トピックスtopics
  • HOME
  • トピックス
  • 膝が痛い|朝寝起きや、歩きはじめの膝に痛みや違和感を感じたときの治療法 

膝が痛い|朝寝起きや、歩きはじめの膝に痛みや違和感を感じたときの治療法 

膝が痛い|朝寝起きや、歩きはじめの膝に痛みや、違和感を感じたときの治療法 

膝の痛みは、しばしば経験する症状です。膝は、座る・立つ・歩くといった日常動作に深く関わるため、症状が強くなると日常生活への影響はとても大きなものになります。膝の痛みを抱える方の中には、「朝寝起きに膝が痛い」「歩きはじめの膝に違和感を感じる」といった症状を経験する方もいるのではないでしょうか。

この記事では、そのような特徴的な症状を含む膝の痛みを生じる疾患と、その原因および治療法について解説します。なお、本記事では一般的な注意点について解説しておりますので、個別の事象については各自で判断せず医療機関に相談するようにしましょう。

膝の違和感を診断

朝の寝起きに膝が痛む、歩きはじめ膝に違和感を感じる

膝の痛みの中でも、このような症状は「関節リウマチ」と、「変形性膝関節症」などの疾患に特徴的と言われています。それでは、なぜこのような症状が起きるのでしょうか。

関節は骨と骨のつなぎ目ですが、そこにはクッションの役割を果たす「軟骨」と、潤滑油の役割を果たす「関節液」があります。関節リウマチや、変形性膝関節症といった疾患ではこの軟骨に障害が及んだり、関節液の量の調整がうまくいかなくなったりする結果、しばらく関節を動かさないと朝起きた時や、動き始めの時にこわばりや、痛みを感じることがあります。

関節を動かしてしばらく経つと、関節液の量が自然に調節されて症状が改善することがあります。ここからは、これらの主な原因となる関節リウマチと変形性膝関節症について解説していきます。

原因① 関節リウマチ

関節リウマチは膝を含む全身の関節に起こる炎症を特徴とする疾患で、その原因には不明なところが残っているものの、関節組織に対する自己免疫の関与が考えられています。

一般的には手足の指の関節から始まることが多く、左右対称制の症状、朝のこわばりなどの典型的な症状が知られています。自己免疫の関与が考えられている関節リウマチですが、関節外に目や血管に症状をきたすこともあります。

・関節リウマチの診断

関節リウマチの診断は、関節症状などの病歴だけでなく、レントゲン上での関節腔の狭小化などの所見、全身の炎症を反映した血液検査でのリウマチ因子・特殊抗体などを総合的に判断してなされます。

関節炎などの症状が出た場合は整形外科などへの受診をまずは考えますが、関節リウマチは膠原病内科やアレルギー内科などが専門となることがあります。適切な診療科も含めて、気になる症状がある場合はかかりつけまたは最寄りの医療機関に相談してみましょう。

・関節リウマチの治療

自己免疫の関与が考えられている関節リウマチの治療法は、消炎・鎮痛といった一般的な関節痛にも共通する治療だけでなく、過剰な自己免疫を制御する免疫調整薬の使用が必要になることがあります。

このような治療は専門家の詳細な評価を必要とする場合が多いため、かかりつけ医の意見をよく聞いて治療を進めるようにしましょう。

原因② 変形性膝関節症

変形性膝関節症は主に加齢により発症すると考えられており、膝関節の痛みやこわばり、関節可動域の制限などといった症状が認められます。変形性関節症は膝以外にも手足や脊椎に発症することもあります。

・変形性膝関節症の診断

典型的な症状や病歴があれば必ずしも画像などによる検索は必要ではないとされていますが、非典型的な症状を伴う場合には同様の症状をきたす別の疾患を想定して画像検査や血液検査を必要とすることがあります。

レントゲンでは関節腔の狭小化や骨棘などといった所見を認めることがありますが、血液検査では変形性膝関節症に特徴的な所見はないとされています。

・変形性膝関節症の治療

変形性膝関節症は基本的には加齢による変化であり、痛みの制御を目的とした治療が主眼となります。具体的には消炎・鎮痛薬の使用を症状に応じて行うことになります。しかし、加齢による変化そのものは不可逆性のため、消炎・鎮痛薬の使用で症状がコントロールできない場合などは人工関節置換術といった手術による治療を考慮することもあります。

> 変形性膝関節症を再生医療で治療する

 

関節リウマチと変形性膝関節症の違い

今回紹介した関節リウマチと変形性膝関節症は同じ膝関節の痛みを生じる疾患ですが、異なる特徴もあります。症状については、一般的には関節リウマチは関節を動かさないと症状が悪化するという特徴があるため、朝のこわばりが特徴になります。一方で変形性膝関節症は関節の疲労で症状が悪化するため、夜のこわばりが特徴と言われています。

また関節リウマチは全身の炎症を起こすため血液検査で異常が出ることがありますが、変形性膝関節症に特徴的な所見はないとされています。

まとめ・膝が痛い|朝寝起きや、歩きはじめの膝に痛みや、違和感を感じたときの治療法 

今回の記事では朝起きると膝が痛み、歩きはじめ膝に違和感を感じたときに想定される疾患である「関節リウマチ」と、「変形性膝関節症」について、その症状と治療法について解説しました。

この二つの疾患は類似点もありますが診断や治療など、大きく異なるものもあります。より詳しく知りたい場合は既に受診している、整形外科または、最寄りの医療機関に問い合わせることを推奨します。

以上、本記事が参考になれば幸いです。

 

No.067

監修:医師 坂本貞範

 

再生医療で膝の痛み、違和感を治療する
膝の痛み、違和感の新たな選択肢、再生医療の幹細胞治療とは

 

カテゴリ

人気記事ランキング

イメージ画像トップ