トピックスtopics

半月板損傷の手術についてメリット、デメリット

半月板損傷の手術についてメリット、デメリット疾患

半月板損傷は、激しく走ったりジャンプをしたりするアスリートの膝に、つきものであるとも言える外傷です。また加齢などによって組織がもろくなる高齢者にも起こります。治療のために手術が必要となることがありますが、手術にはメリットと、デメリットがあります。

この記事では、膝の半月板について簡単に説明をさせていただき、半月板損傷に対する手術が必要な状況や手術のメリット、デメリットについてご説明します。

半月板損傷

半月板とは?

わたしたちの両方の膝には、それぞれ膝の内側に大きい内側半月板、膝の外側に外側半月板という2つの半月板があります。C字型をしたゴムのようなクッションで、膝関節の衝撃吸収材として機能しています。

そのほかにも膝の半月板があることで、接触する面の形状が異なっている脛骨と大腿骨の接触面積が増加し、互いにフィットしやすくなります。そのために、膝関節がより安定するようになり、正しい荷重配分する役割を担っています。

また、半月板は大腿骨と脛骨の間にありますので、両方の骨と骨が直接こすれ合うのを防いでいます。半月板の損傷は、特にスポーツをする人にとって、よく起こりうるもので注意が必要です。急に体をひねったり、曲げたり、衝突したりすると、半月板が損傷してしまうことがあります。

また、高齢者もよく半月板を損傷することがあります。半月板は加齢とともに弱くなり、断裂しやすくなります。事実、半月板の断裂は、老化現象として普通に起こりうることです。

半月板が損傷すると、膝を屈曲や伸展させる動きが不安定になり、痛みや腫れが生じたり、膝が動かなくなったりすることがあります。

半月板損傷の手術

半月板を損傷しても、手術が必要な人もいれば、そうでない人もいます。

その判断は、非外科的治療への反応の程度に加え、どのような損傷を受けたのか、損傷の大きさや部位、また受傷した人の、年齢、活動レベルや、ライフスタイルなどをもとに行います。合併する靭帯損傷の有無や臨床症状も加味されます。

関節鏡下半月板手術の種類

半月板損傷に対する手術は、一般的に関節鏡を用いて行われます。その手術には、大きく分けて2種類があります。

まずは損傷された軟骨の断裂した部分を縫い合わせ、自然治癒するように修復する半月板修復術です。しかし、損傷のタイプや、損傷部位への血液供給の関係で、修復可能な事例は多くはありません。

もうひとつは、損傷した軟骨を切除し、損傷を受けていない半月板組織を残す、半月板切除術、あるいは半月板部分切除術です。

  • 半月板損傷の手術の種類
  • ・半月板修復術
  • ・半月板部分切除術

膝半月板手術のメリットとデメリット

それでは、膝半月板手術のメリットとデメリットについて、ご説明します。

膝半月板手術のメリット

半月板損傷手術には、次のようなメリットがあります。まず、痛みを軽減または、完全に取り除くことができます。その結果、スポーツやその他の活動に早期に復帰できる可能性が高まります。

半月板を外科的に修正することで、手術法によっては関節損傷のリスクが軽減される、また損傷部位からの関節炎の発症を防ぐ、または遅らせることも期待できます。

2020年にAmerican Journal of Sports Medicineに掲載された論文では、外傷により半月板を損傷した45人のうち、非外科的治療を受けた15人、半月板切除術を受けた15人、半月板修復術を受けた15人をフォローしています。

この研究の結果分かったことは、半月板修復群では、変形性関節症の進行が有意に遅く、人工膝関節置換術を必要とする患者が有意に少なかったということです。

平均74ヶ月の追跡調査において、半月板切除群では40%、保存的治療群では27%が人工膝関節置換術を必要としましたが、半月板修復群では人工膝関節全置換術を必要とするほど進行した人はいませんでした。

また2019年にAmerican Journal of Sports Medicineに掲載された研究では、半月板修復術、半月板切除術、および保存的治療結果を比較した過去の論文を、科学的手法を用いて厳格に検証するメタアナリシスが実施されました。

この論文では、半月板修復術を受けた229人、半月板切除術を受けた74人、手術を行わずに保存的治療を行った41人が対象となっています。

10年後のフォローアップでは、半月板修復群では53.0%、半月板切除群では99.3%、非手術群では95.1%に変形性関節症の進行が認められました。また人工膝関節置換術の実施率は、半月板修復術群33.5%、半月板切除術群51.5%、非手術群45.5%でした。

このことから、半月板修復術が非手術群や半月板切除術より、関節損傷や関節炎のリスクを低減することは明らかです。できる限り半月板の完全性を維持することで、より長期的に大きなメリットを得られることが期待できます。

膝半月板手術のデメリット

過去数十年の間に、半月板をできるだけ多く保存することの重要性がますます明らかになってきました。先に説明したように、半月板は膝への衝撃を吸収する非常に重要な役割を担っています。半月板が破壊されると、関節軟骨の接触圧が増加するため、変形性膝関節症の進行が早まる可能性があります。

加齢などによる変性に起因する内側半月板損傷に対し、関節鏡下半月板切除術と保存的治療の臨床的・放射線学的結果を比較した研究があります。

この研究では、146人の患者(半月板切除術群、90人、保存療法群、56人)を評価対象としています。治療後、すべての臨床結果は両群で有意に改善されましたが、変形性膝関節症は、半月板切除群で有意に進行していました。

先に紹介した外傷による半月板損傷に対する治療結果の論文も含め、変性に起因する半月板損傷半月板損傷であっても半月板切除術は、変形性膝関節症をきたすデメリットがあります。

まとめ・半月板損傷の手術についてメリット、デメリット

半月板損傷に対する手術のメリット、デメリットをご説明しました。

ほんの数十年前までは、一般的に半月板損傷後は、半月板を完全に切除していましたが、最近は残された半月板を温存すること、できる限り半月板を修復することが一般的です。

半月板損傷の結果手術が必要だと判断された場合は、しっかりと担当医と相談し、メリット・デメリットを理解して手術に臨まれることをお勧めいたします。

 

No.068

監修:医師 坂本貞範

 

イメージ画像トップ