トピックスtopics
  • HOME
  • トピックス
  • 中年期(40代以降)に注意したい!膝痛の原因と治し方

中年期(40代以降)に注意したい!膝痛の原因と治し方

はじめに

年齢的に40代を過ぎたころ、中年期以降によくご相談いただく痛みにつきまして、よくあるのが変形性関節症といわれるもので関節軟骨領域における進行性の変性病変を主体としています。

この変形性膝関節症、実のところは明らかな原因がなく、加齢に加え、慢性的に機械的な刺激が加わって発症する骨の変形、変化として捉えられています。

本症に対する治療として第一選択は保存的治療です。

もし発症すれば、種々の保存的治療を試みるべきではありますが、治療目標の達成度が十分でない場合には生活の質をできる限り高めるために、観血的治療や再生治療も含めて個々に治療方針を吟味すべきであると考えられます。

今回は、中年期以降に注意したい膝痛の原因とその治し方について説明していきましょう。

 

中年期以降の変形性膝関節症

 

【第1章】40代以降に起こりやすい変形性膝関節症の原因や症状とは?

さて、若いときにはほとんど膝の痛みなど感じなかったのに、40歳を過ぎたあたりから明確に膝の痛みを自覚し始めるという方が近年では増えてきています。

ある調査によれば、膝に痛みを感じ始めた年齢でもっとも多いのは50代(全体の約29%)であり、次いで40代(全体の25%を占める)であったとのことです。

40代から50代といえば、働き盛りで人生にとっても重要な時期に位置づけられているかと思いますが、ではなぜ40代を境として膝が痛みはじめるのでしょうか。

40代からはじめる膝の痛みの多くは、変形性膝関節症が原因として多く認められます。

変形性膝関節症とは、膝の関節内でクッションの役割をしている関節軟骨がすり減ってしまい骨と骨が摩擦を起こすような状態になり、膝の関節が変形する病気です。

その典型的な症状としては、最初は強ばるなどの違和感から始まって、徐々に階段を上り降りする際や立ち上がったときに膝が痛む、そして炎症によって腫れてひざ痛を自覚するという具合に、次第に強い症状が出現します。

変形性膝関節症には2つのタイプがある

一つ目は、膝関節の外側がすり減ってしまう外側型、そして二つ目として内側の関節がすり減ってしまう内側型であり、両者でその特徴は大きく異なります。

例えば、外側型の場合には、怪我や病気などによる二次性の要因から発症に至ることが往々にしてあります。

また、内側型のケースでは、加齢や肥満、O脚などの一次性の要因が多く認められます。

そもそも膝関節にかかる体重の負荷度合いとしては、内側が7割、外側が3割程度と言われていますので、加齢や肥満、O脚などの要因によって負担の大きな内側型の変形性膝関節症を発症する方が多いと考えられます。

膝関節は、平坦な道を歩くだけでも体重のおよそ3倍の負荷がかかり、立ったりしゃがんだりすればさらに体重の概ね8倍も負担がかかると言われています。

日常生活においてだけでも繰り返し膝を酷使していると思われますので、加齢や過剰体重によって繰り返し負荷がかかった膝軟骨が擦り減ってしまうのは当然の自然現象とも捉えることが出来ますね。

 

【第2章】中年期以降に注意したい膝痛の治し方

さてここからは、40代以降の中年期に注意すべきひざ痛、特に変形性膝関節症の治療方法について紹介していきます。

まずは、ご自身でできる有効な対処法としては、膝の負担を減らすために極度に体重を増やさない、О脚の場合には意識して治す、また正しい姿勢で歩くことや正しい靴を選ぶ手段など様々考えられます。

特に、どんな方のケースでも有用なひざ痛の治し方としては、「膝の曲げ伸ばし」をすることが重要な視点となります。

この膝の曲げ伸ばしについては、膝周りの筋力を強化する目的ではありません。

得てして変形性膝関節症の方は、ハードな筋力トレーニングやランニングなどで膝部分に過度な無理を強いてしまうと、膝軟骨は余計に擦り減ってしまい症状が悪化します。

したがって、ストレッチをする程度のゆっくりとした曲げ伸ばし運動がもっとも理想的な良いエクササイズと考えられていますので、ぜひとも毎日でも膝の曲げ伸ばし運動を継続してみましょう。

 

再生医療という新たな選択肢

また最近では、ヒトの皮下組織に存在する脂肪組織由来幹細胞を用いた再生医療によってひざ痛が改善する可能性が期待されており、本邦でも変形性膝関節症に対してこの幹細胞による再生医療が本格的に開始されています。

この脂肪組織由来幹細胞は、骨芽細胞、脂肪細胞、筋細胞、軟骨細胞などの間葉系に属する細胞への分化能を有しています。

そして、免疫抑制作用も併せ持っていることから再生医療や治療抵抗性免疫疾患に対する臨床応用が期待されているのです。

変形性膝関節症は退行性疾患であり、疼痛の原因に対する対症療法的な理学療法のみを行って、根本的なメカニカルストレスの増大を改善しなければ徐々に症状が悪化すると考えられています。

そのため、これまでの対症療法的な理学療法に加えて、原因を追究して実践する理学療法を並行して行う必要があると言われています。

脂肪組織由来幹細胞を用いた再生医療により膝軟骨が再生され、膝周囲の疼痛が軽減した中でメカニカルストレスに対して適切な理学療法を介入することでより一層変形性膝関節症における症状の改善効果が得られるのではないかと考えられています。

再生医療による治療は従来、手術しか選択肢がなかったものを、切らずに改善を期待することができる新しい方法として注目を集めています。興味があれば以下のクリックしてご参考になさってください。動画や詳しいご説明がございます。

ご参照ください。

 

【まとめ】

40代以降に多く経験される変形性膝関節症においては、擦り減った関節軟骨はもとには戻りませんが、現状以上に擦り減らないように対処することは可能です。

また、膝関節は普段から動かさなくなれば徐々に硬くなり機能低下を起こします。

特に働き盛りの中高年で、長時間座ってデスクワークを行う場合には、膝の痛みの強度や変形度合いに関係なく、出来る限り時間をみつけて膝の屈伸運動を心がけることが重要な観点になると考えられます。

中年期以降に少しでも膝の部分に違和感や、痛みを感じた際には、症状がひどくなる前、早めに整形外科を受診されることをお勧めします。そのうちなどと放置が一番危険です。遅くなるほど選択肢が狭まってしまうからです。

尚、手術などの選択で迷われた場合には、切らずに修復し、改善できる可能性がある「再生医療による治療」を検討するという方法もあります。

再生医療は、幹細胞を用いた最新の医療分野だけに、1)再生医療専門であること、2)多くの症例を有し、豊富な経験と実績があること、3)親身になって相談に乗ってくれること。少なくともこの3つの条件をクリアしているかを確認するようしてください。

以上、今回の記事の情報が少しでも参考になれば幸いです。

 

S004

監修:医師 加藤 秀一

関節の痛みは手術しないで
再生医療で治す時代です。

注射が効かなくなった、手術しかないと言われた、こんなお悩みの方はお問い合わせください。

トップ