トピックスtopics
  • HOME
  • トピックス
  • もやもや病がまねく脳梗塞のリスク因子と予防策について解説

もやもや病がまねく脳梗塞のリスク因子と予防策について解説

もやもや病がまねく脳梗塞のリスク因子と予防策について解説

もやもや病は脳血管の異常により起こる、原因不明の難病です。

もやもや病は脳梗塞をまねく可能性があり、その先の社会生活に大きな影響を及ぼすことがあります。しかし、上手にリスクに対応できれば、脳梗塞を起こす可能性を少なくすることができます。

この記事では、もやもや病がまねく脳梗塞のリスク因子と、予防策を中心に解説をしていきます。

もやもや病 脳梗塞リスク
cerebral hemorrhage risk

もやもや病ってどんな病気?

もやもや病は、一時的に脳内に充分な血液がめぐらなくなる「脳虚血発作」をきたします。

発作時には、麻痺や手足のしびれを起こしたり、うまく言葉がしゃべられなくなったりします。病気が進行すると、てんかんを起こしたり、脳梗塞や脳出血・くも膜下出血を発症したりすることもあるのです。

脳虚血発作は、脳梗塞の前触れともいえる状態です。

この発作は、生活上の注意で避けられることも多くあります。ひとたび脳梗塞が起こると、梗塞部の脳細胞は死んでしまいます。結果、麻痺・言葉の障害や、記憶・注意・感情などに関連する高次脳機能障害といった後遺症をもたらします。

子供と大人での発症の違い

もやもや病の発症年齢には、10歳くらいまでと、30〜40歳代の2つの山があります。

子供の場合は、脳虚血の症状で発症することが多いです。

一方、大人では脳虚血の他に、細い血管が破れる出血で発症することもあります。

最近では、自覚症状がないまま、人間ドックなどで、もやもや病が見つかる人も増えています。長年の頭痛の原因がもやもや病であった、ということもあるようです。

なお、この病気は法律の定める指定難病の一つです。画像検査で診断が確定したうえで、一定以上の重症度と考えられる方には、申請により医療費の補助がおります。

もやもや病による脳梗塞を防ぐ予防法とは? 

もやもや病による脳梗塞を防ぐためにはどうすればよいのでしょうか。大切なのは、前ぶれである脳虚血発作を繰り返さないようにすることです。

〜子供の場合〜

子供の場合、脳虚血発作の多くは過呼吸、つまり激しく息を吸ったり吐いたりすることで起こります。過呼吸により二酸化炭素が体から出ていくと、脳内の血管が縮みます。そうなると、脳の血のめぐりが悪くなり、発作を起こすのです。

脳虚血発作を繰り返している方は、日常生活では、この過呼吸状態を避ける必要があります。

具体的には、次のようなことが挙げられます。

過呼吸につながる行動
  • ・激しく泣く
  • ・大声で笑う
  • ・息が切れるような運動をする
  • ・笛やハーモニカ、鍵盤ハーモニカなどを演奏する
  • ・大きな声で応援をする
  • ・熱いものを「ふーふー」と冷ます

こういったことを制限すると、保育園・幼稚園や学校での生活に大きく影響してしまうことになります。保護者や学校の先生など、周囲の大人の理解と協力が必要になります。

また、脱水も脳の血のめぐりが悪くなってしまう原因になります。嘔吐や下痢・高い熱の時は、こまめに水分をとることを心がけてください。暑くなる季節には、熱中症を予防することも重要です。

〜大人の場合〜

大人の患者さんでも、発作を引き起こす行動があれば回避する必要があります。

加えて、脳梗塞の一般的なリスク管理が必要です。高血圧・糖尿病・脂質異常症といった生活習慣病をお持ちの方は、しっかり治療を受けてください。肥満であれば体重を減らす必要があります。タバコを吸っている方は禁煙をしてください。アルコールの飲み過ぎは、脱水につながるので気をつけましょう。

脳梗塞のリスク管理
  • ・生活習慣の見直し
  • ・体重の管理
  • ・禁煙する
  • ・アルコールを飲みすぎない

患者さんの状況によっては、血液をさらさらにするお薬を処方されることがあります。発作を繰り返す場合には、脳の血液の流れを改善するための手術を考えます。ひとりひとり、必要な治療は異なります。どのような治療をどのようなタイミングで行うのか、担当の医師ともよく話し合いましょう。

脳卒中の治療

もやもや病と脳梗塞の関係についてよくあるQ & A

Q, 発作が起こったときはどすればよいですか?

A, まずは、状況を把握することが重要です。麻痺やしびれなどの症状を確かめましょう。そして、ゆっくり息ができるように休みましょう。

落ち着いたら、どのような状況でどのような発作が起こったのか確認しておくことも大切です。いつもより麻痺・しびれなどが長く続く、意識の状態が悪いなど、「なにかおかしい」と感じた場合は、医療機関を受診しましょう。

 

Q, この病気の治療や経過の見通しは?

A, 脳梗塞・脳出血などを起こしてしまうと、たとえ命にかかわらなかったとしても、運動や言葉の障害や、記憶障害などの高次脳機能障害を残してしまうことがあります。そうなると、社会生活に大きな影響を及ぼしてしまう可能性があります。

一方で、適切な管理・治療を受けた方の多くは、最終的には日常生活の制限なく安定して過ごすことができます。そのためにも、定期的に通院し、必要な治療のタイミングを逃さないことが大切です。

まとめ・リスク因子と予防を知り、治療のタイミングを逃さないことが大切!

「脳の病気」「難病」といわれると、とても心配になると思います。しかし、適切なタイミングで適切な治療を受けることで、最終的には病気のない人とほぼ変わらない生活を送ることができるようになった患者さんが多くいらっしゃいます。生活上の注意点を守りながらきちんと通院し、担当医と治療方針を相談しましょう。

この記事がご参考になれば幸いです。

 

No.S136

監修:医師 加藤 秀一

脳卒中は手術しなくても治療できる時代です。

  • sbtn 01sbtn 01 sp
  • sbtn 00sbtn 00 sp

〈参考文献〉

冨永ら.もやもや病(ウイリス動脈輪閉塞症)診断・治療ガイドライン(改訂版).脳卒中の外科 46 (1), 1-24, 2018

難病情報センター.病気の解説(一般利用者向け) もやもや病(指定難病22) https://www.nanbyou.or.jp/entry/47

難病情報センター.診断・治療指針(医療従事者向け) もやもや病(指定難病22) https://www.nanbyou.or.jp/entry/209

カテゴリ

人気記事ランキング

イメージ画像トップ