トピックスtopics
  • HOME
  • トピックス
  • 胸椎椎間板ヘルニア|背中の痛み、胸の痛み、そしてその特徴? 

胸椎椎間板ヘルニア|背中の痛み、胸の痛み、そしてその特徴? 

胸椎椎間板ヘルニア、背中や胸が痛むことも!その症状を解説 

背中が痛んだり、胸が痛むといった症状でお悩み場合、実は「胸椎椎間板ヘルニア」の可能性があることをご存知でしょうか。

胸椎椎間板ヘルニアは、年齢を重ねることが原因のひとつだと考えられておりいます。他の椎間板ヘルニアと比べて発症する確率は少ない珍しい疾患ではありますが、放置すると足が動かない、尿や便が出なくなるなど、重大な問題が発生する疾患でもあります。

本記事では、胸椎椎間板ヘルニアとは、どのような疾患なのか、また、胸椎椎間板ヘルニアによる代表的な症状について解説します。特に背中の痛みや、胸の痛みが気になる方、最近になって足に力が入らない、しびれがあるなどで歩きにくさを感じている方はぜひ参考にしてください。

胸椎椎間板ヘルニア、痛みの特徴

胸椎椎間板ヘルニアとは

胸椎椎間板ヘルニアは、老化や強い衝撃を受けて脊椎の胸部にある椎間板が飛び出た状態です。人間の背骨は首から腰まで合計24個ありますが、このうち胸の背骨である胸椎は8個あります。

そして椎間板とは、脊椎と脊椎の間のクッションのような組織であり、飛び出ると周囲の神経や脊髄を圧迫してさまざまな症状が出ます。好発年齢は40~50歳であり、男性にやや多いです。

胸椎椎間板ヘルニア以外にも、頚椎椎間板ヘルニアや腰椎椎間板ヘルニアなど、ほかの部位でも椎間板ヘルニアは発症します。

しかし、その中でも胸椎椎間板ヘルニアは起こりにくい疾患です。胸椎は肋骨とつながっており安定しているため、椎間板ヘルニアになりにくいと考えられています。

胸椎椎間板ヘルニアの診断

胸椎椎間板ヘルニアを診断するにはMRI検査が有効です。レントゲン検査では特に異常所見が目立たなくても、MRI検査を行えば椎間板ヘルニアの有無や脊髄が圧迫されている程度などを確認できます。また、治療として手術を行う場合にはCT検査などを行うこともあります。

胸椎椎間板ヘルニアの予防

胸椎椎間板ヘルニアを予防する有効な手段はありませんが、放置すると重大な問題を引き起こすことがあるため早めに医療機関を受診することが重要です。

胸椎椎間板ヘルニアの代表的な症状

以下に、胸椎椎間板ヘルニアの症状について解説します。自身に当てはまる症状があれば医師に相談するようにしましょう。

胸椎椎間板ヘルニアによる背中の痛みや胸の痛み

胸椎椎間板ヘルニアが発症した時の代表的な症状として、背中の痛みや胸の痛みがあります。しかし、実際に認める頻度としては珍しいです。

椎間板ヘルニアになっている付近で背中の痛みを認めることもありますが、ヘルニアが発生する部位によって圧迫される神経やダメージを受ける神経が異なるため、患者さんによって痛みやしびれを感じる部位は異なります。

胸椎の椎間板の側から肋間神経と呼ばれる神経が左右どちらにも肋骨に沿って出ていますが、胸椎椎間板ヘルニアが肋間神経を圧迫すると「肋間神経痛」という痛みが現れます。肋間神経は背中から胸に向けて走っているため、背部痛や胸痛、わきの下あたりのしびれや痛みなどを引き起こします。

肋間神経痛の痛みは、ぴりぴりと焼けつくような感覚であったり、鈍い痛みとして感じることが多いです。また、痛みはずっと同程度である場合もあれば、姿勢の変化や体の動きに合わせて改善する場合や増悪する場合もあります。

また肋間神経痛による胸の痛みは、心臓が原因の胸痛と間違えられることがあります。しかし、胸椎椎間板ヘルニアによる胸の痛みは、体の動きや姿勢の変化により変動することが多いため、心臓が原因の胸痛と区別できます。

胸椎椎間板ヘルニアによるその他の症状

背部痛や胸痛以外の胸椎椎間板ヘルニアの代表的な症状として、ふくらはぎや太ももの脱力感やしびれ、痛みなどがあげられます。これらの症状は胸椎椎間板ヘルニアの初期症状として認められることが多いです。

また放置すると急激に足が動かしづらくなっていくこともあります。歩行障害を認める場合は手術を行います。

歩く時に足がもつれる、階段を昇り降りする時に足が心配になって手すりを持つようになるなどの場合には、胸椎椎間板ヘルニアの可能性があるため注意しましょう。

また、胸椎椎間板ヘルニアを発症すると、力をこめて便や尿を出そうとしても出せない状態(膀胱直腸障害)になることがあります。

胸椎の背中側にある脊髄は、便や尿を出す自律神経をコントロールする神経が走っており、胸椎椎間板ヘルニアによってこの部位が圧迫されると突然便や尿が出ないという問題が起こってしまいます。膀胱直腸障害以外の症状は認めないこともあるため気をつけましょう。

脊髄の損傷は手術しなくても治療できる時代です。

  • sbtn 11sbtn 11 sp
  • sbtn 00sbtn 00 sp

 

まとめ・胸椎椎間板ヘルニア、背中や胸が痛むことも!その症状を解説 

胸椎椎間板ヘルニアは40~50歳の方に多く発症する疾患です。代表的な症状として背中の痛みや胸の痛みがあげられます。特に多い症状は、肋間神経痛による背中の痛みや胸の痛みであり、焼けつくような痛みや鈍痛を認めます。

また、初期症状としては下肢のしびれや痛みなどを認めます。薬物治療やリハビリなどでは歩きにくさを改善することはできないため、歩きにくさを認めた場合には手術療法が検討されます。手術には神経麻痺や手術後の痛み、しびれなどの術後後遺症の危険性もありますが、放置すると病状が進行して歩けなくなることがあるため医師とよく相談しましょう。

また、少しでも胸椎椎間板ヘルニアを疑う症状に気づいた場合には、速やかに専門の医療機関を受診するようにしましょう。

 

No.164

監修:医師 加藤 秀一

カテゴリ

人気記事ランキング

イメージ画像トップ