トピックスtopics
  • HOME
  • トピックス
  • ヘルニア治療|PELD(PED)術後のつらい後遺症、痺れや痛みについて

ヘルニア治療|PELD(PED)術後のつらい後遺症、痺れや痛みについて

ヘルニア治療|PELD(PED)術後のつらい後遺症、痺れや痛みについて

PELD(PED)は、内視鏡を用いて腰椎椎間板ヘルニアを取り除く手術のことで、傷口が小さく、筋肉や骨に対するダメージが少ないというメリットがある一方、手術による術後後遺症のリスクもあります。

今回の記事では、PELD(PED)の術後に生じたしびれや痛みの後遺症に対する再生医療の可能性についても解説していきます。

PELD後遺症に最新治療

PELD(PED)とは

経皮的内視鏡下腰椎椎間板ヘルニア摘出術(Percutaneous Endoscopic Lumber Discectomy:PELD)とは、椎間板ヘルニアを7mmまたは8mmという細い専用の内視鏡を用いて、生理食塩水を流しながら摘出することができる手術のことです。

細い針が直接椎間板ヘルニアに到達するため、筋肉や脊柱などのダメージを最小限に抑えることが可能です。

なお、PEDとはPELDから腰椎(英語でlumberといいます)を省いただけですので、これらの言葉はほぼ同義になります。

PELD(PED)の術後後遺症

PELDの術後の後遺症として、合併症など以下のようなものがあります。

  • 神経根の損傷

  • 椎間板ヘルニア病変を取り出すために針を進める時に、神経根という脊柱管から脊髄が出る部分に針が触ると、神経根に刺激を加えることで感覚障害をきたす可能性があります。これは、postoperative dysethesia(POD)といい、しびれ感などが生じてきます。
  • 針が触ってしまっただけの場合は短期間で改善することが多いとされていますが、直接損傷してしまった場合には永続的なものになることもあります。
  • 感染

  • 針先で腸管損傷した際に併発する椎間板炎、腸腰筋膿瘍が報告されています。
  • 硬膜の損傷

  • 針の指す方法によっては、脊髄を包む硬膜を損傷してしまう恐れもあります。
  • 髄液漏

  • 皮膚の切開が小さいので、脳脊髄液が漏れてしまう髄液漏(ずいえきろう)を起こすことは少ないとされていますが、馬尾(ばび)という脊髄の先端部分が傷などにはまりこんでしまうことで痛みが生じることもあります。
  • 血腫

  • 針を刺す際に出血し、血腫が出来てしまうこともあります。
  • てんかん発作

  • 手術を行う際に流す生理食塩水の圧力が高い場合や長時間の手術の場合には、頭蓋骨の中の圧力が高まり、脳への負担がかかってしまい、首や頭の痛みのあとにてんかん発作が起こることもあります。

PELD(PED)術後後遺症に対する再生医療とは

それでは、PELD(PED)術後の痛みとしびれに対する再生医療について解説していきます。

再生医療の基本概念

再生医療は、体の損傷や機能の喪失を修復し、細胞や組織を再生するための革新的なアプローチです。これには、自分自身の細胞を活用する方法や、幹細胞を利用する手法などが含まれます。

再生医療と幹細胞治療のアプローチ

では、実際には再生医療ならびに幹細胞治療がどのように利用されているのかを解説します。

患者自身の細胞の利用

再生医療において、患者自身の細胞を活用する方法があります。これには、自分から採取された組織や血液中の成分を使用して、治療に必要な細胞を増殖・活性化させる手法が含まれます。この一つとして、多血小板血漿(PRP)による治療もあります。

幹細胞治療

幹細胞は、さまざまな種類の細胞に分化、つまり成長する能力があります。患者の体内から採取された幹細胞が、損傷した組織や神経を修復するのに役立つ可能性があります。特に、ヘルニアや脊髄損傷の治療において、幹細胞治療が注目されています。

痛み管理

術後の痛みは、しばしば患者の生活の質を著しく低下させます。従来の痛み管理に加えて、再生医療では、成長因子や細胞治療を組み合わせたアプローチが検討されています。これにより、神経の再生や炎症抑制が期待されます。

神経保護と再生

 幹細胞治療は、損傷した神経組織の再生を促進する可能性があります。これにより、術後のしびれや感覚の喪失を軽減し、機能回復が期待されます。

それぞれに適した治療が可能

自分自身それぞれの細胞などから培養された幹細胞を使った再生医療は、拒絶反応などの副作用が出にくいことが期待されます。これにより、治療の効果が最大限に発揮されることも期待できます。

脊髄の損傷は手術しなくても治療できる時代です。

  • sbtn 11sbtn 11 sp
  • sbtn 00sbtn 00 sp

 

まとめ・ヘルニア治療|PELD(PED)術後のつらい後遺症、痺れや痛みについて

今回の記事ではPELD(PED)手術とは何か、そしてその後遺症について述べました。そして、PELD(PED)手術後の痛みやしびれの後遺症に対する最新治療として、再生医療と幹細胞治療に期待が持たれていることも解説しました。

これらの治療法は患者の生活の質を向上させ、持続的な症状の緩和を目指すことが期待されます。当院では、再生医療の治療のひとつに、自己脂肪由来幹細胞治療をご用意しています。

これは、脊髄損傷などからの神経の回復に対する効果が期待できるもので、当院では静脈注射で点滴にて投与するものと、脊髄腔内に直接注射をしていくものがあります。

特に、後者の直接脊髄腔内投与法は当院独自とも言え、今までにも脊髄や神経の損傷によるしびれや痛みなどの術後後遺症の症状が改善したという治療成績があります。

PELD(PED)手術後の後遺症にお悩みの方も、ぜひ一度当院までご相談ください。

 

No.173

監修:医師 坂本貞範

参考文献

経皮内視鏡下腰椎椎間板ヘルニア摘出術の現状と今後の展望.Spinal Surgery.2016:30(2);152-158. p152

再生医療の現状と展望 第3回再生・細胞医療・遺伝子治療開発協議会 令和3年1月27日

脳梗塞と脊髄損傷の再生治療

 

▼ヘルニアの手術について以下も参考にされませんか

ヘルニア治療:PELD手術のリスクと副作用とは

カテゴリ

人気記事ランキング

イメージ画像トップ