トピックスtopics
  • HOME
  • トピックス
  • グレープフルーツ以外にも要注意?高血圧薬と柑橘類の相互作用を解説 

グレープフルーツ以外にも要注意?高血圧薬と柑橘類の相互作用を解説 

グレープフルーツ以外にも要注意?高血圧薬と柑橘類の相互作用を解説 

高血圧の治療において薬は中心的な役割を果たしています。 

しかし、その効果は摂取する食品や飲み物によって大きく左右されることがあります。 

特に、グレープフルーツが薬の代謝に影響を与えることは広く知られていますが、他にも多くの食品が薬の効果に影響を及ぼす可能性があります。その中でも、今回は高血圧の薬との飲み合わせに注意したい『柑橘類』について、またその訳についても解説していきます。 

グレープフルーツ以外の柑橘類Citrus fruits

グレープフルーツと降圧薬を一緒にとってはいけない理由 

グレープフルーツと一部の薬を一緒に摂取することは避けるべきとされています。 

以下では、グレープフルーツの成分と高血圧の薬剤との相互作用のメカニズム、影響を受ける薬剤のタイプを交えながら解説します。 

相互作用の科学的背景 

グレープフルーツ及びグレープフルーツジュースに含まれる特定の化学成分(主にフラノクマリン類)が、人体内で薬物を分解する酵素(特にCYP3A4というシトクロムP450酵素)の働きを阻害します。 

この酵素は、薬物をより無害な形に分解し、体外へ排出するために重要です。グレープフルーツによるこの酵素の阻害は、薬物の体内での濃度を予期せず増加させることがあり、副作用のリスクを高めることがあります。

グレープフルーツで影響を受ける薬剤 

グレープフルーツが影響を及ぼす薬剤には、以下のようなものがあります。

  • 高血圧治療薬(例:カルシウムチャネル拮抗薬 フェロジピン 
  • コレステロール低下薬(例:スタチン類) 
  • 抗不安薬 
  • 免疫抑制剤 
  • 抗アレルギー薬 

これらの薬剤は、CYP3A4酵素によって代謝されるため、グレープフルーツやグレープフルーツジュースとの同時摂取は特に注意が必要です。 

注意点

グレープフルーツと一部の薬物との間には重要な相互作用が存在します。これは、薬の効果を不当に強化し、副作用のリスクを増大させるため、注意が必要です。健康を守るためにも、薬を服用している場合は、グレープフルーツジュースの摂取に関して医師や薬剤師と相談することが大切です。

グレープフルーツ以外にも注意すべき柑橘類

グレープフルーツ以外にも、高血圧治療薬と相互作用を起こしやすい柑橘類があります。

フラノクマリン類を含む柑橘類は、特定の薬剤、特に高血圧治療に用いられる拮抗薬との相互作用により、その薬剤の血中濃度を意図しないほど高めることが報告されています。 

さまざまな柑橘類に含まれるフラノクマリン類の量を調べた研究の結果が以下にあります。 (下表参照) 

この表での「DHB換算量」とは、簡単にいうと「フラノクマリン類の量がどれくらいか」ということになります。 

柑橘類に含まれるフラノクマリン類

引用) 酵素免疫測定法による食物・生薬中のフラノクマリン類含量のスクリーニング.医療薬学.2006;32(7):693-699. p696 

果汁と果皮でのフラノクマリン類含有量は異なります。 

果汁の場合

果汁ではスウィーティー、メロゴールド、バンペイユおよびレッドポメロがグレープフルーツと同程度の結果でした 

そして、フラノクマリンなどの量が増えるとCYP3A4の活性が阻害(働きが妨げられること)される強さの度合いはほぼ比例すると報告されています。 

そのため、スウィーティー、メロゴールド、バンペイユおよびレッドポメロはグレープフルーツと同様に、フラノクマリン類による相互作用に注意が必要であると考えられます。ダイダイ、ブンタン(ザボン)についてはやや少ないですが、これらも注意が必要です。 

なお、スウィーティーとレッドポメロはすでに生物の体内でもグレープフルーツと同様にCYP3A4の働きを妨げることが報告されていますが、メロゴールドについてはまだ報告されていないとされています。

果皮の場合

また、果皮についてはメロゴールドとスウィーティー、甘夏みかんおよびサワーポメロがグレープフルーツに近い結果でした。さらに、フラノクマリン類は、ほとんどの柑橘類で、果汁よりも果皮の方に数十倍から数千倍多く含まれていることがわかりました。

相互作用の心配が少ない柑橘類

一方で、レモンや日向夏、ネーブルオレンジ、スウィートオレンジ、温州みかん、ポンカン、イヨカン、デコポン、ゆず、カボス、すだち、キンカン、バレンシアオレンジといった柑橘類については、少なくとも果汁にフラノクマリンはほぼ含まれていない(N.D.:未検出)ので、CYP3A4との相互作用の心配は少ないのではないかと考えられます。 

柑橘類と降圧薬の相互作用

血圧を下げる作用を持つ薬剤(降圧薬)の一群として、カルシウムチャネル拮抗薬という種類の薬があります。

なお、その他の降圧薬としては、アンギオテンシン受容体拮抗薬(ARBs)や、α遮断薬、β遮断薬、利尿薬などがあります。

  • ・カルシウムチャネル拮抗薬
  • ・アンギオテンシン受容体拮抗薬(ARBs)
  • ・α遮断薬
  • ・β遮断薬
  • ・利尿薬

カルシウムチャネル拮抗薬は、血管を拡張させることで血圧を下げる働きをします。 

しかし、グレープフルーツなどに含まれるフラノクマリン類との相互作用により、これら薬剤の効果が強まり、低血圧やめまい、倦怠感などの副作用を引き起こすリスクが高まる可能性があります。

