トピックスtopics
  • HOME
  • トピックス
  • 変形性膝関節症のサポーター【選び方&つけ方を解説】

変形性膝関節症のサポーター【選び方&つけ方を解説】

変形性膝関節症の症状のために、歩行時にぐらついたり、痛みが生じたりしている人のなかには、サポーターを使ってみようと考えている人もたくさんいると思います。そして、「サポーターなら何でもいいだろう」「つけ方なんて適当で大丈夫だろう」と思っている人もいるかもしれません。

しかし、変形性膝関節症の人がサポーターを使用するのは有効ですが、サポーターの選び方やつけ方は重要です。今回は、変形性膝関節症のサポーターの選び方やつけ方を解説します。

こちらも御参照ください。

変形性膝関節症でサポーターをつけたい!選び方やつけ方で注意することはある?

膝のサポーター

変形性膝関節症の対策としてサポーターを使うのは基本的には有効です。しかし、適当にサポーターを選んでつけると、サポーターの効果がじゅうぶんに発揮されない可能性があります。

また、変形性膝関節症の進行具合や炎症の箇所などによっては、サポーターをつけると逆効果になることもあるので、サポーターを使用していいかどうか、まずは主治医に相談しましょう。

そして、主治医に相談してサポーターを使用することになった場合は、サポーターの選び方やつけ方で注意すべきことがあります。

清潔な状態で使用する

変形性膝関節症でサポーターを使用するときは、膝もサポーターも清潔な状態で使用するようにしましょう。もしも清潔な状態が保たれていない状態のまま使用すると、皮膚がアレルギー反応を起こしたり、接触性皮膚炎を引き起こしたりする可能性があります。

また、膝の汗をしっかりと拭きとってから使用しないと、サポーターがズレてしまうことがあります。汗をかいているときは、汗をしっかり拭きとってからサポーターをつけるようにしましょう。

長時間の使用は避ける

サポーターを正しく装着していても、長時間つけていると患部が圧迫されて血流が悪くなってしまいます。また、ずっと使用し続けていると膝を支える筋力が低下してしまうので、長時間の使用は控えるべきです。

サポーターは動く直前につけたり、定期的に外したりして、できるだけつけている時間を短くする工夫をしましょう。また、短い時間であっても安静時には外す習慣をつけましょう。

定期的に交換する

サポーターを長期間使用していると素材が伸びたり劣化したりして正しいつけ方でつけてもフィットしなくなってくることがあります。

サポーターは正しくフィットしていることで効果を発揮するので、長期間使用したために、伸びたり劣化したりしてうまくフィットしなくなってきたなと思ったら、新しいものに交換するようにしましょう。

変形性膝関節症のサポーターの選び方とつけ方の基本

変形性膝関節症の人がサポーターを使用し、効果をじゅうぶんに得るためには、つけ方だけでなく、どのようなサポーターを使用するのか、選び方も重要です。

現在は、いろいろな種類のサポーターが販売されていますが、どれも大差ないだろうと適当に選んで使用するべきではありません。適当な選び方をしたサポーターだと、正しいつけ方をしても変形性膝関節症への効果が得られないばかりか、悪影響になってしまうこともあります。

自分の膝のサイズが合ったものを選ぶ

変形性膝関節症でサポーターを使うときは、まず、自分の膝のサイズに合ったものを選ぶことが大切です。せっかくサポーターをつけてもサイズが合っていないと、サポーターで膝をしっかり固定することができなくなり、サポーターをつける意味がなくなってしまいます。

また、サポーターを選ぶときは自分のサイズを知っておく必要があるので、事前に測っておきましょう。サイズの測り方はメジャーを準備して膝の皿の部分から上下10㎝の部分を測ります。

用途に合ったものを選ぶ

サポーターにはスポーツをする人におすすめのタイプや立ち仕事をする人におすすめのタイプ、高齢者におすすめのタイプ、リハビリをおこなう人におすすめのタイプなどいろいろあり、自分の用途に合ったものを選ぶことが大切です。

変形性膝関節症の対策として選ぶ場合は、症状の度合いや体重、筋力、足の状態(O脚など)によってもどれが合うかは異なってくるので、選び方は判断がすごく難しいです。主治医に相談して自分の用途に合ったものを見つけましょう。

使用感の良いものを選ぶ

変形性膝関節症のサポーターを選ぶ際は、使用感についても重視すべきです。サイズが自分にピッタリであっても、実際に使用してみたときに不快に感じると、長く使用することが難しくなってしまいます。

サポーターを販売しているところでは、サンプルを置いているお店もあるので、実際に試して使用感をチェックするのがおすすめです。

変形性膝関節症のサポーターのつけ方

膝のサポーター

変形性膝関節症の人がサポーターを使用する場合、サポーターの選び方だけではなく、正しいつけ方で使用することも大切です。

変形性膝関節症のサポーターのつけ方のポイントを紹介します。

サポーターのつけ方の手順とコツ

ベルトを締めるタイプのサポーターの場合、サポーターは上の方から締めていきます。上のベルトを締めるときは、強く締める必要はなくフィットしていると感じることができるくらいでじゅうぶんです。

上を締めてズレがないかチェックしたら、今度は下のベルトを締めます。下の方を締めるときは、膝の皿の部分をきちんと補助することができるように下から上に引き上げながら締めるのがポイントです。

下の方は上の方よりも強めに圧がかかるように締めますが、強く締めすぎないように注意しましょう。

立った状態で装着する

サポーターをつけるときは、立った状態で装着するのがおすすめです。立ち姿勢で膝を伸ばした状態でサポーターをつけると、しっかりとサポーターが巻き付いて膝を曲げたときに緩みにくくなります。

サポーターなしで立つのが難しいという人は座った状態でつけても問題ないので、無理して立った状態でつける必要はありません。座った状態でサポーターをつける場合は、膝を少しだけ曲げた状態でつけるとしっかりとつけることができます。

膝を動かして確認する

サポーターをつけ終えたら一度膝を軽く動かしてみて、締め付けが強すぎないかチェックしたり、ズレがなくきちんとフィットしているかチェックしたりすることが大切です。少しでも強すぎたり、フィットしてなかったりしている場合は、面倒でもそのまま使用せずにきちんとつけ直しましょう。

まとめ

変形性膝関節症のサポーターの選び方やつけ方について紹介しました。

変形性膝関節症の対策としてサポーターを使用する場合は、主治医に相談した上で自分に合ったサポーターを選び、正しいつけ方を守って使用するようにしましょう。

 

No.0012

監修:院長 坂本貞範

 

関節の痛みは手術しないで
再生医療で治す時代です。

注射が効かなくなった、手術しかないと言われた、こんなお悩みの方はお問い合わせください。

トップ