トピックスtopics
  • HOME
  • トピックス
  • 肝臓の役割と注意したい肝臓の病気をご存知ですか?

肝臓の役割と注意したい肝臓の病気をご存知ですか?

肝臓の役割と注意したい肝臓の病気をご存知ですか?

はじめに

肝臓は、人体の腹部内において右上の肋骨に位置する臓器であり、成人では約1kg以上もの重量がある臓器で体重の50分の1にほどあります。肝臓という臓器は、栄養素などを含めて様々な物質を化学的に変化させる機能を有しており、人間の身体の中で最大の代謝機能を司る重要な臓器です。

この臓器は、日々何千という生体酵素を介して500種類以上の複雑な代謝過程を起こしており、肝臓が元気であることは、その他のすべての器官や臓器にとっても非常に重要なことと言えるのです。

そこで今回は、肝臓の役割と肝臓に関する主な病気に関して詳しく解説していきます。

肝臓の病気

・肝臓の役割について

肝臓は非常に多くの働きをしている臓器ですが、その中でも大きく4つの事項に分けることができます。。一つ目は、胆汁を作るということです。胆汁は、食べ物の中に含まれる脂肪成分などを消化するために必要な液体の分泌物であり、おおむね黄緑色の色調を呈しています。

胆汁は、肝臓における細胞から絶えず分泌されており、肝細胞レベルでは脾臓から運搬されてきたビリルビンという黄色の色素性成分を水に溶けやすいように変化させています。

二つ目の役割としては、栄養素を貯えて、適宜変化させるという働きです。普段私たちが摂取している多くの食べ物はそのままの状態では身体に吸収されませんので、有効な栄養素として効率よく吸収できるように肝臓で代謝しているのです。

肝臓は糖や脂質における代謝という観点においても中心的な役割を果たしている臓器のひとつであると考えられています。例えば、炭水化物から摂取されるブドウ糖成分をグリコーゲンという物質に変化させた状態で体内に貯えることができます。

その上で、必要な時に合わせてエネルギーとして使用できるよう肝臓外の体内へ送り出す機能を有しています。

また、骨髄という場所で赤血球などの血液成分を作成するために必要な物質である葉酸やビタミンB12を貯蔵し必要時に分配する役割も担っています。同様にたんぱく質から摂取されるアミノ酸成分からアルブミンとフィブリノゲンという物質を作って血中に循環させる機能を持っています。

そして、3つ目の重大な役割としては毒を中和する解毒作用を有しているということです。

肝臓は生体にとって極めて重要な機能を司っており、体内に侵入した毒物を分解して毒性のない物質に変換することが出来ます。例えば、飲酒時のアルコールを中和したり、喫煙では、ニコチンを人体にとって無害なものへと中和して解毒する作用を有しています。

また、体内に乳酸が余分に溜まると、ヒトは倦怠感など自覚すると言われていますが、肝臓内においてはその乳酸成分をグリコーゲンに変化させることが出来ます。

最後に、4つ目の役割として肝臓内では免疫細胞が活躍していると考えられています。

肝臓内においてクッパー細胞と呼ばれる重要なセル成分が生体に入ってきた異物を貪食する、あるいはナチュラルキラー(NK)細胞がウイルスに感染した細胞や老廃物を処理するなど免疫機構にとって重要な細胞に対して肝臓は指令する重大な働きを担っているのです。

  • 肝臓の4つの役割
  • 1.胆汁を作る役目(脂肪成分を消化するための液体)
  • 2.代謝、栄養素(エネルギー)を貯える役目
  • 3.有害な同素等の中和、解毒
  • 4.免疫機能

肝臓の働きは多岐にわたります。本稿では働きを上記の4つに分けて示しましたが、代謝と、備蓄を別にとらえたり、免疫を含めなかったり、色々な面から解説されています。そのため、肝臓の働きを4つと限定するものではありません。

・肝臓に関する主な病気

ここでは、肝臓に関連するおもな病気について、いくつか紹介していきます。

急性肝炎

まずは、「急性肝炎」に関してご説明いたします。この病気は、肝炎ウイルスやアルコール、薬剤などの影響によって肝臓内に存在する細胞が破壊されて、強い炎症所見を呈するものです。

