トピックスtopics
  • HOME
  • トピックス
  • 変形性膝関節症のステージ分類を紹介(Kellgren-Lawrence分類・進行分類)

変形性膝関節症のステージ分類を紹介(Kellgren-Lawrence分類・進行分類)

膝 レントゲン

変形性膝関節症と診断されたけど、「どれくらい進行しているのだろうか?」そんなお悩みありませんか?
膝に痛みや変形をもたらし、日常生活に多大なる影響を及ぼす病気が変形性膝関節症です。

進行すると手術の適応となるのですが、その進行度合いは画像診断や、患者様の自覚症状から見極められます。今回は変形性膝関節症のステージ分類と、自覚症状による分類を紹介します。

変形性膝関節症のステージ分類

変形性膝関節症は、X線検査(x-ray)にて診断されます。撮影には寝転んだ状態で正面・側面から撮影する方法(非荷重位)と、立って撮影する方法(荷重位)があります。寝転んだ状態では、関節の隙間が広がり、正確に隙間を見ることができないため、立位で撮影することが大事です。

X線により白く映し出された大腿骨と脛骨の末端に注視し、膝の状態を確認します。特に大腿骨と脛骨の隙間・O脚やX脚・骨棘(異常に突出した骨)が形成されているかどうかです。これらを元に、Kellgren-Lawrence(ケルグレンローレンス)分類のグレード0〜4のいずれかに分けされ、変形性膝関節症の進行度合いが決まります。

Kellgren-Lawrence分類

グレード0

大腿骨と脛骨の関節の隙間が十分にある正常な状態です。

グレード1

骨棘のほか、関節液が骨に侵入・溶解され骨に穴が空く骨のう胞、度重なる骨への負担から骨が異常に固くなる骨の硬化がみられます。

グレード2

関節の隙間が狭くなりますが、正常の2分の1以上の隙間が残っています。

グレード3

関節の隙間がさらに狭くなり、正常の2分の1以下になります。

グレード4

関節の隙間が消え、大腿骨が内側に傾くなど大腿骨と脛骨のズレが見られます。また明らかな骨棘の形成が見られます。

膝 K-L分類

ただX線検査は、骨の状態や隙間を確認することには長けていますが、靭帯や軟骨などの軟部組織はハッキリと映し出されません。靭帯や軟骨を確認するには、明暗がハッキリわかるMRI(Magnetic Resonance Imaging)が使われます。

このように変形性膝関節症はX線にて診断され、画像を元に分類分けされます。次に自覚症状などから分けられる4つの分類を紹介します。

変形性膝関節症の進行に伴った自覚症状

変形性膝関節症の自覚症状は「前期」「初期」「中期」「末期」と進行していきます。

前期

痛みは感じず、健康な状態です。軟骨変性といい関節軟骨に劣化や傷みが起こることがありますが、外部から確認はできません。ここから長い年月をかけて関節軟骨の弾力が少しずつ衰え、病気は進行します。

初期

この頃から軟骨が擦り減り始めます。しかしX線では膝関節に変形はほとんどなく、主な症状は、膝の動かしにくさ・こわばり・違和感です。軟骨変性が進むと、関節軟骨のクッション機能が失われていき、一箇所に負担がかかることで骨硬化が見られます。また滑膜が炎症を起こし、激しい痛みを感じることがあるのも初期の特徴です。

中期

いよいよ膝関節の変形が始まるのが中期です。初期の炎症が落ち着き、痛みは軽減されます。しかし痛みは慢性化し、日常生活動作に影響が出始めます。特に階段の昇降や、正座や立ち上がりなど、膝の曲げ伸ばしに関する動作に支障が出ます。動くたびに痛みを感じるので、痛みを庇うことで膝周囲の筋肉や靭帯を動かす機会が減ります。膝関節の動きが固くなり、制限がかかる状態を関節拘縮と言います。

末期

変形はさらに進行し、軟骨がほとんど擦り切れた状態です。大腿骨と脛骨が直接ぶつかることから、立つ・座る・歩くといった生活の基本の動作がまともにできなくなる程、膝が動かなくなります。滑膜の炎症が治り、痛みが軽減する人もいますが、基本的にはじっとしていても痛みを感じ、杖や手すりなど、何かを頼りにしないと歩くのも難しくなります。

 

ここまで単純X線写真で判断するグレードと、自覚症状などから判断する「前期」「初期」「中期」「末期」の4つの分類を紹介しました。しかし前項で紹介したX線検査でのKellgren-Lawrence分類が進行していたとしても、自覚症状が一致するとは限りません。自覚症状があまり強くない場合や、その逆の場合もあります。

まとめ

いかがでしたか?変形性膝関節症の画像診断と自覚症状における分類をご紹介しました。両者の進行度合いが一致するとは限らないことから、膝に痛みがないからと安心してはいけません。膝に違和感を覚えた時点で早期受診・発見することが、変形性膝関節症の治療の幅を広げ、進行を遅らせることができます。

また変形性膝関節症の基本的な治療は「運動療法」になります。膝周囲の筋肉を鍛え、膝への負担を軽減させることで、進行を遅らせることができるからです。たとえ手術の適応となった場合でも、術後も運動療法を継続することが大事です。運動療法により膝の可動域を維持することで、その先の人生をいかに支障なく過ごせるかに関わってきます。

 

No.0023

監修:院長 坂本貞範

関節の痛みは手術しないで
再生医療で治す時代です。

注射が効かなくなった、手術しかないと言われた、こんなお悩みの方はお問い合わせください。

トップ