トピックスtopics
  • HOME
  • トピックス
  • 頚椎椎間板ヘルニアの症状レベル、軽度から重度まで医師が解説!

頚椎椎間板ヘルニアの症状レベル、軽度から重度まで医師が解説!

頚椎椎間板ヘルニアの症状レベル、軽度から重度まで医師が解説!

頚椎椎間板ヘルニアの症状は、首の痛み、手のしびれ、歩行障害、排尿障害など患者さんにより様々です。

どうして「くびの病気」が様々な症状をきたすのでしょうか?また、どのような症状が出たら注意すべきなのでしょうか。

本記事では頚椎椎間板ヘルニアの症状について、分類や進行するとどうなるかを解説していきます。

頚椎椎間板ヘルニア レベル

頚椎椎間板ヘルニアの症状とは

頚椎椎間板ヘルニアは、頚椎の間のクッションである椎間板が本来あるべきところから逸脱して起こる疾患です。

頚椎のすぐ後ろには太い神経の束である「脊髄」が走っています。また、脊髄は背骨(椎体)の間から体の各部位に向かって神経線維を伸ばしています。

頚椎椎間板ヘルニアが起こると、最初に生じるのは頚部の痛みです。椎間板の逸脱が脊髄の周囲に及ぶと、脊髄やそこから伸びる神経への圧迫も出現します。すると、色々な神経症状が出現するのです。

頚椎椎間板ヘルニアの分類と神経症状について

頚椎椎間板ヘルニアは椎間板組織の逸脱の仕方により、外側型、正中型、傍正中型の3タイプに分けられます。

外側型

ヘルニアが背中の外側に飛び出すタイプです。主に神経根と呼ばれる脊髄から伸びる神経の付け根を圧迫する可能性があります。

正中型

ヘルニアが背中のちょうど真ん中に逸脱するタイプです。主に脊髄の圧迫が起こります。

傍正中型

正中型と外側型の中間です。

このように逸脱の仕方で、神経のどの部分に障害が起こりやすいかが変わるのです。圧迫される部分に応じて「神経根症」あるいは「脊髄症」のいずれか、もしくは両者が混在して認められます。

頚椎椎間板ヘルニアで起こる神経根症と脊髄症

ここからは、神経根症と脊髄症のそれぞれの症状について解説します。

神経根症とは

神経根症はヘルニアが椎間孔から伸びる神経の根本(神経根)を圧迫することで起こります。主に外側型や傍正中型で認められる神経症状です。

椎間孔とは脊髄から神経が出てくる孔です。上下の椎体の後ろの切れ込みから形成され、ちょうど椎間板の後方に左右それぞれ1つずつあります。

頚椎の左右にある椎間孔から出るのは、頸・肩・腕などの運動や感覚を担う神経です。ヘルニアにより左右どちらかの神経根が圧迫されると、圧迫された側の頸・肩・腕に痛みやしびれなどの症状が起こります。体の片側だけに認めるのが特徴です。

重症化するとどうなる?

最初の症状は圧迫を受けている神経の支配領域の「ビリッ」と走るような痛みです。

進行すると、感覚障害や筋力低下も出現します。腕が上がらなくなったり、箸が持てなくなったりと、日常生活に支障をきたしかねません。

脊髄症とは

椎間板の組織が脊髄の通る場所(脊柱管)に逸脱することで起こる症状です。主に正中型や傍正中型で認められます。

脊髄そのものが圧迫され、感覚障害や筋力の低下を起こします。圧迫のされ方にもよりますが、両側性に症状を認めることが多いです。

上肢、特に手指のしびれや使いづらさが最初に起こることが多いです。

重症化するとどうなる?

