トピックスtopics
  • HOME
  • トピックス
  • 肝臓に血管腫疑い!?その時どうすべき?内科医が解説 

肝臓に血管腫疑い!?その時どうすべき?内科医が解説 

肝臓に血管腫疑い!?その時どうすべき?内科医が解説 

人間ドックなどの検査で急に「肝血管腫疑い」と言われたら、不安になりますよね。

肝血管腫とは、肝臓で異常増殖した細い血管が絡み合い、塊になったことでできる良性腫瘍です。基本的には消化器内科で診てもらう病態になります。

無症状かつ小さな病変であれば基本的に治療は不要ですが、定期的な検査が推奨されており、万が一有症状になった場合には治療の検討も必要です。

この記事では、皆さんが肝血管腫について正しい知識を得られるよう解説していきます。

肝血管腫

肝血管腫とは?

先にも述べましたが、肝血管腫とは、肝臓で異常増殖した細い血管が絡み合い、塊になったことでできる良性の腫瘍です。肝臓は元々血管が多い臓器のため、血管腫ができやすいとされています。

肝血管腫は、「海綿状血管腫」と「血管内皮種」の2種に大きく分けられますが、ほとんどの症例は前者と診断され、そして臨床上問題を生じるのもほとんど前者となっています。

基本的には無症状のため、昔は剖検で見つかることが多かったのですが、近年の画像診断技術の発展に伴い、他の病気を探すための検査や人間ドックなどで偶然発見されることが多くなりました。基本的には消化器内科で診てもらう病態です。

成人の発生頻度は5%程度とされ、一般的には男性に比べて女性にやや多いと言われています。

肝血管腫の原因やリスク因子

肝血管腫が形成される原因は明らかになっていませんが、先天的な要素が大きいと考えられています。

乳児期に肝血管腫が生じる場合もありますが、通常は自然に消失していきます。

成人になって肝血管腫が発見された女性患者の調査報告では、女性ホルモン補充療法を施行した女性において肝血管腫の増大が見られ、結果として女性ホルモンとの関連が示唆されました。

女性ホルモンが実際にどのように肝血管腫に影響を及ぼしているのかまでは未だはっきりと解明されていませんが、妊娠や女性ホルモン療法は肝血管腫増大のリスクになり得ると考えられています。

ピルの服用が肝血管腫を増大させるかに関してとある研究がなされましたが、そちらでは有意に増大させないとの結果でした。ただし、ピルの長期服用は肝機能障害や肝腫瘍のリスクを上昇させる上、ピルと肝血管腫増大の関連を考える報告があるのも事実です。

肝血管腫の症状

多くの場合は無症状で、特徴的な症状はありません。

腫瘍が大きくなってくると徐々に周囲の臓器を圧迫し、結果として不快感や腹痛、右上腹部の膨満感、嘔気・嘔吐などが引き起こされます。

他の関連症状としては、頻度は少ないものの、発熱や黄疸(皮膚や白眼の黄染)、呼吸困難、心不全なども確認されています。

  • ・不快感や腹痛
  • ・右上腹部の膨満感
  • ・嘔気、嘔吐
  • ・発熱
  • ・黄疸(皮膚や白眼の黄染)
  • ・呼吸困難
  • ・心不全

また、稀ではありますが、巨大血管腫を生じるカサバッハ・メリット症候群という病態があり、出血や多臓器不全で命に関わることがあります。カサバッハ・メリット症候群は基本出生児、あるいは幼少時期に巨大血管腫を生じるものですが、成人になって発症する例もあります。

上記のような症状を認めた際にはすぐに医師の診察を受けましょう。

肝血管腫の診断

無症状のうちは通常血液検査での異常も見られないため、画像的診断が行われます。

主な検査方法として、以下のものが挙げられます。

超音波(エコー)検査

超音波検査とは、体に超音波の出る機械を当て、それぞれの臓器から跳ね返ってきた超音波を画像化する検査です。

腹部超音波検査ではお腹をグッと押される感覚はありますが、被曝や痛みはありません。

低侵襲な検査で肝血管腫を発見するという点では優れますが、肝細胞癌や肝臓への転移癌との鑑別がしにくいという欠点があります。

その場合、造影超音波検査を用いることも可能ですが、患者さんの体格や術者の技量によって左右されてしまうため、通常はCT検査やMRI検査の画像と合わせて総合的に判断されています。

