症例紹介case introduction
  • HOME
  • 症例紹介
  • 変形性股関節症への幹細胞治療で日常生活に復帰! 60代女性

変形性股関節症への幹細胞治療で日常生活に復帰! 60代女性

股関節の手術をすすめられたが再生医療で痛み緩和!

この患者様は、20年前に右股関節の痛みが出現し、「先天性」と言われていた方です。1年程前より、再び痛みが出現し、お近くに病院を受診したところ、「股関節は神経・血管があるところだから、再生医療による注射の治療よりも手術を」と言われたそうですが、まだ、お若く、人工関節を受けることに抵抗があり、当クリニックを受診されました。

レントゲン

変形性股関節症171

レントゲン検査をしたところ、股関節は「臼蓋形成不全」といって、骨盤の股関節の受け皿となる部分(臼蓋[きゅうがい]といいます)が小さくて、変形性股関節症に至っていました。

ただ、まだ関節の隙間が残っていました。確かに人工股関節手術も立派な治療方法かと思いますが、やはり、自分の関節は残したいものです。

 

<治療効果>左股関節に1億個の幹細胞を3回投与+PRP1回

当院では『multiple pin point 注射法(多方向から損傷部位にピンポイントに幹細胞を投与する方法)』を開発し、レントゲンチェックとエコーを使用しながら、股関節の手術を行っていた医師が、神経・血管の位置に配慮しながら注射を行っています。

こちらの患者様にも、患者様のスケジュールにあわせて1~2カ月おきに3回、幹細胞投与を行いました。

その結果、現在、痛みも緩和し、日常生活に不自由を殆ど感じることなく復帰されておられます。

再生医療医として、そして、整形外科医として、我々も大変嬉しく思っております。

その他の動画はこちらへ

 

<治療費>
関節1部位 幹細胞数(2500万個~1億個) 
投与回数(1回~3回) PRP治療含む 
132~418万円(税込)
<起こりうる副作用>
・細胞採取部の内出血や創部感染、傷跡などが起こることがあります。
・症状によりMRIやCTなどの検査を受けて頂く事があります。

 

ID T000171
再生医療医師監修:藤間 保晶

イメージ画像トップ