トピックスtopics

変形性膝関節症の装具療法とその種類について

「膝の痛みを緩和してくれる装具を探している」そんなあなたに書いています。

変形性膝関節症は、膝のクッションの役割を担う関節軟骨のすり減りを起因とし、膝に痛みを感じる疾患です。進行すると関節が変形したり、安静時にも痛みを感じたりすることから、日常生活だけでなく、健康寿命まで脅かす存在であります。

そんな変形性膝関節症の治療は大きく外科的療法と保存的療法の2つに分けられます。外科的療法では、関節鏡視下手術・骨切り術・人工関節置換術があります。保存的療法には運動療法・薬物療法・物理療法、そして膝や足底に装具をつけることで、痛みの緩和を目的とする装具療法があります。

この記事では、変形性膝関節症による膝の痛みでお悩みの方へ、装具療法とその種類について解説します。膝の痛みの緩和のために、どの装具にしようか迷われている方はぜひご覧ください。

変形性膝関節症に対する装具療法の種類

変形性膝関節症に対する装具は、サポーターとインソールがあります。

サポーター

膝の装具

サポータを装着することで、不安定になった関節を安定させます。変形性膝関節症では膝を安定させる大腿四頭筋をはじめ、膝周囲の筋肉が弱まることで不安定な膝になります。不安定な膝に対して不規則な負担が繰り返されると、軟骨がすり減り痛みにつながるのですが、サポーターで膝の安定性を高め、痛みを減らします。

ただしサポーターに頼りっぱなしはオススメしません。サポーターはあくまで筋肉の代わりをする補助的な役割なため、痛みがないのにも関わらずサポーターを常に装着していては、かえって膝の筋力が低下します。

サポーターは、薬局に置いてあるような市販のサポーターから、健康保険を適応して医療機関でも入手できます。市販のものは膝を一周覆うような簡易的なものが特徴で、医療機関では膝の両側、または片側に支柱が付いているものが特徴です。

支柱タイプのサポーターは簡易的なものと比べ高価なものが多いですが、市販のものと比べ安定感は強いです。支柱は金属やプラスティックでできており、荷重の偏りを減らすほか、太ももから膝下までの範囲をサポートしてくれます。

最近だと、支柱タイプのサポーターでもインターネットで入手できますが、自分に合っているとは限りません。膝の変形が強いほど、支柱にかかる負担も大きくなり、時に支柱が膝に当たり、皮膚にすり傷ができることがあることから、医師の相談の上、あなたの膝に合ったサポーターを購入しましょう。

インソール

インソール矯正用

膝内側への負荷を減らすインソールは、別名ラテラルウェッジ(外側くさび状)型足底板と呼ばれます。

下肢に体重がかかるラインを荷重線またはミクリッツ線(大腿骨頭と足関節の中心を結んだライン)といい、通常であれば膝の中央を通ります。しかしO脚(内返膝)になると荷重線は膝の内側を通るようになります。そこでインソールにより荷重線を膝の中心へ近づけるように、膝の角度、すなわち荷重線を調整することで、内側軟骨のすり減りや痛みを減らします。

変形性膝関節症のほとんどの方は、O脚になってしまいます。O脚になると体重が小指側に乗りやすく、膝の内側部に負荷がかかることで痛みを感じます。

小指側を高く持ち上げるように足裏にインソールを挿入することで、親指側へ体重が乗るように膝の角度を調整します。すると小指ではなく親指側へ荷重が抜けるような歩行ができるほか、膝内側にかかる過剰な負担を軽減させ、痛みを緩和します。

X脚を抱えた方の場合は、その逆に親指側を持ち上げる装具があります。一般的にインソールは屋外で履く靴に使用しますが、屋内で使用できるタイプや、足に直接装着するタイプもあります。

インソールは市販のものよりも、健康保険が適応される医療機関での購入をお勧めします。病院で購入できるインソールは市販のものより高価になりがちですが、国家資格である義肢装具士が、あなたの膝の状態に合わせて採寸してくれることから、かかりつけ病院の担当医に相談してみるとよいでしょう。

まとめ

いかがでしたか?ここまで変形性膝関節症の装具療法、サポーターとインソールについて解説しました。

サポーターを巻くことで、筋肉の代わりに膝の安定性を高める効果があります。サポーターの種類には、支柱がないものと、支柱があるものに分けられます。支柱タイプのサポーターは、膝にかかる荷重の偏りを防げますが、時には支柱が膝に接触し、痛みを伴うことがあります。
インソールは膝の固定はしないものの、O脚やX脚のように偏った荷重線に対して膝の中央ラインを通るように膝の角度を調整し、関節への負担を軽減させます。

サポーター、インソールともに薬局など市販で購入できます。しかし変形性膝関節症の変形の度合いは一人ひとり違うこと、進行に伴い角度が変わることから、医療機関であなたにあったサポーター・インソールを購入されることをオススメします。

 

No.030

監修:医師 坂本貞範

関節の痛みは手術しないで
再生医療で治す時代です。

注射が効かなくなった、手術しかないと言われた、こんなお悩みの方はお問い合わせください。

トップ