トピックスtopics

ゴルフ肘経験がないのにゴルフ肘との診断の何故?

ゴルフ肘経験がないのにゴルフ肘との診断の何故?

はじめに

『肘に違和感があるな・・・』と思い、病院を受診した際に、ゴルフの経験がないのにも関わらず、診察の結果『ゴルフ肘』と言われることがあります。ゴルフの経験がないのに、そう言われると『自分はゴルフの経験がないのに、なぜ?』『診断が間違っているのでは?』などと考えてしまうかもしれません。

しかし、実際は、ゴルフ肘は、ゴルフをする人に限った病気ではなく、誰でも起こりうる病気なのです。この記事を読んで『この症状はゴルフ肘かも?』と思ったら、治療が手遅れになる前に、医療機関を受診し、医師に相談しましょう。

ゴルフ肘の治療

ゴルフ肘とは

通称、ゴルフ肘と呼ばれる病気は、正式名称は『上腕骨内側上顆炎』と言います。

『上腕骨』とは、肩から肘の間の骨のことで、『内側上顆』とは、肘の内側のことを言います。手のひらヘソの方向にむけた際に、同様にヘソの方向をむく肘の場所のことを言います。

その上腕骨の内側上顆にある筋肉や腱に炎症が起こった場合に発症するのが、「上腕骨内側上顆炎」つまり、「ゴルフ肘」です。ゴルフでクラブをスイングをした際、肘に痛みが出現することから、ゴルフ肘と呼ばれるようになったといいます。

ゴルフ肘で炎症が起こる内側上顆という場所に付いている筋肉は、手のひらを内側に向けて動かす動きや、物を握るような動きなど、腕のあらゆる動作に関わっています。そのような腕の動作を何度も繰り返し行ったり、使いすぎると、筋肉が引っ張られ、炎症を起こし、ゴルフ肘を発症すると言われています。

この病気ですが、ゴルフの他にもテニスに選手にも発症すると言われています。しかし、実際には、スポーツが原因の人は少ないと言われています。肘の関節を曲げたり、伸ばしたりする動作を繰り返したり、肘関節をたくさん使うような職業の方は誰でも起こりうる病気です。

さらに、仕事をしていない方でも、日常的に肘を酷使している場合、主婦などの一般人にも生じる病気なのです。

  • ・上腕骨:肩から肘の間の骨を指す
  • ・内側上顆:肘の内側のこと

ゴルフ肘の症状と診断

ゴルフ肘の症状は、肘の痛みですが、痛みは、日常生活の過ごし方によって、様々な形で出現します。ゴルフ以外のスポーツ、テニスであれば、ラケットのグリップを強く握った時や、強くラケットを振った場合に痛みを感じると言われています。

日常的に仕事で肘を使う人でしたら、例えば、重い物の積み下ろしを繰り返し行ったり、釘を打ったりする動作を繰り返す時に痛みを感じます。そのため、引っ越し業や大工さんにもよく発症すると言われています。

主婦の方は、料理で包丁を使う動作などの反復作業の中で症状が出現することもあります。ゴルフ肘は、いわゆる肘の使い過ぎによって起こる病気です。そのため、医師の診察でも、肘の曲げ伸ばしを日常的に繰り返ししているか聞かれ、診断の材料になります。

実際の診察現場では、手のひらを上に向けた状態で、テーブルの上に置き、医師が手首を押さえ、手首を上に向けてあげようよう指示をした際に、肘の内側が痛くなるような時に、ゴルフ肘が疑われます。

さらに、レントゲン検査で骨が変形していることや、超音波検査やM R I検査などの画像検査を行い、炎症を確認して総合的に診断が行われます。

ゴルフ肘の治療法

ゴルフ肘の治療法は、その重症の度合によって変わります。

ほとんどの場合で、肘の使い過ぎをやめ、安静を保てば痛みがひくことが多くあります。肘をなるべく使わないようにすあため、場合によっては装具や、テーピングなどを行い、肘の安静を保つようにします。

肘を使わないことで自然と炎症が治り、症状がよくなってくることが多くみられます。安静を保つことに加えてストレッチや、筋力トレーニングなどのリハビリを併用して行うこともあります。

痛みが酷い場合などは、薬物による治療も行われます。ステロイドと呼ばれる薬剤を傷んでいる場所に注射したり、痛み止めの薬を服用します。また炎症を抑える薬を飲んだりもして治療を行います。

しかし、治療が遅れたり、症状がよくならない、重症である場合は、手術という選択も行われます。誰もが手術をしたくないものですが酷くなると、腱が傷ついていたり、千切れていたりすることもあり、そうした場合は、手術が必要になります。

手術を行えば、ほとんどの場合、痛みは改善することが多いのですが、手術は、皮膚を切って開くことで傷ついた腱を修復します。当然、手術そのものには傷が感染するリスクもあります。また、少ないながら麻酔によるアレルギーや、副作用の出現もあり得ます。

同時に、手術を行った場合は入院での加療となり、仕事への影響や家族の負担が多少なりとも考えねばなりません。つまり、そうなる前、肘に違和感を感じたら積極的に医療機関に足を運びましょう。

それでも悪化して手術という場合に、手術を避ける方法があります。それは、再生医療という最新の治療法です。再生医療なら手術をせずに、入院も不要という新しい方法です。興味があれば以下のリンクから詳細を知ることができます。

筋・腱・靭帯損傷に対する再生医療
再生医療は、手術を避けて入院も不要な最新治療方法です

 

まとめ・ゴルフ肘経験がないのにゴルフ肘との診断の何故?

ゴルフ肘は、ゴルフを行わない人でも誰でも、起こりうる病気です。

早く治療すればすぐに良くなることが多く、手遅れにならないうちに治療を開始することが非常に大事です。治療が遅れると悪化し、結果として手術を選択しなければならないこともあるので油断は禁物です。

手術自体、症状の改善以外の部分、感染症のリスクなどもあり、手術後には痛みもあります。さらには昨今の新型コロナウイルスの関係で入院中は面会もできない病院が多く、入院は、辛い体験だったと感じる患者さんも少なくないといいます。

『自分はゴルフをしないから大丈夫だ』と考えず、肘に違和感を感じたら、スポーツ以外、仕事であっても我慢したりせず、手遅れになる前に病院等にて医師の診察を受けられることをお勧めします。

以上、ゴルフ肘経験がないのにゴルフ肘との診断の何故?について記させていただきました。参考にして頂ければ幸いです

 

No.066

監修:医師 坂本貞範

 

イメージ画像トップ