トピックスtopics

人工関節の手術で知っておきたい安全性と危険性

人工関節の手術の安全性と危険性/はじめに

肩関節、股関節、膝関節、肘関節などにおける関節疾患の多くは比較的ゆっくりと症状が進行するため、本人は症状に苦しんでいるにもかかわらず、ただ単に年齢によるものというだけで見過ごされてしまうことが往々にしてあります。

ところが、知らず知らずのうちに病気の進行が悪化してしまうと、関節患部に強い痛みや熱感を自覚して、日常生活において歩く、座る、投げる、持つ、立つなどの基本的な動作能力が低下して必要な動きが制限されてくる恐れがあることをご存知でしょうか

人工関節

このような関節の症状が出たのちに、保存療法等、種々の治療を繰り返しても元には戻りにくく、徐々にでも進行が続きます。その結果、最終的に提案されるのが手術療法。

それが「人工関節置換術」として知られているものです。この手術は、読んで字のごとく、疾患によって悪くなって異常がある関節部分を取り除いたのちに、人工の関節に置き換える手術です。

例えば変形性膝関節症や、関節リウマチなど膝関節疾患を治療する際には、その代表的な手術療法のひとつとして人工膝関節置換術が挙げられるという具合です。

人工関節の置換術が可能な部位は膝関節や股関節、肩関節、手関節、手指関節、足関節、肘関節となっていて、置換える人工関節そのものも年々進歩しています。材料的には主としてチタン合金、コバルトクロム合金、セラミック、ポリエチレンなどで構成されています

人工関節置換術は、関節の疾患がもとになって起こっている疼痛の原因となっている部分を取り除くことを主眼としているため、他の治療法と比較すると患者さんの慢性的な痛み症状を和らげる効果を期待するものです。

今回は、そのような人工関節の手術に関して知っておきたい安全性と危険性について解説したいと思います。

人工関節の手術|安全性について

人工関節置換術という手術療法は、各種の関節症、例えば変形性関節症や関節リウマチを患われている患者様に対して関節の痛みを緩和して日常生活をより快適に送れる事を目的とする治療手段として普及しています。今や年間に約20万例前後の手術件数が報告されるまでになっています。

このように比較的メジャーになってきた人工関節の手術は、術式としては確立されていて、置換える人工物の素材も進歩を遂げています。

ただ手術を安全に確実に実践するためには、当たり前のことながら整形外科の専門医を始めとして、医療従事者が人工関節の特性や、軟骨などの組織が破綻するメカニズム、および関節の再建方法などについて熟知している専門性が大切であり、これまでの経験、知見、熟練の度合いが手術に影響するとされています。

人工関節置換術においては、言うまでもありませんが手術そのものの安全性を高く施行するだけでなく、術前や術後における全身管理や、術後の安定した段階で早期に、個人に沿ったリハビリテーションを計画し、適切に行えることが非常に重要になります。

これらの人工関節手術を安心して受けるためには、術後の体制、いわゆる人工関節の緩み、異物感染、関節脱臼やインプラント周囲組織の骨折を含めた様々な合併症が起こった際に迅速かつ、確実に対応できる医療体制の存在、あり方が必要不可欠であることを知っておいて欲しいと思います。

また術後のリハビリテーションに関しては、術前に担当の看護師や理学療法士などのリハビリの専門部門が積極的に患者さんに接触し、術後の早期に状態を見極めながら関節機能を中心とした全身状態の改善を目指さなければなりません。

万が一にもリハビリテーションが予定とは異なり順調に進まない時には、自宅への退院とは別途、リハビリ専門施設へ転院するような連携調整、あるいは自宅退院後の各種生活支援についてメディカルソーシャルワーカーに相談する必要があるでしょう。

このように人工関節の安全性は、専門性、術前、術後、リハビリなどをすべて含めて判断すべきだと考えます。

総合的に判断
  • ・専門医(経験、知見、習熟度)
  • ・術前の全身管理
  • ・術後の対応、フォロー
  • ・リハビリ計画

人工関節の手術|危険性について

人工関節置換術は、疼痛症状を緩和して関節の機能の回復を望める手術である一方、関節以外の他手術と同様に一般的なリスクとして、全身麻酔に伴う合併症や、深部静脈血栓症および肺塞栓症の発症、あるいは輸血に関する問題点などがあります。

また、人工物や手術部分の感染、患部周辺の血管や骨組織、神経などの二次的な損傷、あるいは手術中における予測不能なことがが引き起こされる懸念も考えられます。

そして、人工関節手術の術直後においては傷口の疼痛が非常に強いことが懸念されており、関節部の機能回復を阻害するのみならず、手術を受けた患者さんの満足度とも直接的に関連すると言われています。

