トピックスtopics
  • HOME
  • トピックス
  • 変形性股関節症で運動療法をするときの禁忌について

変形性股関節症で運動療法をするときの禁忌について

変形性股関節症の進行を抑える治療法には、薬物療法や生活習慣の改善のほか、運動療法も推奨されます。

しかし、変形性股関節症で運動療法をするときには、禁忌のことがあるので注意しなければなりません。

今回は変形性股関節症で運動療法をするときの禁忌について解説します。

変形性股関節症で運動療法をするときの禁忌とは

ジョギング

変形性股関節症における運動療法で禁忌としてまず挙げられることは、股関節へ負担をかけすぎることです。

変形性股関節症は、股関節への負担により症状が進行します。

股関節は歩くだけでも大きく負荷がかかる部位です。

適度な運動をして筋力をつける必要はありますが、早い効果を求めるために無理をしたり、禁忌な肢位をとるような運動をすると、股関節に過度に負担がかかり症状を悪化させてしまう場合もあります。

変形性股関節症の運動療法で禁忌になる運動とは?
変形性股関節症の運動療法では、激しい運動や長時間の運動は禁忌となります。

サッカーやランニングのように股関節を大きく使う運動は、股関節に負担がかかりすぎて軟骨のすり減りに繋がるため推奨されません。

軽いウォーキングや関節に負担の少ない水中ウォーキング、ヨガのような負担の少ない運動を行いましょう。

しかし、歩くスピードが速すぎたり、長距離歩き過ぎると筋肉が疲弊し、股関節に負担がかかってしまいます。ゆっくり歩く、15分程度のウォーキングにするなど、股関節に負担がかからないようにしてくださいね。

ヨガをする人もいますが、変形性股関節症の運動療法では、股関節への負担がかかるような姿勢でおこなうヨガは禁忌です。

長時間の運動や無理な姿勢での運動は避け、股関節に負担がかからない運動を毎日継続しましょう。

変形性股関節症の運動療法で禁忌の運動がある理由

股関節の写真

初期の段階では痛みを感じない人もいますが、症状が進行すると、安静にしていても痛みを感じるようになることがあります。そのため、変形性股関節症の運動療法では、股関節に負担をかけ、症状を悪化させるような運動をするのは禁忌なのです。

また、変形性股関節症の運動療法で禁忌とされていることをすると、ほかの部位にも影響が及ぶ場合があります。

変形性股関節症の運動療法で禁忌な肢位をすると、痛みをかばうために、足首や膝の関節に負担がかかったり、反り腰の姿勢となることで腰痛を招くこともあるでしょう。

変形性股関節症の人が運動療法を行う際は、禁忌とされていることに注意して、痛みや症状に合わせた運動療法を継続しておこなうようにしましょう。

禁忌な運動もある変形性股関節症で運動療法をおこなうのはなぜ?

股関節 写真

変形性股関節症では、禁忌な運動があるなら運動療法をするべきではないのでは?などと思う人もいると思います。しかし、変形性股関節症で運動療法をおこなうのは、股関節への負担を軽減できるようにするためです。

変形性股関節症とはどんな病気?

変形性股関節症とは、股関節の軟骨や骨が、加齢や日常生活による負担などによって損傷し、痛みを生じてしまう病気です。

初期の段階では痛みを感じない人も多く、進行するにつれて痛みや関節の動かしづらさを感じ始めます。

一度損傷した軟骨や骨を元通りにすることは難しいため、最終的には骨切り術や人工関節置換術のような手術をおこなう場合も多くあります。

そのため、股関節への負担を減らし、進行を抑える必要があります。

運動療法の目的とは?

