トピックスtopics

変形性股関節症の手術後に気を付けること

変形性股関節症の手術で、医師に人工股関節を入れることをすすめられたけれど、手術後の生活について詳しく知ってから手術を受けるかどうかを検討したいという人もいると思います。

変形性股関節症の手術で人工股関節を入れた場合は、股関節に気を配る、動作や姿勢に気をつけるなどの必要があるため、手術前の生活と手術後の生活では日常が少し異なります。

今回は、変形性股関節症の手術後の生活で、気を付けることをポイントごとに解説します。

変形性股関節症の手術後の生活で注意することとは?

ハイキング

変形性股関節症の手術後の生活では、とにかく股関節に負担がかからないように注意しなければなりません。

過度の運動は避ける

運動によって股関節の筋肉を鍛えることができるので、基本的に運動をすることはおススメです。

しかし、変形性股関節症の手術後の生活においては、あまりハードな運動を過度におこなうことは控えたほうが良いでしょう。

実際、変形性股関節症の手術後の生活で、ハイキングやウォーキング、テニスなど、いろいろなスポーツをしているという人もいます。ですが、このような運動をすることで、股関節の脱臼が起こることもあります。

とはいっても、運動を全くしてはいけないということではありません。

変形性股関節症の手術後の生活の中では、水泳やウォーキングなど可能なスポーツもあります。しかし、例えば水泳であれば、平泳ぎは股関節に負担がかかるので控える、ウォーキングは15分程度で軽めにするなどの配慮が必要です。

過度な運動は合併症を起こしてしまう可能性があり、後々股関節のゆるみが生じてしまうおそれがあるので注意しましょう。

転倒しないようにする

変形性股関節症で人工股関節を入れた場合、手術後の生活は、この人工股関節と付き合っていくことになります。器具の破損を避けるためにも転倒しないように気をつけましょう。

また、転倒は、器具の破損だけでなく骨折の原因にもなり、歩行が難しくなる可能性もあります。

変形性股関節症の手術後の生活では、階段を避けてエスカレーターやエレベーターを利用する、足場の悪いところは極力歩かないということを心がけるようにしてください。

股関節に負担のある姿勢を避ける

変形性股関節症の手術後の生活では、股関節を曲げて膝を内側にねじるような姿勢は負担が大きいので避けるようにしましょう。

また、あぐらやしゃがむ動作なども股関節に負担がかかります。そして、股関節の屈曲などの複合動作が続くと、股関節に大きな負担がかかってしまい脱臼や骨折の原因になります。

変形性股関節症の手術後の生活で工夫するべきことはある?

夫婦 歩く姿

変形性股関節症の手術後の生活では、股関節に負担がないように気をつけなければなりません。

具体的に、変形性股関節症の手術後の生活で工夫するべきことを紹介します。

生活スタイルを変える

変形性股関節症の手術後の生活では、股関節に負担のかかる生活を避けなければいけません。特にしゃがむ姿勢は、変形性股関節症において禁忌です。

和式トイレなどでしゃがむ姿勢や座布団に座る、重いものを持ち上げるなどは、しないようにしましょう。

変形性股関節症の手術後の生活では、徐々にでも良いので椅子や洋式トイレを利用するなど、和式から洋式へと生活スタイルを切り替えることをおすすめします。

布団を敷いて寝ているという人は、ベッドにしたほうが股関節に負担をかけずに済みます。

運動時間を短くする

運動は、股関節の筋肉をつける上で有効な保存治療の一つですので、変形性股関節症の手術後の生活でも、基本的にはおこなっても問題はありませんが、過度な運動は禁忌です。

徐々に股関節を慣らすようにして、運動は1日15分程度、ウォーキングなど軽いものからスタートしましょう。

また、体重が重いというだけでも股関節には負担が大きくなるので、運動をして体重管理をすることも大切です。

重いものを持たない

変形性股関節症の場合、手術後の生活では日常的に重たいものを持たないようにしましょう。

重量のあるものを持って移動するのは、股関節に大きな負担がかかります。もちろんしゃがんだ姿勢から持ち上げることは禁忌です。

軽い荷物であれば大丈夫ですが、もし足腰を使うぐらい重い荷物を運ばなければいけないときは、家族や友人に手伝ってもらいましょう。

特に家族には、変形性股関節症のことを伝えて、手術後の生活についても話し合い、理解をしてもらうことが大切です。

変形性股関節症の手術後の生活で起こりやすいトラブルとは

股関節の痛み

変形性股関節症の手術後は、股関節に負担がかからないように生活することが大切ですが、気をつけていても起こりやすいトラブルがあります。

変形性股関節症の手術後の生活で想定されるトラブルを順に解説します。

ちょっとしたことが危険につながる

変形性股関節症は股関節への配慮が最も重要で、負担のかかる姿勢や動作を繰り返さないようにするだけでなく、物につまずいて転倒しないように気をつけることも大切です。

変形性股関節症でない状態であればかすり傷程度で済むような、ちょっとした転倒であっても、変形性股関節症の人にとっては非常に危険な事故につながるおそれがあります。

ちょっとした油断が大きな危険につながることがあるため、十分に気をつけるようにしましょう。

筋肉量が低下する

変形性股関節症の手術後の生活は、とにかく安静にしておくのが一番だろうと、まったく体を動かさない人もいるようです。

しかし、全く体を動かさないというのも筋肉量の低下につながるので問題です。

手術後の生活は、最初のうちは痛みが伴うことが多いため安静にしておいたほうが良いですが、しばらく経過して痛みが落ち着いたときには外に出て、運動をするようにしましょう。

短い時間で散歩やジョギングなどの運動をして、筋肉をつけておかないと歩行ができなくなる、寝たきりになるなどの悪循環を招きます。

少しずつで良いので、関節の筋肉を鍛える運動を日常的に取り入れていきましょう。

変形性股関節症で生活スタイルを変えるのは難しい…再生医療という選択肢もあります!

注射

変形性股関節症の手術は、痛みを抑えることができるようになるため、有効な治療手段の一つです。

しかし、変形性股関節症の手術後の生活が不安な人や、すぐに生活スタイルを変えるのが難しいという人もいるでしょう。

そのような場合、近年注目されている再生医療を検討してみるという手段もあります。

変形性股関節症における再生医療は、自身の細胞を股関節に注入することによって薬物治療や大掛かりな手術に頼らなくても痛みを抑える効果が期待できる治療法です。

アレルギーや副作用が少ないことから安心して施術を受けることができますし、人工股関節を入れるような大掛かりな手術ではないため、治療期間も短く済み、基本的に入院の必要もありません。

外科的手術が難しい年齢である高齢者でも、治療効果が期待できます。

まとめ

今回は、変形性股関節症の手術後の生活で気を付けるべきことや工夫すること、予想されるトラブルなどを解説しました。

基本的に変形性股関節症の手術後の生活は、人工股関節に配慮をすれば大きな支障をきたすようなことはないでしょう。

しかし、人工股関節とうまく付き合っていく必要があるため、どうしても注意や工夫をしなければならない場面も出てきます。

再生医療であれば体への負担が少なく、手術後の生活にも大きな支障はありません。ぜひ、検討してみてはいかがでしょうか。

 

No.0004
監修:院長 坂本貞範

関節の痛みは手術しないで
再生医療で治す時代です。

注射が効かなくなった、手術しかないと言われた、こんなお悩みの方はお問い合わせください。

トップ