他にも心配なのは、人工関節の耐久性です。人工物ですので永久に使えるものではないからです。いつまで使えるかということに関しては、患者さん自身の生活背景などの使い方にもよりますが概ね15年前後であると考えられています。

人生100歳時代の現代、耐久性という面から、将来に再手術を行う可能性があることをを知っておくべきです。その際は、人工関節を入れかえる必要性があることを認識しておくことが重要です。

年齢を重ねてからの再手術という面と現在の年齢を考えて取り組みましょう。当然ですが年齢が行けば行くほど1回目の手術より、二回目の方があらゆる面で難しくなります。

従来、人工関節置換術は、およそ60歳以上の高齢者を中心に適応がある手術とされてきましたが、近年では個々の価値観やクオリティ・オブ・ライフ(*)が尊重される時代となり、2回目の手術を勘案して50歳前後でもより快適な人生を過ごすために本手術を選択される方もいらっしゃいます

(*)クオリティ・オブ・ライフ

治療を受ける患者さんの肉体的なことはもちろん、精神的なことや社会的、そして経済的など、すべてを含んだ生活の質を指す言葉です。 今回の場合では手術そのものや、その後の副作用などでリハビリを行っても手術前と同じようには生活できなくなる危険性あります。

そのことを理解した上で手術の利点と危険性に関して医師とよく相談し、リハビリも含めた治療内容全般にわたって理解するようにしましょう。そして、家族や周りの理解や、協力を得られるよう相談し、慎重に決定されることをお勧めします。

最後に手術を選択した場合の入院期間について、概ね1か月は最低必要で、年齢的なものや、術後の状態などにより2か月かかる場合もあるため、日程的な融通が必要な手術であることも頭に入れておきましょう。

今回は、人工関節への置換手術について不安を感じておられる方への術前のアドバイスとして記してまいりましたが、治療法としては、「再生医療」という先端医療分野があることも知っておきましょう。その特徴は、手術も入院も不要という治療方法で自分の自己治癒力を引き出す最先端医療です。

▼ 再生医療に関し、興味がある方は以下をご参照下さい
身体が自ら再生しようとする力、再生医療は自然治癒力を活かす最先端の医療です 

興味がある方は、お問い合わせください。

いずれにしましても先生と話し合って、聞きたいことを聞き、納得して進んでください。

人工関節の手術の安全性と危険|まとめ

股関節や膝関節は、下半身の体重を支えながら日常生活で立つ、歩くなどの基本的動作を実践するうえで極めて重要な関節ですし、肩関節や肘関節が障害を受けると荷物が持てないなど非常に支障をきたして日常生活が大変不便になります。

その意味でも日々の健康を保ち快適な暮らしを送り続けるためにも、関節に負担の少ない優しい生活を過ごすように意識しましょう。

仮に関節の疾患で、人工関節置換術を勧められた場合は、選択肢としてこちらの記事で記したような危険性、比較的長期入院が必要であることも知ったうえで臨んでください。

手術によるリスクは伴いますので、そこを理解した上で取り組みましょう。上手くいけば関節の痛みが緩和されて、関節の機能が元通りに再生されるのみならず、患部を改善させることで普段の歩き方や身体全体のバランスを整備することも可能にできうる治療法です。

これからの時代、健康寿命を延伸して自分らしい快適な生活を営むためにも、関節疾患は出来る限り放置せず、人工関節置換術など治療方法についても整形外科の専門医もしくは専門院を受診して相談されることを心がけましょう。

安全性
  • ・術式としては確立
  • ・多様な部位に対応
  • ・素材の進歩

危険性/リスクを理解

  • ・クオリティ オブ ライフ
  • ・専門医の相談、納得感
  • ・家族の理解、支え
  • ・人工関節の耐久性 → 年齢から再手術の可能性を念頭に
  • ・長期入院 → 1か月~2か月
  • ・リハビリ → 長期計画
  • ・手術としての危険性(合併症、その他)
  • ・手術部位の疼痛

今回の記事の情報が少しでも参考になれば幸いです。

 

No.S022

監修:医師 加藤 秀一

スポーツ外傷・障害の痛みは
手術しないで
再生医療で治す時代です。

  • スポーツへ早期に復帰したい
  • ステロイドを使いたくない
  • 慢性化した痛みや、捻挫などの外傷や腱鞘炎を早く治したい

こんなお悩みの方はお問い合わせください。

トップ