トピックスtopics

膝に現れる関節ネズミとは?その正体と治療法

関節内遊離体を何故ネズミというのか?

皆さんは、これまでに日々の暮らしの中で膝関節に現れる「ネズミ?」について聞いたことはありますか?その正体は・・・関節の中に軟骨や骨のカケラ(小骨片)となった骨片がみられる病気のことを指しています。

この小さな骨片そのものが、何らかの原因によって骨から遊離して関節内を自由に動きまわることから、別名で「関節ネズミ」と呼ばれています。おもしろい名前なのですが・・・実は、怖い病気なので注意が必要です。

膝に現れる関節ネズミとは?その正体と治療法

ねずみが動き回るといった例えの通り、関節内で遊離体となった骨片が、他の骨に干渉しない空間にある間は、無症状であることが多いものの、膝関節の狭い隙間に挟まってしまうと、それが関節の曲げ伸ばしの途中など障害となって引っかかるようになります。

そうなると強い痛みとなったりし、更に関節の可動域制限(可動範囲)を起こす場合があります。こうなると歩行が困難となることもまれではありません。

関節ネズミが存在するケースでは、根本的にその関節内で遊離体となった骨片を取り除かないかぎり、苦しい関節の症状が何度も再発する可能性があります。

そして、それらの再発を繰り返すことによって正常な軟骨や半月板を傷つけることに繋がり、最終的には変形性膝関節症へと進行していきます。

そこで今回は、膝関節に現れる「ネズミ」の正体とその治療法について解説してまいりましょう。

 

膝関節ネズミに現れる症状「なぜネズミ」というのか?

さて、いわゆる膝関節に現れる「ネズミ」とは、けがや病気により関節軟骨やその下の骨(軟骨下骨)の一部が剥がれて、膝や肘などの関節内を動き回って移動するようになった骨軟骨片(関節内遊離体)のことを指すはお話ししました。

これらの「関節内遊離体」は、膝に限らず股関節、肘や足首、顎関節など、病気が起こっているさまざまな関節に生じることがあります。

関節内に骨片などの遊離体があると、症状としては関節を曲げ伸ばしする際などにひっかかりや、ズレなどの異変を感じるようになります。遊離した骨軟骨片が関節に挟まった場合には激痛を自覚することもあります。

特に、膝関節は肘関節とともに関節内遊離体のよく認められる部位であると言われています。

様々な理由による疾患により関節内遊離体を生じた結果、この遊離体によって関節痛、関節炎、関節水腫、関節可動域制限 (篏頓症状)などを引き起こし、変形性関節症の原因となる場合もあります。

関節遊離体が生じる原因となるのは、離断性骨軟骨炎、滑膜骨軟骨腫症、変形性関節症、骨軟骨骨折などが挙げられます。

変形性関節症とは、加齢とともに関節軟骨が弾力性を失い、すり減って変形してしまう病気であり、歩行時や階段の昇降時などに関節痛が生じるため、進行すると腫れや変形などが起こります。

特に変形性膝関節症は女性に多い病気で、高齢になるほど罹患率も高くなることが知られており、膝関節内に骨棘(とげのようなもの)が形成されることが多く見受けられます。

そして、形成された骨棘の一部は関節内遊離体として膝関節内を移動し、痛みなどの症状を引き起こす原因となります。

変形性膝関節症の臨床診断においては、単純レントゲン検査で骨棘形成の確認に加えて、関節裂隙の狭小化(骨と骨の隙間を確認)、軟骨下骨の硬化像などを確認します。更に病状が進行した状態になると嚢腫形成や関節内遊離体(ねずみ)が認められるようになってきます。

また、この関節内遊離体(ねずみ)は、糖尿病や脊髄疾患などでみられるシャルコー関節(神経病性関節症:破壊性関節症)や骨壊死症など、さまざまな原因により生じることが知られています。

 

膝の関節ネズミの治療法とは?

さて、ここからは膝関節に現れる通称「ネズミ」と呼ばれている関節内遊離体の治療法について紹介してまいりましょう。

関節内遊離体は、骨軟骨片が完全に剥離して関節内を移動しているものを指します。骨軟骨片が遊離して関節内を動くようになると、痛みはその時々によって異なる場所に生じることになります。

そして、移動していた関節遊離体が関節の荷重部にはさまってしまうと、激痛が生じたり、関節が急にこれまでのように動かなくなったりすることがあり、これらの現象を「ロッキング」と呼んでいます。

仮に関節内に遊離体が見つかった場合には、一般的には遊離体の整復固定や摘出を目的とした手術が選択されます。ただし、強い症状がない場合には手術治療を行わずに経過をみることもあり得ます。

関節内遊離体が生じている場合でも、骨軟骨片が完全に剥がれておらず安定している場合には、荷重制限や運動制限などの保存療法が選択される場合もあります。

ところが、病状進行して骨軟骨片が関節内遊離体として移動したり、関節にはさまったりした場合には、手術治療を積極的に考慮することになります。

この場合の手術方法としては関節鏡を用いての視下手術を用いることが多くあります。これは関節の周辺に開けた2、3個の約5mm程度の小さな切開創から関節鏡と呼ばれる内視鏡を挿入して行います。

この手法は、関節内の遊離体(ねずみ)が小さく、関節軟骨の欠損も小さい場合に行う方法で患者さんの体への負担が少ない手術になります。

そのほかにも剥がれた骨軟骨片が大きい場合でも母床内に留まっている場合に行える鏡視下での整復固定術などがあります。

この整復固定術とは、生体吸収性(体に適合していく)を有するピンや、患者自身の骨で形成した骨釘などを使用して、剥がれた骨軟骨片を元の位置で固定して癒合させる方法です。

一方で、遊離骨軟骨片が大きく母床から移動している場合には、関節を切開して直視下に遊離骨軟骨片を整復し、固定する手術式が選択されます。

また、骨軟骨片が粉砕され整復できない場合には、膝関節内の他の部位から骨軟骨柱を採取して母床へ移植することもあります。

昨今では、再生医療の技術を用いて鏡視下に正常軟骨をいったん採取して、体外で培養して増量した後に母床へ戻す軟骨細胞移植術や、自身の脂肪に含まれる幹細胞を培養で数千から億の単位まで培養増殖させて、患部に注入することで軟骨を再生させる先端治療法を実践できる施設もあります。

 

関節内遊離体(関節ネズミ)まとめ

関節内遊離体(関節ねずみ)とは関節内に本来ないはずの軟骨や骨のかけらが存在する状態です。肘や膝などの関節内で生じることが多く、高齢者のみならず野球やテニス、バスケットボールなどの競技者にも多く認められる傾向があります。

膝部分に関節内遊離体がある人は、関節の痛みや膝の動かしにくさなどの症状が現れます。

この疾患を疑われる人は、整形外科等にて画像検査(レントゲン検査やMRI検査)や、関節鏡検査を実践してもらうことをお勧めします。

一般的には、症状が軽い人では経過観察が行われて、症状が強い人やスポーツ選手は手術によって関節内遊離体の除去が施行されます。関節が痛んで関節内遊離体が心配な人はぜひ前向きに整形外科を受診してくださいね。

 

No.S014

監修:医師 加藤 秀一

 

関節の痛みは手術しないで
再生医療で治す時代です。

注射が効かなくなった、手術しかないと言われた、こんなお悩みの方はお問い合わせください。

トップ