グレープフルーツとカルシウム拮抗薬の関係 

例として、グレープフルーツにより相互作用を受ける主な薬物についてご紹介します。

  • ・カルシウム拮抗薬(フェロジピン) 

高齢者で収縮期血圧、拡張期血圧が低下、心拍数がわずかに上昇 

  • ・カルシウム拮抗薬(二ソルジピン) 

収縮期血圧、拡張期血圧が低下、頭痛 

柑橘類をとる際の注意点 

先ほど述べたように、柑橘類の果汁よりも「果皮」にフラノクマリンが多く含まれていることが分かっています。そのため、果皮の果物漬けや、マーマレードなどの加工食品を食べる際には、十分な注意が必要になると考えられます。

ただし、グレープフルーツ由来のフラノクマリンなどの成分は小腸のCYP3A4に数日間影響を与えます。 

そのため、降圧薬を飲む場合には、グレープフルーツジュースで薬を飲むことを避けるだけでは不十分と考えられます。日常生活の中で、グレープフルーツジュースだけでなく、果汁やサワー、マーマレードなどの加工食品を摂取するのは避けた方が良いでしょう。 ミックスフルーツジュースを飲む際も、グレープフルーツが含まれているかどうかを確認する必要があります。 

レモンやオレンジ、みかんは問題ないでしょう。

それでもグレープフルーツジュースが飲みたいとき 

ここまで述べてきたように、CYP3A4で代謝される薬物と、グレープフルーツが相互作用を起こします。ただし、もともとCYP3A4による薬の代謝能ならびにグレープフルーツの影響にはかなりの個人差があるということがわかっています。 

そのため、グレープフルーツと薬物との相互作用がほぼ認められない人もいますし、かなり影響が出る人もいます。 

そのため、薬とグレープフルーツジュースの飲み合わせについては、専門家と相談し、ご自身の健康をよく観察しながら対応することが大切だと考えられます。

代替となる安全な飲み物や食品

グレープフルーツや特定の柑橘類が持つ特定の薬剤との相互作用は、高血圧治療薬を含むさまざまな薬の効果に影響を及ぼす可能性があります。 

しかし、柑橘類にはビタミンCをはじめとする、健康的な食生活にとって大切な食品であるという側面もあります。 

そこで、柑橘類のように高血圧の薬との相互作用を避けるため、他のビタミンCが豊富な食品への代替が推奨されます。 

ビタミンCは抗酸化作用を持ち、免疫機能のサポートやコラーゲンの生成に必要な栄養素です。 

おすすめの代替食品

キウイ:キウイはビタミンCが豊富であり、1個のキウイで1日のビタミンC推奨量のほぼ100%を提供します。また、抗酸化物質、食物繊維、ビタミンKも豊富に含まれています。 

赤ピーマン: 野菜の中でも特にビタミンCが豊富で、グレープフルーツや柑橘類を避ける必要がある人にとって優れた選択肢です。サラダや料理の彩りも良くしてくれ、栄養も豊富なためおすすめです。 

医師と薬剤師からのアドバイスを参考に判断しよう 

薬剤師や医師は、高血圧薬との飲み合わせに関する専門的な知識を持っています。 

薬を服用中の患者は、新しい食品やサプリメントを摂取する前に必ず医療の専門家に相談しましょう。 

例えば、主治医である血圧の診療に長けている医師や、治療薬に精通した薬剤師などは、自分の状況に合ったアドバイスをくれるでしょう。 

高血圧の治療中に、自己判断で、新しいサプリメントなどを飲み始めることはあまり勧められません。 

摂取すべきでない食品や飲み物、サプリメントを避けることで、高血圧の治療効果を最大限に引き出し、副作用のリスクを最小化できるでしょう。 

まとめ・グレープフルーツ以外にも柑橘類には要注意 

今回の記事では、グレープフルーツやそれ以外の柑橘類と薬の相互作用について解説しました。 

こうした知識は、安全な医薬品の使用と健康管理のためにとても重要です。 

日々の生活の中で、この情報を念頭に置き、安全に食品と薬を併用できるようにしましょう。 

この記事を通じて、高血圧治療薬を服用中の方々が、より安全に、効果的に治療を続けられるよう、日々の食生活における注意点について理解を深めることができれば幸いです。 

 

No.4
監修:医師 渡久地 政尚

参考文献 

Bailey, D. G., Malcolm, J., Arnold, O., & Spence, J. D. (1998). Grapefruit juice-drug interactions. British Journal of Clinical Pharmacology, 46(2), 101-110. 
酵素免疫測定法による食物・生薬中のフラノクマリン類含量のスクリーニング.医療薬学.2006;32(7):693-699. p696 
3.高血圧 | 薬事情報センター | 一般社団法人 愛知県薬剤師会 
グレープフルーツと薬物の相互作用 – 「 健康食品 」の安全性・有効性情報 国立研究開発法人 医薬基盤・健康・栄養研究所 
健康豆知識(果物ジュースと薬の飲み合わせ)公益社団法人日本薬学会 
Chambial S, Dwivedi S, Shukla KK, John PJ, Sharma P. Vitamin C in disease prevention and cure: an overview. Indian J Clin Biochem. 2013 Oct;28(4):314-28. 

カテゴリ

人気記事ランキング

イメージ画像トップ