与しました。投与して1週間目から痛みが軽快しました。かなり早い回復経過でありました。その後も徐々に痛みが取れて筋力トレーニングとストレッチを指導しながら行なってもらいました。

1ヶ月後、1億個の幹細胞を投与。もうこの時点ではボールを使った練習をされましたが痛みも出ずに安定しておりました。その1ヶ月後に3回目の幹細胞を1億個投与しました。

当院では冷凍せずに培養する方法で幹細胞がつくられます。

そうすることで、質の高い生き生きした細胞が投与でき治療効果も高くなります。さらに、幹細胞の数に関しては1億個の幹細胞も投与でき、やはり数が多いほど効果は高まります。

その後は徐々に痛みは軽くなり、約3ヶ月後には激しい試合にも参加できるほどまで回復されました。

現在はプロ選手として試合に出場し第一線で活躍しておられます。

 

元サッカー日本代表 橋本 英郎

 

 

幹細胞治療を受けて1年後の経過はこちら

その他の動画はこちらへ                              

 

<治療費>
関節1部位 幹細胞数(2500万個~1億個) 
投与回数(1回~3回) PRP治療含む 
132~418万円(税込)

<起こりうる副作用>
・細胞採取部の内出血や創部感染、傷跡などが起こることがあります。

・症状のよりMRIやCTなどの検査を受けて頂く事があります。

 

監修:院長 坂本貞範                                     

                                                                                                                                             
                           

トップ