股関節の柔軟性が高まることによる股関節の可動域の改善、股関節を正しい位置にする。運動をして筋肉をつけたり、血行を良くすることで、痛みの緩和を期待する。

このような目的のために、変形性股関節症の運動療法がおこなわれます。運動療法をおこなうことで負担や痛みが軽減し、変形性股関節症の進行を遅らせることができるのです。

変形性股関節症の運動療法で禁忌ではない【おこなっても良い】運動5選

股関節の写真

変形性股関節症の運動療法では、禁忌の運動があります。では、どのような運動をおこなえばいいのでしょうか。

具体的に、変形性股関節症の運動療法で禁忌ではない、おこなっても良い運動を5つ紹介します。

水中ウォーキング

プールでのウォーキングは、浮力により股関節への負担が軽減されるため、陸上でウォーキングをするよりも効果的です。

ただし、プールで水泳をする際は、平泳ぎは股関節を大きく開いて負担がかかってしまうため、変形性股関節症の人が運動療法としておこなう場合は禁忌となります。

ウォーキング

ゆっくりとしたスピードで、無理のない距離を歩きましょう。
目安としては、15分程度がおススメです。

ストレッチ

股関節付近を柔らかくすると、柔軟性が高まり股関節の可動域の拡大にもつながります。
運動する前にストレッチをおこない、筋肉をほぐすと良いでしょう。

ただし、変形性股関節症の人がおこなう運動療法におけるストレッチですから、股関節を大きく開いたり、負担のかかりすぎる姿勢は禁忌となります。

筋力トレーニング

筋力トレーニングをおこなうときは、徐々に運動強度をあげるようにしましょう。

筋力トレーニングも、変形性股関節症の人がおこなう運動療法の1つですが、股関節を大きく開いたり、負担のかかる姿勢は禁忌となります。

変形性股関節症の人が運動療法をおこなうのを控えたほうが良いときはある?

ドクターストップ

変形性股関節症の人が運動療法をするときには、負担の少ない運動を毎日継続して行う必要があります。

しかし、休んだほうが良い場合もあります。

痛みがあるときは無理をしないようにしましょう
股関節の痛みがあるときは、股関節を休ませてあげましょう。

痛みを我慢して無理に運動をすると、無意識に痛む部分をかばってしまい、ほかの関節にも負担をかけてしまうことがあります。

運動は控える、あるいは違う運動をするなど、痛みがないようにしてください。膝や腰など別の部位に痛みがあるときも、運動は控えましょう。

しかし、ほとんど体を動かさない日が何日も続くと、歩行ができなくなるなどの悪循環を招く恐れがあります。痛みがあるときは、運動を休むべきか、どのような運動なら良いのかなど、主治医に相談すると安心ですね。

変形性股関節症の治療には再生医療!

最新治療

変形性股関節症では、運動療法や薬物療法をおこないながら股関節への負担を軽減し、進行を遅らせ、最終的には手術療法をするという治療が一般的でした。

しかし、近年は、変形性股関節症は再生医療で治療するという選択肢もあります。変形性股関節症の再生医療では、自身の幹細胞や血小板を用いて治療をおこないます。

幹細胞は皮膚や筋肉だけではなく、軟骨や骨のような組織に変化する能力があります。この能力を利用して、股関節の損傷した軟骨や骨の再生、修復を促すことで、変形性股関節症の症状の改善を期待します。

また、血小板には、組織の再生や修復を促進する能力があります。

自身の血液から血小板を含む成分を取り出して濃縮し、損傷した部位に注入することで、軟骨のすり減りや骨の変形の修復を促し、痛みの改善を図ります。

個人差はありますが、高い効果が期待できる最先端の治療法ですし、自身の血液を用いるため、拒絶反応やアレルギーの心配も少なく、安心して受けることができます。

まとめ

変形性股関節症の人が運動療法をするときに、禁忌となることについて解説しました。変形性股関節症の人が運動療法をするときには、股関節への負担がかかる動作が禁忌となります。

ストレッチで筋肉をほぐしてから水中ウォーキングやウォーキング、負担の少ない筋力トレーニングをするようにしましょう。また、痛みがあるときは無理をせず、運動はお休みして主治医に相談しましょう。

変形性股関節症の治療としては、再生医療という選択肢もあります。拒絶反応の少ない安全性の高い治療方法で、外科的手術をしないので体への負担も軽く、入院の必要もありません。

変形性股関節症の再生医療は、手術をしたくない、どうしても手術の時間が取れない、少しでも早く痛みの改善を図りたいという人におススメです。

変形性股関節症の治療方法の一つとして、再生医療を検討してみてはいかがでしょうか。

 

No.0002
監修:院長 坂本貞範

関節の痛みは手術しないで
再生医療で治す時代です。

注射が効かなくなった、手術しかないと言われた、こんなお悩みの方はお問い合わせください。

トップ