トピックスtopics
  • HOME
  • トピックス
  • メジャーリーグ山本由伸選手が負傷者リスト入り!野球肩の原因と最新治療法について

メジャーリーグ山本由伸選手が負傷者リスト入り!野球肩の原因と最新治療法について

野球選手の肩の怪我で多い野球肩には種類があります!原因と最新治療法について

メジャーリーグのドジャース山本由伸選手の肩の怪我は、最新の治療方法である「再生医療」で治療できる可能性が高いといえます。

投球やバッティングなど、腕の動作を繰り返す野球選手にとって「肩の怪我」は珍しいことではありません。

肩に問題を生じたら速やかに治療を開始する必要がありますが、どのような原因で、どのような症状を呈するのかについて知っておくことも重要です。

そこで、野球選手の肩の怪我の原因や症状、治療法について解説します。また、最近注目を集めている再生医療についてもご紹介します。

メジャーリーグ

野球選手の肩の怪我は野球肩が原因の可能性が高い!

野球選手の肩の怪我の主な原因は「野球肩」によるものであると考えられます。

野球肩とは、野球の投球動作のように腕を大きく振る動作を繰り返すことにより、肩関節に関わる腱や筋、骨が損傷や炎症を起こしている状態の総称です。

そして、野球肩には種類があります。

  • 野球肩の種類

  • ・腱板損傷
  • ・上腕骨骨端線離開(リトルリーグショルダー)
  • ・動揺性肩関節症(ルーズショルダー)
  • ・肩甲上神経損傷
  • ・インピンジメント症候群

「腱板損傷」とは

肩の中にある筋肉の腱の複合体である腱板が損傷を起こしている症状で、日常生活における肩の痛みにより生活の質を大きく落とす可能性が高いです。

「上腕骨骨端線離開」とは

「リトルリーグショルダー」とも呼ばれ、成長期に起こる投球障害です。成長期における過度の投球により成長軟骨が損傷することで、投球時や投球後に痛みを生じます。

「動揺性肩関節症」とは「ルーズショルダー」とも呼ばれています。上腕骨と肩甲骨の間にある靭帯などが先天的に緩い状態にあり、その状態で肩を酷使することで周囲の組織を損傷してしまい、肩の痛みや不安定感を覚えます。

「肩甲上神経損傷」とは、

棘下筋を支配する肩甲上神経が投球動作により引っ張られる、或いは圧迫されるなどによって損傷を起こし、肩の痛みや肩の疲労感を覚えます。

「インピンジメント症候群」とは、

野球肩の中で最も多くみられる症状で、靭帯や肩峰に上腕骨頭が衝突することで腱板が挟まれ、炎症を起こすことで肩の痛みを生じます。

メジャーの山本由伸選手の肩の怪我は再生医療で早期回復を目指せる

野球選手の肩の怪我はさまざまで、その症状次第で適切な治療法は異なります。そして、概ね数週間から、長ければ年単位での肩の安静が必要です。

そこで注目されているのが「再生医療」です。

再生医療は有名野球選手も利用実績のある治療法であり、手術や入院を避けることができるため、体への負担が少なく、治療にかかる期間が短めであるというメリットがある治療法です。

肩の症状を早く改善し、スポーツへの早期復帰を目指せる可能性がある治療法として、画期的な方法です。最近非常に注目されています。

もしも、早くスポーツに復帰したいと考えるのであれば「再生医療」を検討してみる価値が大いにあります。

バッティング

まとめ・野球選手の肩の怪我で多い野球肩の種類!原因と最新治療法について

野球選手にとって肩の怪我は避けられないリスクの一つですが、その中でも「野球肩」一般的に起こりえる問題です。

野球肩とは、投球動作やバッティングなど、腕を激しく使うことで肩関節周囲の筋や腱、骨が損傷や炎症を起こす状態を指します。この野球肩には、腱板損傷、リトルリーグショルダー(上腕骨骨端線離開)、ルーズショルダー(動揺性肩関節症)、肩甲上神経損傷、インピンジメント症候群など、さまざまな種類があります。

各症状は投球時や日常生活での痛み、肩の不安定感、疲労感などを引き起こし、生活の質を大きく損なう可能性があります。従来の治療法としては、痛みの軽減や肩の安静を目的としたリハビリテーションや、重症の場合は手術というものでしたが、これらの方法は長期の休養が必要な場合も多く、選手にとって大きな負担となることがあります。

そこで注目されているのが「再生医療」です。

再生医療は、体への負担が少なく、手術や入院を避けることができるため、治療期間が短縮されるというメリットがあります。この治療法は、多くの有名野球選手も実績があり、スポーツへの早期復帰を目指すための画期的な方法として今注目の最新の治療方法です。

メジャーリーグのドジャースに所属する山本由伸選手も、ぜひ再生医療を用いた治療を考えて欲しものです。なぜなら、選手生命を護ることが出来るからです。

肩の痛みや違和感を感じたら、早めの受診と適切な診断を受けることが重要です。肩の怪我を適切に治療し、スポーツを続けるためには最新の医療情報を活用し、専門医の指導を受けることが肝要です。

スポーツ選手は自分を護るためにも再生医療といった最新の治療法を知ることも大切です。

早期の回復を目指せる再生医療は、肩の怪我に悩む野球選手の救世主となり得ます。再生医療に興味があれば豊富な実績で症例数をリードする当院までお問い合わせください

 

監修:リペアセルクリニック 坂本貞範

 

▼肩の腱板損傷の回復を目指す再生医療とは
https://fuelcells.org/treatment/shoulder/

▼スポーツ選手の選手生命を護る再生医療をご存知でしょうか
https://fuelcells.org/treatment/sports/

 

カテゴリ

人気記事ランキング

イメージ画像トップ