トピックスtopics
  • HOME
  • トピックス
  • 高齢者が股関節を人工股関節に置き換える手術を受けるリスクについて

高齢者が股関節を人工股関節に置き換える手術を受けるリスクについて

股関節の症状は、進行するほど従来の治療法(保存療法)が奏功しなくなるのですが、高齢者が「人工股関節を入れる」などの手術を受ける際にはリスクを伴います。

今回は、高齢者が股関節の手術を受ける際のリスクについて解説します。また、近年注目されている高齢者も安心して治療が受けられる再生医療を紹介します。

股関節を人工股関節にする手術は高齢者にどのようなリスクを与えるの?

リハビリ

股関節の手術は「人工股関節置換術」や「骨切り術」などがありますが、いずれにしても高齢者の場合は「手術によるリスク」を考慮しなければなりません。

高齢者の手術におけるリスク

高齢者の手術におけるリスクについては、「股関節を人工股関節に置き換える手術を受けるとき」に限定されるというわけではありません。

どのような手術をおこなう場合であっても、高齢者の場合はリスクは高くなります。

その理由としては、以下のようなことが挙げられます。

・多くの合併症を有している可能性が高い(自覚していない潜在性の合併症も含めて)
・加齢により抵抗力が低下している
・手術によってバランスが崩れてしまうと、年齢的にも修復が難しい可能性がある
・上記含め、手術に関わる条件の個人差が大きい

 

特に問題なのは「基礎疾患・合併症」の問題です。一般的に病気というものは高齢になるほど発症リスクが高くなり、高齢者はさまざまな合併症を有しているケースが多く見受けられます。

例えば「糖尿病」などの免疫力に関係する疾患を有している場合、手術によって感染症を発症するリスクを考慮しなければなりません。また、股関節の手術においてその準備段階で検査をおこないますが、その検査ではじめて疾患が見つかるというケースも珍しくありません。

医療技術が進歩したことでさまざまな疾患に対して手術を実施できるケースも増えてきましたが、それでも合併症の存在は無視できないのです。

そのため、一般的に手術前にさまざまな検査をおこない、手術をしても問題がないと判断されない限り手術が選択されることはありません。安全性を優先する一方で、手術したくても受けられないケースもあることは念頭に置く必要があります。

手術後のリスクについても考慮

仮に検査で問題がなく、無事に手術を終えたとしても問題は残っています。

最たるものが「脱臼のリスク」です。一般的に、人工股関節の手術後は脱臼が起こりやすくなっています。

手術後の日数経過に伴って徐々に脱臼は起こりにくくなるとされているのですが、高齢者の場合は若年層の手術と比較して脱臼リスクを長く考え続けることが必要なのです。

高齢者は老化に伴って股関節を支える筋肉の緊張がなくなり、次第に腰が曲がって姿勢が変わることで股関節の動きが従来と変化します。そして、脱臼リスクの高い姿勢になりやすくなります。

手術後のリハビリも若年層に比べて慎重におこなう必要があります。なぜなら、脱臼によって再治療が必要になると、上記までの問題を再び考慮しなければならなくなるからです。

高齢者の場合人工股関節の手術をしないという選択肢はあるの?

入院 手術

股関節を人工股関節に置き換える手術にはリスクがあり、特に高齢者の場合は、リスクが高くなります。そのため、手術によって体調を大きく崩す可能性があり、最悪の場合は命に関わる可能性も捨てきれません。

では、高齢者の股関節治療には「リスクが高い人工股関節を入れる手術以外の選択肢」はないのでしょうか?

従来は「保存療法」と「手術」が主な治療の選択肢

股関節など関節の疾患の多くは「保存療法か手術」の二択で治療法を選択するケースがほとんどです。つまり、手術を受けないとなると、保存療法を継続しなければならないということになります。

保存療法とは、痛みなどの症状を薬物などで抑え、運動療法によって機能の維持と症状の進行防止をおこなう治療法です。通院や運動療法を実施するという手間はありますが、手術ほど体へのリスクを考慮しなければならないということはありません。

特に変形性股関節症などの初期症状において保存療法は有効で、この治療法を選択することが多いです。

問題なのは、保存療法が病気の根本的な治療法にはならないということです。

保存療法はあくまでも「痛みなどの症状の緩和」と「症状の進行を防止する」という目的でおこなわれるため、いかに有効な手段で保存療法を実施できていたとしても、病気は徐々に進行してしまうのです。

また、股関節の手術が必要になる病気の中には「加齢」が進行リスクになるものも多く、高齢者の場合はすでに症状がかなり進行しているケースも多く見受けられます。

もう1つの問題は、保存療法は病気が進行するほどに効果を発揮しなくなる可能性が高いということです。そのため、従来は「保存療法が効かなくなったら手術を視野に入れる」という治療方針がとられていました。

まとめ

変形性股関節症など股関節の病気は、初期であれば保存療法が有効ですが、症状が進行すると、人工股関節を入れる手術などを検討しなくてはならないケースがあります。しかし、人工股関節置換術などの手術は、高齢者には合併症などの問題からどうしてもリスクを考慮しなければなりません。

ところが、昨今は医療技術の進歩により従来は手術が難しかったケースでも手術を選択できるようになっていますので、担当の医師と相談して納得のいく治療方針を模索しましょう。

 

No.0006

監修:院長 坂本貞範

関節の痛みは手術しないで
再生医療で治す時代です。

注射が効かなくなった、手術しかないと言われた、こんなお悩みの方はお問い合わせください。

トップ