CT(造影コンピュータ断層撮影)検査

CT検査は、ベッドの上に上向きに寝た状態でトンネル状の装置に入り、X線の吸収率の違いを利用して体の断面を画像化する検査法です。

造影剤を使用しない単純CTでは肝血管腫の検出率は低いですが、造影剤を使用した造影CTであれば格段に検出率が上がります。

肝血管腫は他の肝臓癌と比べて血流の流れが遅いため、造影剤を使用すると全体がゆっくり染まるのです。

ただし、過去にアレルギーが出た人や糖尿病薬を服用している人、腎機能障害のある人、授乳中の人などは造影剤を使用する際に注意が必要となります。

該当される方は医師と注意事項に関してご確認ください。

CT検査は断面像が見られるので腫瘍の詳細を知ることができますが、被曝の問題や肝血管腫においては造影剤を使用しなければならない点が欠点となります。

MRI(磁気共鳴画像)検査

MRI検査とは、強力な磁場が発生したトンネル状の機械に入り、ラジオ波を体に当てることで様々な角度から断面像を作り出す検査です。

超音波検査やCT検査同様、必要時には造影剤も使用できます。

造影を含めたMRI検査が肝血管腫の確定診断において最も有用であると言われています。

こちらは被曝の心配なく腫瘍の詳細を知るのに適していますが、狭いトンネルの中に入る必要があるので狭所恐怖症の人には不向きな上、超音波検査やCT検査と比べてコストが高くなるのが難点です。

また、病院にもよりますが他の検査と比較して予約が取りにくいかもしれません。

肝血管腫の治療法や増大予防

治療方針を決定する際に重要なのが以下の点になります。

  • ・自覚症状
  • ・血管腫の増大傾向
  • ・血管腫が原因の合併症

小さな病変かつ無症状であれば、基本的に経過観察のみと考えて良いでしょう。

大きくても増大傾向がなく、かつ無症状であれば経過観察可能と判断される可能性が高いと思われます。

自覚症状があり、かつ大きい肝血管腫を指摘されている場合は、それ以上大きくならないよう、女性ホルモン補充療法やピルの中断が推奨されています。

妊娠に関しては判断が難しいところで、大きな血管腫が発見された場合には妊娠を勧めるべきでないと主張する報告もある一方で、巨大血管腫がありながらも合併症を生じることなく妊娠継続ができたとの報告もあります。

巨大血管腫があるために産婦人科領域の治療について相談したい方や妊娠をご希望の場合には、産婦人科の医師に加え、消化器内科や消化器外科の医師ともよく話し合いましょう。

治療の際には、消化器内科の医師より消化器外科や放射線科の医師へ紹介され、共に適切な治療を検討していきます。

稀ですが、次のような条件下では手術療法やカテーテル治療などの積極的治療が必要とされます。

  • ・カサバッハ・メリット症候群
  • ・血管腫の急速な増大
  • ・血管腫の増大とともに症状の増悪
  • ・血管腫が原因となった合併症が中等度以上
  • ・血管腫の破裂

カテーテル治療とは、血管内より血管腫に栄養を送る動脈へアクセスし、挿入した細い管を使って動脈を塞ぐ“肝動脈塞栓術”が施行されます。

肝動脈塞栓術は手術療法と異なり、根本的治療には至らず、多くの場合腫瘍の縮小はみられませんが、症状改善には有効とされています。

また、前段階として一旦肝動脈塞栓術を施行し、全身状態を改善してから手術に臨む症例もあります。

手術療法に関しては、腫瘍が肝臓から引き剥がせると判断された場合は“腫瘍摘出術”が選択され、それが難しい場合には腫瘍を肝臓の一部とともに取り除く“肝切除術”となります。破裂による緊急手術を除いて、手術成績は良好と報告されています。

何らかの理由で上記の治療が行えないと判断された場合には、放射線治療やステロイド治療も考慮されます。どちらも副作用があるため、患者に合わせて放射線量やステロイド量を適切に調整する必要があります。

2024年現在は血管腫を薬で治す研究も進められており、今後新しい治療法が出てくるかもしれません。

肝血管腫の診断が出たら気をつけるべきことは?

