症例紹介case introduction

目の下のクマが気になる

目の下のクマを取りたい

最近、目の下のクマが気になるということで当院独自の高濃度ACTI-PRPを行いました。

まず水光注射で顔全体にまんべんなく高濃度PRPを皮下0.8mmのところに注入します。その後、気になるクマのところにマイクロカニューレで注入しました。麻酔クリームを塗るので殆ど痛みは感じられません。

ダウンタイムも1〜2日ほどで、殆ど跡も残らない状態となります。注射後1週間ですが、早くもクマが薄くなった実感があったので報告します。

 

目の下のクマが気になる
クマとお顔全体の高濃度PRPを注入しました

 

確かにクマの部分全体がふっくらとした感じがみられ、クマのシワが目立たなくなっていますね。まだ、注射して1週間なのでこれからまだまだ張りが出てくると思われます。今後も経過を追ってまた紹介したいと思います。

処置方法:顔全体に麻酔クリームを塗り、水光注射による顔全体PRP  ほうれい線のPRP
副作用:内出血、熱感、痒みなどの可能性を説明
費用:16万5千円(税込)

 

ID000033

監修:院長 坂本貞範                                  

トップ