例えば、「アルコール性肝炎」は、飲酒の習慣化し、その量が多い場合に起こりやすい疾患です。肝臓に脂肪が蓄積されることで炎症が起こります。また、飲酒の習慣が内にも関わらずアルコール性肝炎似ている症状で肝臓に脂肪が蓄積し炎症が起こす「非アルコール性肝炎」というものもあります。

肝炎ウイルス(A・B・C・E型/Dもあるが日本ではあまり見られない)に感染する「ウイルス性肝炎」の場合、数週間から数カ月経過して身体の倦怠感、食欲不振、白目や皮膚が黄染される黄疸などの症状が出現すると言われています。

これらの疾患では、原因となっている「飲酒をやめる」、原因となる「ウイルスを排除」する、原因となっている「薬剤を中止」するなどの対応ができれば、数カ月単位で症状が改善していく傾向があります。

慢性肝炎

次に、「慢性肝炎」に関して説明します。この病気は、急性肝炎とは異なりおよそ半年以上に渡って肝臓自体の炎症が継続している状態を指しています。

主な発症要因としては、急性肝炎が完全に治りきらない状態が続くために引き起こされますが、本疾患における自覚症状が非常に軽微であるために健康診断の血液検査でたまたま発見されることのほうが多いと言われています。

仮にそのまま放置すると肝硬変や肝臓癌などに移行することもあると問題視されているため、健康診断の数値などに対して十分に注意を払う必要があります。異常な数値がみられる場葵は早期に病院等、医療機関の早期受診をお勧めします。

肝硬変

そして、次に「肝硬変」という病気を紹介したいと思います。

この病気は皆さんもよく耳にする機会が多いかもしれませんが、慢性肝炎などによって肝臓内の細胞が破壊されて修復再生を繰り返すうちに、肝臓組織が繊維化されて固くなってしまう特徴を有していることから名づけられた疾患です。

肝臓における重要な機能や役割が低下して、元の正常な状態に改善できなくなってしまい、肝細胞癌など悪性腫瘍病変に進展してしまうことも十分に考えられます。

初期にはほとんど有意な症状を認めないことが多いですが、進行するにしたがって倦怠感や吐き気、あるいは体重減少など多彩な症状が出現することが知られています。

さらに病状が悪化すると、四肢の浮腫像や腹部膨満感、そして全身が黄色く染まる黄疸と呼ばれる症状などが自覚されることになります。

  • 肝臓病の例
  • ・急性肝炎
  • ・慢性肝炎
  • ・アルコール性肝炎
  • ・非アルコール性肝炎
  • ・ウイルス性肝炎
  • ・肝硬変
  • ・肝臓がん

まとめ・肝臓の役割と注意したい肝臓の病気をご存知ですか?

今回は、肝臓の役割と肝臓に関する主な病気に焦点を当ててご紹介してまいりました。肝臓という臓器は身体にとって非常に重要な役割を数多く有している大切な臓器です。組織を修復する能力や代償する機能にも優れています。

今回、代表的な肝臓の病気をご紹介しましたが、皆様ご存じの通り、肝臓は「沈黙の臓器」と言われています。通常、わたしたちは体のどこかに異常があると、何かしらかの痛みを自覚するなど、様々な自然反応が出現します。

これに対して、肝臓は非常に我慢強く、多少の異常が起こっても症状が乏しい特徴があります。そのため、病変の存在に気付きにくく、知らぬ間に病状が進行していることが往々にしてあります。ある意味、非常に怖い臓器なのです。注意して見守ってやらねばなりません。

したがって、定期的な健康診断などを受診して自分の肝臓が正常に機能しているかどうかを評価することは大変重要なことですし、実際に肝臓病になって出現する症状は個々で異なる場合も考えられますので、不安であれば主治医や肝臓専門医に相談しましょう。

また自身で予防できることとして、暴飲暴食などの習慣化を避けるだけでも一部の肝臓病は避けることができます。もの言わぬ臓器だけに自分自身を労わる気持ちをもって生活を見直し、管理するようにしましょう。

今回の記事の情報が少しでも参考になれば幸いです。

 

No.S068

監修:医師 加藤 秀一

 

▼肝臓に関わる病気|最新、幹細胞治療は、以下をご覧下さい
再生医療は、肝臓病の新たな治療法として注目を浴びています
イメージ画像トップ