進行すると、下肢にも症状が出現し、歩行障害を認めます。脊髄の圧迫による歩行障害では足をつっぱって引きずり歩く「痙性歩行(けいせいほこう)」となることが特徴です。

さらに進むと、排尿機能の障害も認めることがあります。頻尿や残尿感、尿失禁などが起こります。

重症度の評価について

頚椎椎間板ヘルニアの症状の出方は患者さんごとに異なります。

そのため、起こりうる症状の重症度を組み合わせて評価していきます。評価方法によっても注目するポイントが少しずつ違いますが、例えば次のような症状が評価対象です。

痛みやしびれの強さ

患者さんの主観的な痛みの強さを評価します。また痛みやしびれにより日常生活にどの程度支障があるかも重要な評価ポイントです。

頚椎の動き

日常生活の様々な動きの中で首を上下する運動ができるかを評価します。進行するとコップの水を飲めなくなったり、階段昇降の際に上下を見ることが難しくなったりします。

上肢の運動機能

腕の動きや、手・手指を使った動きがどうかということです。例えば食事の時に箸やスプーンを使えるか、ボタンをとめられるかなどをみていきます。

下肢の運動機能

主に注目するのは「歩行」です。また、階段の上り下りができるか、足踏みができるかなども評価します。

上肢・下肢・体幹部の知覚:それぞれの部位に感覚の麻痺あるいはしびれる感じがあるかをみていきます。

排尿障害

夜間を中心とした排尿の回数・残尿感・排尿がスムーズにできるか・尿失禁がないかなどがポイントです。

様々な種類の症状が起こったり、少ない数の障害であっても進行して生活に支障をきたしたりすると、より重症と考えられます。

首の痛みは手術しなくても治療できる時代です。

  • sbtn 13sbtn 13 sp
  • sbtn 00sbtn 00 sp

 

頚椎椎間板ヘルニアでよくある質問

Q.どのような場合に手術を考えるのか

日常生活に差し障る障害がある場合は手術を行います。例えば、手指がうまく使えずに食事ができない・歩けない・尿失禁があるなどです。最初は麻痺症状がなくても、経過中に運動麻痺が進行していくようであれば手術になります。

痛みやしびれが症状の中心であれば最初の治療は保存療法です。しかし、保存療法を続けても良くならず、痛みが耐え難いようであれば手術が検討されることもあります。

Q.頚椎椎間板ヘルニアで気を付けるべきことは何?

可能な限り、首は動かさずに安静にしてください。特に後屈(首を後ろに反らすこと)は神経症状の悪化につながるリスクがあるため避けましょう。人によっては頚椎カラー(頸の装具)を着けることもあります。

また、外傷が加わると一気に症状が増悪し、麻痺などを起こすこともあります。転倒に注意してください。

Q.マッサージや整体などを受けていいですか?

積極的におすすめすることはできません。

少なくとも脊髄症の症状に対しては、マッサージや整体、カイロプラクティックなどが有効であるという証拠は示されていません。またやり方によっては神経症状を悪化させてしまうリスクもあります。

まとめ・頚椎椎間板ヘルニアの症状レベル、軽度から重度まで医師が解説!

頚椎椎間板ヘルニアの症状レベルについて解説してきました。

頚椎椎間板ヘルニアは神経根症状と脊髄症が混在するため、患者さんによって症状が異なります。同じ「重症」でも、非常に強い痛み・手の動かしづらさ・麻痺・排尿障害など起こることは様々です。

ご自身の症状がどのタイプなのか、進行するとどうなるかを踏まえた上で、治療についてしっかりと主治医と相談をしてください

 

No.S158

監修:医師 加藤 秀一

参考文献

安田宗義. Spinal Surgery 28(3), 246-251, 2014.

高山柄哲. ブレインナーシング 27(4): 344-347, 2011.

和田英路, 米延策雄. MB Orthopaedics 27(2): 11-17, 2014.

山崎正志. 臨牀と研究. 97(7): 790-796, 2020.

平井高志. 整形外科看護. 24(8): 755-762, 2019.

樋口 大輔, 新谷 和文, 内山 靖. 理学療法科学. 22(4):533–539,2007.

鎌田修博. 整形外科看護. 12(9): 856-858, 2007.

カテゴリ

人気記事ランキング

イメージ画像トップ