トピックスtopics
  • HOME
  • トピックス
  • 股関節の「変形性股関節症」と「臼蓋形成不全」の関係と治療について

股関節の「変形性股関節症」と「臼蓋形成不全」の関係と治療について

股関節におこる変形性股関節症と、臼蓋形成不全の治療について

病気の中には、ある疾患が起こると、別の疾患の発症原因になる。疾患同士が密接に関係していることがあります。

股関節の病!「変形性股関節症」と「臼蓋形成不全」という病気も密接にかかわっています。この関係性を知ることで、この病気の予防や治療に役立てることができるため、ご参考にしていただければと思います

変形性股関節症と臼蓋形成不全」の関係

今回は、変形性股関節症と臼蓋形成不全という股関節の病気について治療や手術などを解説してまいります。まずは、変形性股関節症と臼蓋形成不全が、それぞれどのような病気なのかについて解説いたします。

変形性股関節症とは?

「変形性股関節症」とは、股関節の軟骨がすり減ってしまうことで、骨盤の受け皿の部分(臼蓋)と大腿骨の先端部分(骨頭)が変形する病気です。

股関節の軟骨は、股関節のクッションのような役割を担っており、軟骨がすり減ることで骨盤と大腿骨の変形をもたらし、股関節の痛みや、機能障害などを引き起こします。重度の場合、両足の長さに違いが生じるケースもある病気です。

正常な状態であれば、骨盤軟骨がクッションの役割を果たすことで衝撃を和らげるのですが、加齢などを原因として骨盤の軟骨がすり減ってしまうと徐々に骨が変形を起こし、そこで炎症が起きてしまいます。

初期の段階では、歩き初めや起き上がりの際に少しの違和感を覚えたり、痛みを感じる程度です。

しかし、症状が進行すると徐々に痛みが明確になり、安静時や就寝時に痛みを生じるケースや、歩行などに差し支えるほどの痛みが生じ、日常生活に大きな悪影響を及ぼすようになってきます。

検査・診断・治療は、問診および股関節の可動域の確認に合わせて、MRIや、X線検査を用いた画像による診断を行います。

初期の段階であれば軟骨のすり減りによる股関節の隙間の異変に留まりますが、症状が進行するにつれて軟骨が薄くなって股関節の隙間がさらに狭くなり、さらに進行すると関節の周辺に空洞や棘のようなものが発生します。

臼蓋形成不全とは?

「臼蓋形成不全(臼蓋形成不全症)」とは、臼蓋が小さい状態のことです。

前述の通り臼蓋は骨盤における大腿骨の受け皿のことであり、大腿骨頭の大きさの80~90%程度であることが、良いバランスとされていますが、臼蓋形成不全ではそれよりも臼蓋が小さく、50%程度の大きさしかない症例もあります。

臼蓋形成不全であると診断された場合においても、若い患者さんは軟骨の厚みが保たれていることによって症状はほとんどありません。ただ原因が不明な場合が多く、有効な予防法も確立していないにおが実情です。しかし、乳児期の臼蓋形成不全は成長に伴って自然に改善されることも多いです。

変形性股関節症と臼蓋形成不全の原因と嬉しくない関係について

変形性股関節症と臼蓋形成不全に、どのような関係があるのかについて解説します。

変形性股関節症と臼蓋形成不全の関係性

 

臼蓋形成不全を放置したことが変形性股関節症の原因になる可能性がある

実は、臼蓋形成不全が、変形性股関節症の発症原因になる可能性があります。

若いころに発症した臼蓋形成不全を気が付かづ、そのまま放置してしまった結果、変形性股関節症へと進行してしまうケースは珍しくありません。

一般的に変形性股関節症の主な発症原因は「加齢」とされており、中高年の女性に起こりやすい病気なのですが、臼蓋形成不全などで股関節が生まれつき傷みやすい人の場合、若年でも変形性股関節症を発症する可能性があります。

つまり、子どもの頃にかかった臼蓋形成不全の後遺症が原因となって変形性股関節症を発症する可能性があるということです。

臼蓋形成不全の治療法

そこで臼蓋形成不全の治療について、臼蓋形成不全は、成長に伴って自然に改善されるケースも多いですが、重度の場合は自然治癒することなく進行し、変形性股関節症などの股関節の病気に発展する可能性があります。

治療においては「ひも型装具」を装着する方法がありますが、おこなう必要はないという意見も少なくありません。臼蓋形成不全の治療目的は「変形性股関節症などへの進行することの防止」です。

臼蓋形成不全では、股関節が不安定になりやすいため、これを補うために軽度の臼蓋形成不全の場合は、股関節周囲の筋力トレーニングを治療としておこないます。

一方で、重度の臼蓋形成不全の場合は、変形性股関節症に進行するリスクが高まっているため、臼蓋を大きくするための手術をおこなう場合もあります。

変形性股関節症の治療法

変形性股関節症の治療法は、大きく分けて「保存療法」と「手術」の2つがあります。

保存療法は、初期の変形性股関節症の治療において選択されることの多い治療法であり、基本的な治療方針は変形性股関節症による痛みを薬物療法や物理療法によって軽減し、運動療法によって症状の進行を防ぐというものです。

保存療法の目的は「変形性股関節症が進行しにくいようにする」ことであり、「変形性股関節症を根本的に治す」というものではありません。そのため、保存療法で治療を継続していても変形性股関節症は徐々に進行し、次第に痛み止めなどが効きにくくなってしまいます。

手術は重度の変形性股関節症の治療法として選択されることが多く、人工股関節への置き換えや骨切り術などの手術法があります。手術を受けると症状の根源が取り除かれるため症状の改善効果は高いのですが、体への負担や副作用・後遺症などのリスクを考慮しなければなりません。

変形性股関節症と臼蓋形成不全の関係/まとめ

臼蓋形成不全は、変形性股関節症の原因になり得る病気です。つまり、この二つの病には嬉しくない関係性があるということ!

臼蓋形成不全そのものは危険な病気ではないケースが多くても、変形性股関節症への進行リスクがあることを考えると放置することは問題になる可能性があります。

股関節に「おかしい?!」などといった違和感を感じたら、早めに専門医の診断を仰がれることをお勧めします。何もなければ安心ですし、万一異常があっても早期なら、進行し、悪化してからよりも回復の目途がつけやすくなります。

また、変形性股関節症は重度の場合に手術を選択しますが、副作用のリスクや体への負担に対する考慮が必要です。上記と同様に早期発見、早期治療こそがこれ股関節の病で非常に大切なことです。

以上、お役に立てれば幸いです。

 

No.0007
監修:医師 坂本貞範

関節の痛みは手術しないで
再生医療で治す時代です。

注射が効かなくなった、手術しかないと言われた、こんなお悩みの方はお問い合わせください。

トップ