トピックスtopics

野球の投手が復活をかけるトミー・ジョン手術とは

野球の投手が復活をかけるトミー・ジョン手術とは

はじめに

トミー・ジョン手術という言葉、何か聞き覚えがあったり、テレビや雑誌、新聞等で耳にされた経験のある方も多いのではないでしょうか。

例えばアメリカ大リーグの有名日本人プロ野球選手である「ダルビッシュ有選手」や、「大谷翔平選手」がこの手術を受けたことで、大変な注目を浴びました。

もちろんこの二人以外にも実に多くの選手がこの手術を受けています。大リーグに関わらず日本球界にも手術経験者が数多く存在します。

それだけ、野球とりわけピッチングは速球や変化球を繰り返す投げる動作にリスクがあるということになります。この手術は、肘関節部の腱や靱帯の損傷あるいは断裂といった病変に対して腱や靱帯を再建するための手術術式です。

トミー・ジョン手術という名称は、医学用語でも術式を表したものでもありません。実は1974年にフランク・ジョーブ医師によってこの術式が考案されて、歴史的に初めてこの手術を受けた投手が「トミー・ジョン氏」ということで、彼の名称にちなんでこのように呼称呼されるようになりました。

今回は、肘の問題を抱えた野球の投手が復活をかけるトミー・ジョン手術の概要や本手術における利点欠点などに関して詳しく解説していきます。

ピッチング
publicdomainq.net フリー素材

・トミー・ジョン術に至る原因とは

一般的に、野球競技で投球を繰り返すことで体幹や胸郭などのバランスが悪くなると代償的に肩や肘の力でサポートしたり、カバーしようと身体が反応し、意図せず働きますが、その際に上腕骨と尺骨を連結している肘関節部分に位置する内側側副靱帯に過剰な負担がかかってしまい損傷が生じることがあります。

肘の靱帯が正常な状態の投手が、実際の投球中に靱帯をいきなり切ることはまずありません。小学生時代などからプレーを続け、繰り返される負荷により生じた小さなほころびが積み重なって切れてしまったり、大きな損傷となってしまうのです。

整形外科医や球界関係者らは、これらの靭帯損傷を引き起こす最大の原因は、積み重ねもあるが一番の原因は、投球フォームであると主張しています。

その中には、小学生時代から繰り返し肘部に負荷が積み重なって成人してから靱帯が断裂すると考える専門家も存在します。

いずれの説も正しく、実際のところは両者の意見が組み合わさったところにあるのではないかと考えます。幼少期よりの負担も正しく、フォームの問題もあるのだと思います。いずれにしろ野球選手にとって避けては通れないスポーツ外傷というほかありません。

・野球の投手が復活をかけるトミー・ジョン手術とは

トミー・ジョン手術では、損傷した腱や靱帯をいったん切除します。そののちに、患側と反対側あるいは同側の前腕部にある長掌筋腱や下腿、臀部、膝蓋腱から正常な腱の一部を摘出してこれを上腕骨と尺骨に作成した孔を介して両端にテンションをかけた状態で固定して靭帯の代わりになるように移植する処置を実施します。

このように移植完了した腱組織がちょうど靱帯の代わりとして患部周囲に定着するまでにはかなりの時間がかかると言われており、トミー・ジョン手術を行った後には長期的なリハビリ加療を実践することが求められます。

大体2か月程度かけて肘関節の可動域を元の状態に復帰させるリハビリや、トレーニングを実施して、まずは日常生活レベルで支障なく肘を動かせるようになれば、今度は軽い負荷からウェイトトレーニングを開始します。

肘のみならず腕全体を強化する為に様々な訓練を受けて、通常レベルの運動労作ができるまで回復した時点で実戦的に投球練習を再開していくスケジュールになることが多いようです。

・トミー・ジョン手術における利点と欠点

さてこの章では、損傷した靭帯を切除して同部に患者さん自身の他部位からの靭帯代用組織を移植することにより負傷箇所の修復を狙うトミー・ジョン手術における利点及び欠点について解説していきます。

トミー・ジョン氏がこの手術を受けた1970年代は、手術自体の成功率が何と1%未満とされていましたが、1986年から2012年までに本手術を実施された野球投手を調査した結果、約80%~90%もの人々が実戦復帰を果たせるまでに手術の成功率が格段に向上しています。

この手術における成功率が向上した要因としては、手術そのものの技術的な進歩のみならず術後のリハビリテーションの知識と経験の蓄積が顕著な治療成績の改善を生み出したと考えられています。

ただし、通常ではトミー・ジョン手術による治療からリハビリ加療を含めて実戦復帰するためには約12か月から18か月前後要すると考えられており、仮に実戦復帰できたとしても所属球団の方針によっては厳しく球数を制限されることがデメリットとして想定されます。

あるいは、術中操作に伴う尺骨神経の障害はトミー・ジョン手術後の合併症において頻繁に起こる可能性があるもののひとつであると言われており1)、このような術後合併症にも十分に注意しながらリハビリ加療を実践することが大切になります。

まとめ・野球の投手が復活をかけるトミー・ジョン手術とは

今回は、「野球の投手が復活をかけるトミー・ジョン手術」について、その概要や本手術における利点や欠点などに関して詳しく解説してきました。

特に野球投手では、無理な投球フォームを繰り返して行うことで肘関節の内側部が痛みだして、さらに肘の屈曲あるいは伸展運動もしづらい状況となり、医療機関での精査の結果、肘の内側側副靭帯損傷と診断されることもあるかと考えられます。

その際に、投球練習や実戦登板をいったん中止することで疼痛症状などが改善する場合もありますが、損傷程度が重症になれば手術をしないと復帰が困難であることも考えられ、そんな時に実施される一つの手術術式がいわゆるトミー・ジョン手術です。

手術の成功率が飛躍的に伸びていることからも、最近多くの野球選手が受けている肘内側側副靱帯を再建するトミー・ジョン手術は選手にとって希望ある選択肢として捉えられている傾向があります。

本手術においては野球選手にとってメリット・デメリットが挙げられますので、十分に専門家やかかりつけ医ともよく相談して方針決定されることをお勧めします。

今回の記事の情報が少しでも参考になれば幸いです。

▼関連記事はこちら

野球肘の予防法|ストレッチで選手生命を伸ばす

野球肘・離断性骨軟骨炎はスポーツする子供に多い!その症状と治療法

 

No.S075

監修:医師 加藤 秀一

 

イメージ画像トップ