肝血管腫と診断された場合、やはり一番気になるのはサイズの変化です。

ある研究において、平均12ヶ月の経過観察を行なった結果を調べたところ、ほとんどの症例でサイズの変化がなかったものの、少数ながら増大する症例もあったのです。肝血管腫は10cmを超えると破裂のリスクが高まり、そして破裂した場合には命に関わります。

お近くのクリニックや内科での定期検査はぜひ行なってください。そしてもし気になるような症状や異変を感じた場合には、すぐ診療してもらいましょう。

無症状であれば、日常生活は基本的に普段通りで構いません。しかし、稀ではあるものの、スポーツの最中にボールが腹部に当たって肝血管腫が破裂した例や、歩行中に足を滑らせて転落した際に肝血管腫が破裂したなどの症例報告はあります。

外傷性破裂を防ぐため、高いところからの転落や腹部に強い衝撃が当たるようなリスクは避けるのが望ましいかと思われます。

まとめ・肝血管腫は定期的な検査を心掛けましょう

当記事の内容で肝血管腫に関する知識は十分得られましたでしょうか?肝血管腫は良性腫瘍であり、基本的には怖い病気ではありません。小さく、無症状なうちは治療も不要です。

しかし、大きくなってくると色々な症状を招くほか、破裂の危険が出てきます。自分の身を守るためにも、定期的な検査を心掛けましょう。

この記事がご参考になれば幸いです。

 

No.8
監修:医師 渡久地 政尚

参考文献

松井昭義, 小野寺博義ほか. がん・生活習慣病検診における肝血管腫の検出状況について. 人間ドック.2007;22:35-39.

Glinkova V, Shevah O, et al. Hepatic haemangiomas: possible association with female sex hormones. Gut. 2004;53:1352-1355. 

Ozakyol A, Kebapci M. Enhanced growth of hepatic hemangiomatosis in two adults after postmenopausal estrogen replacement therapy. Tohoku J Exp Med. 2006;210:257-261. 

Gemer O, Moscovici O, et al. Oral contraceptives and liver hemangioma: a case-control study. Acta Obstet Gynecol Scand. 2004;83:1199-1201. 

Mathieu D, Zafrani ES, et al. Association of focal nodular hyperplasia and hepatic hemangioma. Gastroenterology. 1989; 97: 154–7. 

Mikami T, Hirata K, et al. Hemobilia caused by a giant benign hemangioma of the liver: report of a case. Surg Today. 1998;28:948–952. 

Huang SA, Tu HM, et al. Severe hypothyroidism caused by type 3 iodothyronine deiodinase in infantile hemangiomas. N Engl J Med. 2000;343:185-189. 

Liu X, Yang Z, et al. Fever of Unknown Origin Caused by Giant Hepatic Hemangioma. J Gastrointest Surg. 2018;22:366-367. 

Smith AA, Nelson M. High-Output Heart Failure from a Hepatic Hemangioma With Exertion-Induced Hypoxia. Am J Cardiol. 2016;117:157–158. 

Brancatelli G, Federle MP, et al. Hemangioma in the cirrhotic liver: diagnosis and natural history. Radiology. 2001;219:69-74. 

Ashida C, Fishman EK, et al. Computed tomography of hepatic cavernous hemangioma. J Comput Assist Tomogr. 1987;11:455-60. 

Malaguarnera M, Ettore G, et al. Cavernous haemangioma of the liver and pregnancy. Lancet. 1996; 347:772. 

Marques R, Taborda F, et al. Successful outcome in a pregnancy complicated by large hepatic hemangioma. Acta Obstet Gynecol Scand. 1997; 76:606-607. 

Belli L, De Carlis L, et al. Surgical treatment of symptomatic giant hemangiomas of the liver. Surg Gynecol Obstet. 1992;174:474-8. 

Ozden I, Emre A, et al. Long-term results of surgery for liver hemangiomas. Arch Surg. 2000;135:978-81.

Kayaoglu HA, Hazinedaroglu S, et al. Surgical treatment of symptomatic cavernous hemangiomas of the liver. Acta Chir Belg. 2004;104:172-4. 

Demircan O, Demiryurek H, et al. Surgical approach to symptomatic giant cavernous hemangioma of the liver. Hepatogastroenterology. 2005;52:183-6. 

Tait N, Richardson AJ, et al. Hepatic cavernous hemangioma:a 10 year review. Aust N Z J Surg. 1992;62:521-4. 

井田勝也,神谷隆,ほか. 鈍的外傷により破裂した肝血管腫の1例. 日臨外医会誌1996;57:155-158. 

中山雄介,田村淳ほか. TAEと待機的腫瘍切除術で治療した外傷性肝血管腫破裂の1例.日臨外会誌2010;71:2687- 

 

カテゴリ

人気記事ランキング

イメージ画像トップ