トピックスtopics
  • HOME
  • トピックス
  • くも膜下出血とは、その原因と治療、怖い再発について

くも膜下出血とは、その原因と治療、怖い再発について

くも膜下出血とは、その原因と治療、怖い再発について

脳に関する病気は、死亡を伴う、命を落とす危険性が高いため、とても怖いものです。その意味で「くも膜下出血」も脳に関わる怖い病気の一つです。くも膜下出血とは、脳と、くも膜の間に出血した血が溜ることをいいます。

ちなみに、この疾患は中年期40代以降から、発症リスクが高まるほか、男性よりも女性に多く発症しています。特に、喫煙や飲酒といった習慣がある場合や、高血圧の場合などで発症する確率が高くなるとされています。

くも膜下出血が起こると激しい頭痛や、死亡に至らずとも重い後遺症が残る可能性が高いことがよく知られていますが、具体的なことはよく知らないという人も少なくないと思います。

そこで今回は、くも膜下出血の症状や原因、治療方法などの概要に合わせて、再発に関してもその注意点を紹介してまいりましょう。

くも膜下出血を発症した際の症状で、代表的なものとして挙げられるのが「頭痛」です。くも膜下出血に場合、痛みは徐々に訪れるのではなく、数秒でピークに達するのが特徴です。

くも膜下出血の症状

症状としては、これまでに経験したことがないような激しい頭痛で、「ハンマーで思いっきり叩かれたような痛み」が突然起こると例えられています。脳内での出血量が少ないと痛みも少ないのですが、出血量が多くなると痛みも強なりく、意識障害を引き起こすケースも少なくありません。

また、くも膜下出血によって脳が圧迫されると脳細胞が破壊されてしうことで麻痺やしびれ、言語障害などの後遺症が残るケースも多くあります。

突然、これまで体験したことのない激しい痛みを頭に覚えた場合は、大至急、緊急にて医療機関の受診が必要であることを忘れないで下さい。意識がある状態で病院に到着することが生死を分けると言います。ぜひ前兆や初期症状を見逃すことなく対応下さい。

くも膜下出血の症状

くも膜下出血の原因

くも膜下出血は、「激しい頭痛に見舞われる」、「後遺症が残る」など、危険で怖い病気の一つです。「くも膜下出血」の原因は、脳動脈にできる瘤(こぶ:脳動脈瘤/のうどうみゃくりゅう)にあります。

血管には、膜が薄く弱い部位あります。その弱い部位が強い血流を受けると膨らんで瘤ができてしまいます。その瘤に、高い血圧がかかるなどした場合に破裂してしまうのが「くも膜下出血」です。

脳動脈瘤は血流が強くなる部分、血管が分岐している箇所などにできやすいのが特徴です。

くも膜下出血の治療

くも膜下出血の治療法は、原因となる脳動脈瘤が再び破裂しないように、頭痛や後遺症が発症するのを防ぐことが目的になります。ただし、脳動脈瘤を小さくしたり、脳動脈瘤を消したり、無くしたりする方法は無いことから、脳動脈瘤へ血液が流れないようにする手術的治療が行われます。

脳動脈瘤へ血液が行かないようにする手術方法として代表的なものの一つは、開頭して行う手術で動脈本管と動脈瘤がつながっている部分(ネック)を専用のクリップで挟む「ネック・クリッピング」という治療法です。

また、二つ目に、脳動脈瘤のなかに血液が入らないようにするために、開頭をせずに血管を使ってカテーテルを動脈瘤まで進め、破裂した部位にプラチナ製のコイルを詰める方法があり「コイル塞栓術」という治療方法になります。

いずれの治療法であっても必要なのは術後の経過観察です。定期的な診察を受けることが大切です。

  • くも膜下出血の治療(手術)
  • ネック・クリッピング(開頭)
  • コイル塞栓術(血管から)

くも膜下出血が危険で怖い理由は「再発」です

くも膜下出血が起こった際に適切な治療が行われても安心してはいけません。くも膜下出血は、非常に恐ろしく危険な病気だと呼ばれるのは、「命にかかわる病気であること」、そして何よりも「再発率の高さ」が挙げられます。

その「再発には前兆」があります。そこで再発を防ぐために気を付けて欲しいことを記しました。

くも膜下出血を発症した場合、治療を受けることは当然ですが、それに満足しないでください。その後、再発しないように気をつけることが重要なテーマになります。くも膜下出血の再発を防ぐためには、その前兆を知っておき、常日ごろから注意するという意識が大切です。

今回は、「くも膜下出血の再発の前兆」と題して既に発症し、治療をうけたものの再発に注意すべき人に向けて、覚えておいて欲しい点を解説しました。また、併せて発症後の後遺症に対してもご説明してまいります。

