トピックスtopics
  • HOME
  • トピックス
  • ぎっくり腰に前兆はあるのか?あるならどんな症状か

ぎっくり腰に前兆はあるのか?あるならどんな症状か

ぎっくり腰に前兆はあるのか?あるならどんな症状か

日常生活の中で、重いものを持ち上げたりした時、身体を起こしたりした時、お辞儀をしたりする時などの何気ない動作の中で、急に腰が痛くなり歩けなくなる、ということを経験した人は少なくないと思います。

世間ではこれを『ぎっくり腰』と言っています。実は『ぎっくり腰』という病気は正式な疾患の名前ではありません。

正式には『急性腰痛症』と言われます。ぎっくり腰で起こる腰痛は、『急性腰痛症』という文字の通り、急激に発症しますが、腰痛を起こさないために防ぐ方法はないのか、前兆はある

ぎっくり腰

ぎっくり腰について

先ほど述べたように、正式には『急性腰痛症』と言います。急性腰痛症は発症からの期間が4週間未満の腰痛を総称して言っています。

腰痛の原因自体は、実はたくさんあります。腰や背骨を支えている様々な組織(椎間板、椎間関節、骨膜、筋肉・筋膜、靭帯、血管など)が疾患や外傷によって傷がついて腰痛を起こしていると言われています。

腰痛の原因と大きく分けると、脊椎が原因の痛み、神経が原因の痛み、血管が原因の腰痛、内臓が原因の腰痛、心が原因の腰痛に分けることができると言われています。

  • 腰痛の原因
  • ・脊椎が原因
  • ・神経が原因
  • ・血管が原因
  • ・内臓が原因
  • ・ストレス原因

このように腰痛の原因は様々ですが、ぎっくり腰自体の原因は、実は、はっきりとしたことが解明されておらず、腰痛の様々は原因が関係しあって、引き起こしているのではないかと言われています。

ぎっくり腰の原因と治療法

腰痛の原因にもありますがストレスが原因で「ぎっくり腰」が起こるというのは意外かもしれませんね。実は、『ぎっくり腰を起こしそう』と思っていることも、ぎっくり腰を起こす原因の一つであると言われています。

ぎっくり腰の症状は、『力を込めて物を持ち上げようとした際』や『挨拶をしようと頭を下げた際』、『座っている姿勢から、何気なく、立ち上がろうとした際』などに、急激に痛みが出現して、歩けなくなったりします。

経験している人は身をもって感じていることが多いですが、痛みは耐えられないくらいの激痛で、今までに経験したことのないほどの痛みであることが多いです。

経過について、意外かもしれませんが、急激に発症する腰痛は、慢性的な腰痛に比べて、治療を行わなくても自然に治ることが多いと言われています。治療について、明確に決まった治療法はなく、安静を保ち、ゆっくりと過ごすことが大事です。

ただし、これは単にゆっくり過ごすということではなく、なるべく早く日常の生活に戻ることも治療のために必要であると言われています。

身体を伸ばしたり、軽く体操することが、効果がある可能性もあると言われていますが、ぎっくり腰を起こし、痛みがどうしても耐えられない人は、鎮痛剤を内服したり、湿布を貼ったりしながらも早期に日常生活に戻る努力を行いましょう。

  • ぎっくり腰の原因
  • ・力を込めて重い物を持ち上げようとした
  • ・挨拶をしようと頭を下げた
  • ・座っている姿勢から、何気なく、立ち上がろうとした
  • ・腰に関わる急激な姿勢変動
  • ・ストレス(心理的要因)
  • 治療法
  • ・受傷した当初は安静
  • ・痛み止め(鎮痛剤や、湿布等)
  • ・早めに意識して日常生活に戻る。安静のし過ぎは良くない。
  • ・急激に発症した腰痛は、慢性腰痛に比べて、治療を行わなくても自然に治ることが多い

ぎっくり腰ではなかった?に注意

しかし、治療のために入院が必要になるということは、ほぼないと言われています。ここで、注意しなくてはいけないのは、『実は骨折していた』『実はヘルニアだった』などと、いうこともあるので、症状がなかなか良くならない時や、いつもと違う痛みのときは、なるべく早く病院に受診するのがよいでしょう。

日本整形外科学会のガイドラインでは、自然に症状が、よくなるために影響している可能性があるものが紹介されています。

腰痛がより早く良くなるために大事なこととしては、発症する前に、元々、定期的に運動を行う習慣があることや、年齢が比較的若いこと、健康状態が良好であること、精神の状態を良好であること、などが挙げられています。

その反対に、腰痛がなかなかよくならない原因として、『痛みが頭から離れないこと』『痛みに対して無気力であること』『痛みを過大にとらえる』などの考え方が挙げられています。

ぎっくり腰の前兆について

ぎっくり腰の前兆はあるのでしょうか。

実は前兆は、『明らかなものがない』と言われています。しかし、何回も経験している人の中には、『なんとなく腰が痛くなりそうである』『嫌な予感がする』と前兆を感じることもあると言われています。

その『なんとなく』の違和感こそが、前兆とも言えます。しかし、今までに経験したことのない方は、そのような『なんとなく』の前兆については、判別がとても難しいでしょう。

前兆については、そのような曖昧なものしかありませんが、予防策はあると言われています。

具体的には、姿勢を整えたり、規則正しい運動習慣を身につけたり、しっかりとした睡眠をとったり、身体も心も健康に保つことが予防のために重要であると言われています。

その反対に、身体の健康を損なった時や、ストレスなど心理的要因を抱えていたり、精神的に不安定なときは、ぎっくり腰を引き起こしやすいと言われています。そういう意味では、身体が疲れている時や、心が疲れている時、睡眠不足などの生活習慣の乱れも、前兆であると考えても良いのかもしれません。

もし、そのような予兆を感じた場合は、まず一旦、今しようとしていることを止めて姿勢を正すなど、そのように思った流れを断ち切るように心がけましょう!

まとめ・ぎっくり腰に前兆はあるのか?あるならどんな症状か

ぎっくり腰は、日常的な動作の中で急激に起こる腰痛です。一度引き起こすと、痛みで動けなくなり、とてもつらい思いをします。また、一度起こすと繰り返しやすくなったりもします。

ストレスなど心理的要因にて身体や心の健康が乱れることが、前兆となっている可能性があります。ぎっくり腰を引き起こさないようにするのに大事なのは、身体や心の健康を保つことであると言えるでしょう。

実際になってしまった時でも、早く良くなるために、また、再発しないようにするために、身体や心を健康に保つことが非常に重要です。ぎっくり腰と思って放置していたら、別の病気が隠れていることもあります。

いつもと違う症状のとき、症状がなかなかよくならない時は病院を受診するようにしましょう。以上、ぎっくり腰に前兆はあるのか、あるならどんな症状という内容で解説させていただきました。参考にして頂けると幸いです。

▼こちらもあわせてご覧ください

ぎっくり腰の疑問?原因と予防!やって良いこと、悪いこと

No.059

監修:医師 坂本貞範

 

▼ 再生医療という新しい先端医療をご存知ですか
自分自身の、自然治癒力を活かしたこれまでになかった医療です 

 

イメージ画像トップ