1.くも膜下出血の再発の前兆、初期症状「動眼神経麻痺」とは

くも膜下出血の再発の前兆、初期症状として代表的な症状が目に現れます。それが動眼神経麻痺」です。動眼神経麻痺とは、片方の瞼が開かなくなって、両目で物を見ようとすると物が2つに見えるようになる状態をいいます。

動眼神経麻痺は、大きくなった動脈瘤が動眼神経を圧迫するために起こります。そのため、「動眼神経麻痺になってしまうと動脈瘤が大きくなっている可能性があるります。

この動脈瘤が破裂してしまうと、くも膜下出血が再発してしまう可能性があるいため、この症状を忘れないでくださいす。また、大きくなった動脈瘤は動眼神経だけではなく、「視神経を圧迫」することもあります。

そうなると視力が低下したり視野が欠けたりするケースもあるのでそのような症状に気が付いたときは、何よりも早く病院で脳外科、脳神経外科などの医療機関を受診し、治療を受けてください。

  • 動眼神経麻痺の特徴
  • ・両目でモノを見るとモノが二つに見える
  • ・視力の低下
  • ・視野が欠ける

2.くも膜下出血の再発の前兆、初期症状「頭痛」に注意

動眼神経麻痺のほかにも、くも膜下出血の再発の前兆、初期症状として「頭痛」があります。視野の乱れと共に起こることがあり、くも膜下出血が再発する兆候として頭痛も疑って欲しいと思います。

その症状を感じた場合は、すでに少量の出血が生じている可能性が高いため、早急に治療すべきとの意識を持ってください。この際に「軽い頭痛」についてご注意ください。

初期症状として頭痛の程度はそれぞれで、例えば「軽い頭痛」の場合、「くも膜下出血」の再発の前兆とは考えずに見過ごしてしまいかねないことがあります。軽い頭痛であっても異常を感じたら念のため病院へ向かいましょう。

受診する際には、過去の既往症として「くも膜下出血を発症した」という情報を与えなければなりません。そうで無い場合、単なる風邪などと診断されてしまうケースが少なくないからです。

ついては、過去に「くも膜下出血」を発症したことがあるなら、重い軽いに、関わらず頭痛がある場合には明確に「過去、くも膜下出血を患った」という情報を伝えるようにすることが大切です。

その他にも症状を感じたなら、「いつもと違う」「初めての痛み」などと、症状の内容を詳しく医師に伝えるよう努めてください。

  • くも膜下出血の再発の前兆
  • ・動眼神経麻痺
  • ・めまい
  • ・視力低下
  • ・頭痛(症状は様々、軽い場合も要注意)

くも膜下出血の再発を防ぐのは定期的な検査

ここまで「くも膜下出血の再発防止」のために、知っておきたい前兆について記してまいりましたが、再発防止には定期的に検査を受けることが非常に重要です。

くも膜下出血の原因となる動脈瘤を検査で発見することができれば、動脈瘤が破裂してしまう前に処置することができるからです。くも膜下出血を発症して10年くらい経過してから治療した動脈瘤が再び大きくなったり、新しい動脈瘤ができて破裂したりする可能性もあります。

一度検査して問題なかったからと安心や、油断をせずに定期的に検査を受けるようにしましょう。

  • 再発を防ぐために
  • ・定期的な検査を受け続けることが何より大切

まとめ/くも膜下出血とは、その原因と治療、怖い再発について

くも膜下出血の特徴について簡単に分かりやすいようにご紹介しました。発症時にハンマーやバットで突然殴られたような激しい頭痛に見舞われること。再発率が非常に高いため、くも膜下出血を経験したなら再発防止にも力を入れる必要があること等をご説明しました。

また、くも膜下出血は、危険です。死亡を免れても後遺症が残る可能性が高いとても怖い病気です。ここで記したような症状を感じたらすぐに病院の脳外科や、脳神経外科等の専門医療機関を受診してください。

手術による方法としては「ネック・クリッピング」や、「コイル塞栓術」というものがあります。

また、治療後であっても再発率は高いため、くも膜下出血の前兆を知っておくことは大切です。早期に対処すれば再発を防ぐ可能性が高まります。何度も申しますが何か頭に違和感を感じたら迷わず医療機関を頼りましょう。

ただ、くも膜下出血が早期に発見され、適切な処置を受けた場合でも麻痺や痺れといった障害が残る可能性が高いのが現実です。

障害については治療後、リハビリに励むことで改善を目指せますが慢性期に移行すると機能の回復は困難となり、最終的に身体を動かせなくなってしまいかねません。

そんな、くも膜下出血の後遺症でお困りの方へ再生医療の可能性を伝えることができればと考えています。興味があれば以下のリンクをクリックして下さい。

以上、くも膜下出血とは、その原因と治療、怖い再発について、記させていただきました。ご参考にしていただければ幸いです。

 

No.S053

監修:医師 加藤 秀一

 

イメージ画像トップ